毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

Amazon レビュー

【レビュー】Fire TVとStick買うならどっちがおすすめ?詳しく紹介

更新日:

映画やアニメをよく見るガハラです!

昔から映画は好きですが、最近は映画館より自宅で見ることが増えてきました。

 

それは今回紹介するAmazon Fire TVがあるからです。

Amazonから配信されている動画、プライムビデオを自宅のテレビで見るにはFire TVが必要。

なくてもタブレットやスマホで見ること自体は出来るのですが、「やっぱりテレビで見たい!」と思ったので購入に至りました。

 

さて、この記事では

  • Fire TVとFire TV Stickの違い、どっちを買えばいいのか
  • Fire TV(Stick)で出来ること
  • Fire TV(Stick)の使い心地について

の3つを主に書いています。

 

「Fire TVとFire TV Stickってのがあるけど、どっちを買えばいいんだろう」

「本当にFire TVって買う意味があるのかな」

そんな方はぜひ参考にして下さいね。




FIre TVとFire TV Stickの違いについて

ここではFire TVの2種類の機種について違いを解説していきます。

「TV?Stick?結局何が違うんだ?」という方はしっかり理解して、ご自身に最適な方を選んで下さいね。

 

まずは両者の違いを表した簡単な表を見て下さい。

Amazonより

 

メモリの違いやミラーリングの違いはあるものの、大きな違いはたった2点。

本体の大きさと4K画質で動画を見れるか・見れないか、ということだけです。

 

個人的には本体の大きさはまるで気にならないため、どちらを買うか購入の分かれ目となるのは4K対応か否かという点。

これを知らずに「大は小を兼ねるから」と価格がStickより高いFire TVを買ってしまうと、まるで無駄な出費になってしまいます。

Fire TVとStickの大きな違い

・本体の大きさ(Stickの方が小さい)
・4Kに対応か否か(Fire TVは対応、Stickは非対応)

次からはこの2点について詳しく見ていきます。

 

本体の大きさの違いについて

こちらは僕が今も使っている旧モデルのFire TVです。(Stickじゃない方)

大きさはおおよそ10cm×10cm。

 

2017年10月にNewモデルが出たので、今ではさらにコンパクト化されました。

Amazonより

 

ちなみに現在、Fire TVはNewモデルしか買えないようになっています。

Newモデルになることで価格も少し安くなりました。

 

ガハラ
もう少し後に買えばよかった・・・

 

そんなことはおいといて、続いてStickの大きさ。

Amazonより

 

USBメモリと同じぐらいの大きさでFire TVよりさらにコンパクトですね。

とはいうものの、どちらもテレビの裏に隠れてしまうので僕的にはどうでもいいです。

 

Fire TVもStickもテレビの裏のHDMIという端子に接続して使います。

一応「HDMIって何?」って人のために解説しておくと、このような形の端子のことです。

ところで昔、テレビゲームをするときに赤白黄のケーブルをテレビにつなぎませんでしたか?

あれは映像・音声の左右とそれぞれのケーブルが1つだけの信号を送っていたんですね。

その映像と音声をたった1本のケーブルで送れるようになったのがHDMIです。

技術の革新ってやつですね。

雑談ですが豆知識として覚えておいて損はありませんよ。

スポンサーリンク




4K対応について

Fire TVとStickの大きな違い2つ目、それが4K対応です。

知っている人も多いでしょうが、ようするに動画をめっちゃ高画質で見れるか否か、ということですね。

 

しかしFire TVが4K対応だからといって、買えば4Kで必ず見れるわけではありません。

4Kの動画を見るにはFire TVの他、以下の条件が必要となります。

Fire TVを使って4K動画を見れる条件

・動画自体が4Kに対応している
・自宅のテレビが4Kに対応している

まずAmzonで配信されている動画のほとんどはまだ4Kに対応していません。

4Kに対応しているのは配信されている動画25,000本に対して、わずかに数十本だけ。(30本前後)

 

そしてもう1つはテレビの問題。

最近買い換えた人は4K対応かもしれませんが、大半の人は非対応でしょう。

 

思えば僕は「近いうち4Kテレビを買うだろう」とFire TVを選んだわけですが、1年経った今でも買えずじまいです。

なんにせよ4Kで見れる動画自体がAmazonではまだまだ少ないため、それほど魅力的ではないというのが現状です。

 

▼高画質の4K対応テレビもAmazonだとかなり安くなっています!

 

買うならFire TV StickでOK

ここまでFire TVとStickの違いについてお話してきました。

個人的にはFire TVを持っていながらも、Stickで十分です。

その理由を以下にまとめます。

Fire TVよりもStickをおすすめする理由3つ

1. 価格が安い(Fire TVのほぼ半額)
2. USBメモリほどの大きさでコンパクト(持ち運べば宿泊先で見ることも出来ます)
3. 4Kには非対応だが、4Kで見れる動画自体がそもそも少ない

正直、Stickに比べるとFire TVは価格に見合っただけのメリットがありません。

なので迷ったらStickを買っておけばOKです。

 

AmazonでFire TV Stickの価格を見てみる

 

Fire TV(Stick)で出来ること

まず誤解のないように言っておくと、Fire TVでもStickでも出来ることは同じです。

Fire TV・Stickを買うことで出来るようになることは以下の3つです。

Fire TV・Stickで出来ること3つ

1. 自宅のテレビでAmazonやHuluなどの動画が見れる
2. 音楽を聴ける
3. アプリでゲームが出来る

順に見ていきましょう。

 

1. 自宅のテレビで動画見放題サービスが使える

今、動画が月額で見放題のサービスってたくさんありますよね。

Amazon以外にもHuluやNetflix、dTVなどなど。

 

これらのサービスの動画は専用の機械がないとテレビで見ることが出来ません。

その専用の機械の1つが今紹介しているFire TV・Stickなわけです。

Fire TVは一見Amazonのビデオしか見れないように思えますが、実は他のサービスの動画も見れるようになります。

Fire TV・Stickに対応しているサービス(一例)

・Hulu
・Netflix
・dTV
・U-NEXT
・YouTube
・ニコ動

ネットでいうと、Webサイトをいちいち移動しなくてもすぐに各動画が見れるイメージです。

 

これがもう本当に便利!

特にAmazonプライム以外にも他のサービスを契約している人は重宝しますよ。

 

加えて、スマホやタブレットと連携して途中まで見た映画を続きから再生してくれるのもいいですね。

「この映画途中まで見ていたのにDVD取り出したらリセットされちゃった!」なんてことがありません。

家でソファに寝転びながらボーっと映画を見るのに必須のアイテムですよ、Fire TVは。

 

2. 音楽を聴ける

Amazonプライムに入会していると音楽も聴き放題なわけですが、その音楽もFire TVを使って聴くことが出来ます。

 

「スマホでいいじゃん」という声はごもっとも。

もしテレビのスピーカーがよいものであれば、高音質で聴けるかもしれませんね。

 

僕は家事をするときや「今は動画じゃなくて音楽を流すだけにしておきたい」なんてときに使っていますよ。

スポンサーリンク




3. アプリでゲームが出来る

Fire TV・Stickはスマホのようにアプリをダウンロード出来ます。

 

ゲームもたくさんあるので、いい暇つぶしになるんですよね。

僕はたまにしかしませんが、オセロをしています。

 

スマホ並みにアプリは多数配信されているので、お子さんがいる家庭では喜ばれるのではないでしょうか。

ちなみにアプリを使ってネットサーフィンも出来ますよ。

 

Fire TVの使い心地について

最後はFire TVの個人的な使い心地について紹介します。

正直に「こんな所が使いやすい・使いにくい」というのを話していきます。

 

結論を先にいっておくと、音声認識付きのリモコンがかなり使いやすいです。

一方、動画を検索したときに有料の動画や他サービスでしか配信していないものも一緒に出てきてしまうのがいまいち。

 

「お、この動画Amazonで配信してたんや!」→「有料かーい」なんてことがけっこうあります。

「自宅のテレビで動画が見れるのは分かったけど、いまいち購入の決定打にならない」という慎重派の方は読み進めて下さいね。

 

Fire TVの良い点2つ

1. リモコンの音声入力がすごく便利

Fire TVにもStickにも付属の専用リモコンがあります。

それがこちら。

画面にキーボードが出てくるので、上下左右のボタンを使って入力していくのですが・・・

これがなんとも面倒くさい。

 

そんなわずらわしさを解消するために、リモコンに音声入力機能があります。

一番上のボタンを押しながら見たい映画の作品名をいうと検索できるというすぐれもの。

 

「音声入力ってめちゃくちゃな読み取りをして、使い物にならないんじゃないか」

僕も最初はそう思っていました。

が、Fire TVの音声入力機能はびっくりするぐらい正確に読み取ります。

 

試しに小声で「ターミネーター」とリモコンに呼びかけてみました。

すると・・・

認識できていますね!

 

しかも映画のタイトルと参照して「ターミネーターって2とか4の続編もあるのだがどれよ?」と言わんばかりに提示してくれます。

 

滑舌が悪いと言われ続けた僕の音声すらも、一言一句間違わずに読み取りますよ。(笑

動画の検索でしか音声入力は使えませんが、想像以上に便利です。

 

2. 複雑な設定が一切無い

「設定やケーブルをつなぐのってけっこう面倒なんじゃ?」

そう思われる方もいるでしょう。

 

実際、僕は実家のブルーレイレコーダーをテレビにつなぐのに数時間かかった経験があります。

あれはもう二度とやりたくない作業ですね、、、

 

結論をいうと、Fire TV・Stickで面倒な設定は一切ありません。

HDMI端子に挿し込んで電源ケーブルを挿し込み、WiFiのパスワードを入力。

それだけですぐに動画を楽しめることが出来ます。

 

Amazonで買うとログインの手間すらも省略化されているのは驚きました。

「パソコンの設定とか毎回苦戦するんだよなあ」という方でも簡単に使えますよ。

 

Fire TVの悪い点2つ

1. リモコンの入力機能はいまいち

先走って話してしまいましたが、付属のリモコンの入力機能はいまいちです。

片手で操作出来る分、仕方ないんですけど。

 

僕はどうしてもリモコン入力しないといけないとき以外は、さきほど紹介した音声入力を使っています。

音声入力機能でこのデメリットは少し緩和されていますかね。

ただキーボードやスマホに比べると段違いで入力スピードは遅くなります。

 

2. 検索でプライム・ビデオ以外の動画も全部出てきてしまう

これも既にお話ししましたが、検索をかけるとAmazonで配信されている動画以外もヒットしてしまいます。

他サービスも契約していればこれは大変便利なんですが、絞込み機能がせめて欲しかったですね。

 

対策としては、スマホで操作すると絞り込みができます。

スマホを使えば、さきほどのリモコンの入力に関しても解消されますね!

 

※以下はスマホの画面のスクショです

 

まずは検索で「プライム会員特典」で絞り込み。

 

そのままスマホで見ることも出来ますが、「Fire TVで(続きを)観る」を押せば、テレビに反映されます。

 

まとめ:プライムビデオを使い倒したいならFire TV(Stick)は必須!

ここまで色々と書いてきましたが、Fire TVを買うかどうかは自宅のテレビで動画を見たいかで決めるのが良いですね。

スマホやタブレットでもプライムビデオを見ることは一応できます。

 

しかしテレビで見た方が

  • 画面は大きく見やすい
  • 集中して見れる(個人的に)
  • 自分が画面に映りこまない

ので僕は買って大正解でした!

 

「せっかくお金払って契約しているんだから、プライムビデオ見まくってやるぜ!」って方はぜひFire TV・Stickで充実した映画ライフを過ごして下さいね。

 

以上「【レビュー】Fire TVとStick買うならどっちがおすすめ?詳しく紹介」でした!

 

 

1万円以下で買えるAmazonのタブレット「Fire HD 8」もレビューしています。参考にして下さい




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-Amazon, レビュー

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.