毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

旅行・観光地 節約

【知らなきゃ損】国内旅行を安くする5つの意外な方法とは?

更新日:

年に2、3回は必ず旅行に行くガハラです!

最近では、人生で2回目のディズニーに行きました。

 

話がそれましたが、今回は国内旅行を安くする方法を5つ紹介していきます。

 

国内旅行としているのは、僕が海外旅行にほとんど行ったことがないからです。(笑

その分、国内は人並み以上に行っているはずです。

 

僕はケチなので、毎回「どの交通機関・ホテルが最安か?」など徹底して調べています。

すると、色々と気付きがあるわけですね。

 

ガハラ
これを知らない人は旅行で損しているだろうな〜

 

みたいな。そういったノウハウのようなものを話していこうと思います。




国内旅行を安くする5つの具体的な方法

1. ツアーで申し込まない

2泊3日沖縄旅行3万円〜

みたいな旅行ツアー。誰しも一度は目にしたことがあるはずです。

 

そして、価格だけ見ると「あの沖縄が3万円から!?めちゃくちゃ安いじゃん!」となります。

しかし、安いのには基本的に理由があります。

結論から言うと、国内良好をツアーで申し込むと損をする場合が多いので、避けるのが無難です。

 

ツアーは最低料金が書かれているだけである

ガハラ
3万円で旅行に行けるなんて最高や!

そう思っていた時期が僕にもありました。

 

ツアーの表示価格は、基本的に最低料金が書かれているだけで、飛行機の時間や選ぶ宿によっては平気で3万~5万円ほど割増しになってしまいます。

 

追加料金が極力かからないようにすると飛行機の時間がむちゃくちゃになったり。

 

僕が実際に見たのは、2泊3日と書かれていながら、飛行機の時間が1日目は午後、最終日は早朝というとんでもないツアーがありました。

 

この場合、2泊3日なのに実際に遊べるのは1日だけになりますよね。

 

よっぽどの閑散期や運が良くないと、ツアーの最低料金で国内旅行に行けることはまずないと覚えておきましょう。

 

ツアーで申し込むよりも別々で申し込んだ方が安い

滞在日数が長い旅行になると、ツアーの価格もそこそこしてきます。

 

ガハラ
5泊6日のホテル+飛行機で10万か。まぁそんなもんかな

 

なんて具合に、日数が長くなると予算の見積もりが雑になりがち。

 

こういった場合、ホテルと交通機関は別々に申し込んだ方が安くなるケースがほとんどです。

これだけで1万円以上も安くなることも稀ではありません。

 

ツアーは、ホテルや交通面の手配が楽な分割増し価格と覚えておきましょう。

 

2. 交通機関が飛行機なら早めに抑える

ほとんどの航空会社で早割、または先得と言われる割引を行っています。

これは「搭乗の〇日前に予約をしたら、安くしますよ!」という割引です。

 

飛行機に関していうと、20日前より40日前、40日前より70日前と予約が早ければ早いほど安くなります。

 

もし、旅行先へは飛行機で行こうと考えている場合、旅行が決まった時点で予約しましょう。

 

注意点:航空会社によって割引の制度が少し異なる

注意したいのは、航空会社によって「〇日前ならこれだけ割引します」というのが微妙に違うことです。

 

例えばJALの場合、何日前に予約をしたかで4つの割引区分があります。

  • 75日前(ウルトラ先得)
  • 55日前(スーパー先得)
  • 45日前(先得割引B)
  • 28日前(先得割引A)

 

これがANAの場合であれば、上に加えて21日前の割引もあります。

 

また、格安航空会社(LCC)は最初から価格が安いため、このような早割がない会社もあります。

(75日前の割引など1カ月以上前の割引はない会社が多い)

 

飛行機は席数が少なくなるにつれ価格が上がるので、LCCであれ早めの予約に越したことはありません。

 

早割でどれぐらい安くなるのか

※2018年1月 関西空港-那覇空港の料金

75日前
¥8,400~¥23,600
55日前
¥8,900~¥25,200
45日前
¥9,200~¥26,700
28日前
¥9,600~¥29,000

見ての通り、75日前と28日前ではかなりの差がありますよね。最高で6000円ぐらいでしょうか。

 

繫忙期の旅行を考えている場合、当然ながら価格が高いため、先得の75日でしっかり割引を適用させましょう。

 

注意点:早割で予約すると予約の変更ができない

かなりの割引が期待できる早割ですが、いくつか注意点があります。

  • 予約の変更が出来ない
  • キャンセルの手数料が高い

 

早割を利用する場合や、LCCの飛行機を利用する場合は、必ず予約の変更とキャンセルについて調べておきましょう。

 

会社によって異なりますが、基本的には予約変更不可キャンセル料は50%以上というパターンが多いです。

 

ガハラ
ギリギリになって日付間違いが発覚!なんてことがないようにしましょう

 

スポンサーリンク




3. 旅行日程に繫忙期を避ける

毎日新聞より

 

当たり前ですが、GWや年末年始、連休になると宿泊費・飛行機や新幹線は高くなります。

 

みんなが旅行に行く日を避けて安く行こう!という方法なのですが、「平日に旅行なんて仕事だし普通に無理」

そんな方がほとんどでしょう。

 

しかし、繁忙期であっても少しの工夫があれば、旅行費を安く出来ますよ。

 

連休の最終日より1日前に帰る日程にしよう

せっかくの連休だし最後まで全力で楽しみたい!というのも分かります。

 

しかし、出来るだけ旅行費を安くしたいのであれば、3連休であれば2日目に帰るという具合に、1日早く帰る旅行日程にしましょう。

 

交通費だけでなく、1泊分のホテル代も浮きます。

個人的には、国内旅行は短い期間で色んなところに行きたいので、こういった日程の工夫も大切です。

 

4. 有名観光地、商業施設周辺での宿泊は避ける

理由は簡単で、ホテル代が高いからです。

 

例えば、USJやディズニーランドの周辺にはたくさんホテルがありますよね。

閉園のギリギリまで遊び倒して、そのまますぐホテルに帰れるメリットはもちろんあります。

 

しかし、僕からするとそれを差し引いても高すぎる、、、

どれぐらいホテル代が違うのか調べたので、次で紹介します。

 

ディズニーランド周辺のホテル代の比較


楽天トラベルより

 

まずはこちら「東京ディズニーランドホテル」

最安でも1万円超えで、繁忙期であればこの2、3倍の価格となります。

 

「思い出にいいところに泊まりたい!」

そんな気持ちも分かるのですが、寝るだけのホテルに3万円とかはどうなの、というのが僕の見解です。


楽天トラベルより

 

比較対象となるホテルは「日和ホテル舞浜」

 

2017年7月1日グランドオープンということで、比較的新しく綺麗であろうというわけでチョイスしました。

 

ホテル代は約4000円〜と一気に安くなりましたね!

アクセスは、ディズニーランドから車で10分、電車+徒歩だ25分ほどと決して悪くはありません。

 

思い出に泊まるという場合は別ですが、観光地や有名なスポット周辺のホテルは避けて泊まると国内旅行が安くなります。

 

5. 株主優待券を使う

交通機関が飛行機の場合のみですが、株主優待券を使えば、JALとANAは運賃が半額になります。

ただし、基本価格から半額のため、さきほど紹介した早割との併用は出来ません。

 

「ANAの株なんか持ってないよ」という方でも金券ショップで購入が可能です。

おおよそ3000円程度。

 

飛行機の片道が2、3万円程度の場合は早割で買ったほうが安くつくかもしれません。

海外旅行など飛行機の価格が高額になるときは得しそうです。

 

国内旅行の場合は「そんなのもあったな」ぐらいで覚えておくといいでしょう。

 

国内旅行を安くする方法のまとめ

国内旅行を安くする5つの方法まとめ

  1. ツアーで予約するのは避けよう
  2. 移動手段が飛行機なら早めに予約しよう。旅行が決まった時点で取るのがベスト!
  3. 繫忙期を避けよう。もしくは帰りを1日早く!
  4. 有名観光地の周辺は避けてホテルを予約しよう
  5. 場合によっては飛行機の株主優待券を使おう

実践できる・できない方法があるかと思いますが、確実に国内旅行が安くなりますよ。

ぜひお試し下さい。

 

最後に僕がいつも使っている国内旅行を最安にするおすすめの予約サイトを紹介して終わりにします。

 

国内旅行を最安にするおすすめの予約サイト

楽天トラベル

今回ホテルの価格比較でも使った楽天トラベル。

楽天トラベルのメリット

・エリア別に選択できたり、価格の絞り込みができたり使いやすい
・空席情報を数ヶ月先まで見れるため、安い時期が一目で分かる
楽天ポイントがたまる

「ホテルを調べるならまずは楽天トラベルから」というほど僕は利用していますし、なにより安いホテルの取り扱い数がずば抜けています。

 

ポイントも多く付くので、二重でお得ですね。

 

楽天トラベル公式サイトはこちら!

 

エクスペディア

国内・海外と関係なくホテルやレンタカー、航空券が予約できるエクスペディア。

僕はホテルは楽天トラベルで取り、航空券はエクスペディアで取ると使い分けています。

 

航空券の予約にエクスペディアを使うのは、

  • 全ての便を表示しても動作が遅くない
  • 見やすいので最安かつ時間にあった便がすぐに分かる

からです。

 

また、30%以上の割引を行なっている時期もあるため、旅行を計画するときは一度はチェックするべきサイトです。

 

エクスペディア公式サイトはこちら!

 

▼エクスペディアや楽天はハピタスというポイントサイトを経由すればさらにお得になりますよ

 

以上、「【知らなきゃ損】国内旅行を安くする5つの意外な方法とは?」でした!

 

▼僕が今まで行った旅行先の記事も見ていって下さいね

 




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-旅行・観光地, 節約
-, ,

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.