毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

書評

【書評】何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

更新日:

読書家のガハラ@Liqueptgasです。

読書家は盛り過ぎですが、最近読書にはまっているのは本当です。

やっぱりさ、成功する人ってたくさん本を読んでいると思ったんだ。

今回紹介する本は、「ブログで何を書けばいいのかわからない!」
「書くネタがない!」って人のための本です。

確かに、この本を読んでからブログのネタに困ることはなくなりました。

ちょっとだけ本の中身について触れ、私の見解(そんなたいそうなもんじゃないが)を
書こうと思いました!始まり始まり~~~

ブロガーが一度は当たる壁、ネタがない

本の内容に触れる前に少し余談を。

はい、私も経験があります。いわゆるネタ切れってやつです。

しかも、これが負のスパイラルを生み出すんですよね。

書くネタがない

➡でも何か書かなきゃ!

➡何も思い浮かばない。でも更新しなきゃ

と、このへんがループしてブログを継続すること自体が苦痛になってしまうんですよね~

だいたい、ブログを挫折するのはこれか、成果が出ず諦めるか。

そんな私は、ネタに困ることはあまりないですし、成果もほんの少しずつですが
出てきました。(これは後日発表)

もう最近なんか、頭で文章が思いついているのに手が追い付かねぇぇぇえええ~~~
フォォオォオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!って感じですよ、ええ。

継続は力なり。ブロガーのための言葉です本当に。

ネタを見つけるアンテナをはろう

この本の中で何度も言われているのがこれです。実際私もかなり意識してます。

本の内容を少しお借りしますが、芸人さんはなぜ面白いのでしょうか?
いや、面白くない人もいるけどさ、そこはほら、やめてあげてよ。

著者が言うには、常日頃面白いことはないか?というアンテナをはっているから、だそうです。

一般人がスルーしてしまうようなことも、「これは面白い!」とか
「このエピソードは使える!」と瞬時にインプット出来るんですね。

ブロガーの場合、アンテナをはるって具体的に何をしたらいいんだ?

例えば、ゲームのことを多く書いているブログとして。

最新のゲーム情報は2chのまとめなんかにも載りますよね。

今後だと、モンハンワールドが楽しみであります。
オープンワールドってすげぇや。

さらに、アップデート内容や海外ゲームは4Gamer.netというゲームの総合サイトがあり、
海外のゲームやマニアックなところまで取り上げているので十分参考になりそうです。

という具合に、巡回するサイトをある程度決めてしまえばホットなネタも見つかりますので、
まじで書くことない!ということにはならないでしょう。

トレンドに敏感になれよ!ってことなのです。

本の構成とか

冒頭~半分までは、前述のネタの見つけ方、広げ方が中心です。

後半にかけて、どういう風に書けばいいのかとか、文章構成、文章の細かいテクニックが
書かれています。

非常に分かりやすい文章で、さらさら読めますので早い人は小一時間程度で読める内容です。

その分、情報量もギュッと圧縮した感じがしますが、読者側としては最後まで読むのに苦を感じません。無駄にたらたら長い本とかしんどいよね…

まとめ

  • 本のターゲット:書くネタに困っている人。ネタの見つけ方が分からない人。初心者向けの内容。
  • 内容:ネタの見つけ方、広げ方。文書テクニックetc…
  • タメになった指数:★★★☆☆

「ブログのネタ探しが毎日大変だ!」って人にはオススメ出来る一冊です。

終わり!

 

 




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-書評
-,

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.