毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

ノウハウ

【1ヶ月で合格】基本情報技術者試験の勉強時間を半分に!効率アップの勉強方法とは

更新日:

この記事はこんな方におすすめです

・基本情報技術者試験を効率よく勉強して、あまり勉強せずに合格を目指したい方

・試験までの時間があまりなく、勉強方法に困っている方

社会人ブロガーのガハラです!

この記事では、基本情報技術者試験(FE)に最短で合格するための効率のよい勉強方法をお教えします。

その勉強方法とは、一言でいうと参考書での独学にくわえてオンライン講座の活用。

くわしくはのちほど紹介します。

 

ところで、FEは情報処理の代表的な資格であり、国家試験に該当します。

そのため合格率はたかい年でも30%、ひくいときは20%前後と決してかんたんな試験ではありません。

 

しかし、僕がこの記事でお教えする勉強方法を実践すれば、情報関係にくわしくない方でも1ヶ月で合格を目指せますよ。

「勉強は数と時間をこなしてこそ」と考えている人がたまにいますが、それは間違い。

 

働きながらですとどうしても勉強にさける時間が少なくなるため、いかに効率よく勉強するかが重要となってきます。

それではFEの鬼門ともいわれる午後試験で僕が得点率80%をこえた勉強方法をお教えします。

スポンサーリンク




基本情報技術者試験の合格に必要な勉強時間の目安は180時間

まずは、FEの合格までに必要な勉強時間の目安をみていきましょう。

個人差はありますが、基本情報技術者試験ドットコムによれば、標準で180時間程度とされています。

 

社会人の方であれば1日2時間ぐらいまでしか勉強にあてられませんよね。

そうなると、毎日勉強にとりくんでも合格までに3ヶ月はかかるわけです。

 

1ヶ月のうちサボってしまう日もあるでしょうから、4ヶ月は勉強時間として必要となりますね。

 

しかし、僕がFEの勉強に取り組んだのはわずかに70時間ほど。

標準の勉強時間と僕が実際にとりくんだ時間を比較すれば、いかに勉強方法が大切かお分かりかと思います。

 

基本情報技術者試験の勉強方法3ステップ

以下より「180時間!?そんなに勉強する気なんて起きないよ」という方向けの勉強方法をお話していきます。

FEの合格に向けてやるべきことは、以下の3つです。

  1. 午前問題の対策をする
  2. 午後問題の対策をする
  3. オンライン講座を使ってスキマ時間にも勉強

1つずつ解説していきますね。

 

1:午前問題の対策をする

知ってのとおり、基本情報技術者試験の問題は2部構成です。

午前と午後、そして合格するためには両方の試験で60%以上の得点率が必要となります。

 

そして、午前は基礎問題。

まずはとりくみやすい午前の対策から始めることをおすすめします。

 

具体的には

  • 参考書を1周よむ(わからないところは飛ばしてOK)
  • 1問1答や過去問をとく

の2つをおこないましょう。

 

わかりやすい参考書であれば、なんとなく1周よむだけでもかなり理解力がふかまりますよ。

そのあとは、実践形式で問題をときながら頭に定着させていくだけです。

 

まだ参考書を買っていない方は、以下の記事を参考にしてください。

合格できるおすすめの参考書をまとめています。

【2019年】一発で受かる!基本情報技術者試験のおすすめ参考書を詳しく紹介

続きを見る

 

2:午後問題の対策をする

午前問題がひとだんらくしたら、午後の対策にうつりましょう。

目安としては、午前問題の過去問をといて5割以上とれるようになったら午後の対策をはじめてしまって大丈夫です。

 

午後問題にかんしても勉強方法はおなじ。

基本的には、参考書を中心に勉強していきます。

 

さきほど紹介した記事におすすめの参考書があるので、問題演習を中心にとりくんでください。

午前の問題は午前のと形式がまったくことなりますので、とにかく数をこなして慣れるしかありません。

 

最初のうちは問題をといている時間は気にせずに、じっくり問題文をよんで解答しましょう。

そして、解説をよむときは問題をとくときよりていねいに。これ、超重要です。

 

 

ところで、基本情報技術者試験におちてしまう人は、たいがいこの午後の試験で失敗してしまうからなんです。

  • 情報の知識がすでにある
  • プログラムをつくった経験がある

そんな方であれば、独学であっても午後試験はなんなくクリア可能。

 

しかし、文系出身の方や未経験の方にとっては、とてつもなく難易度がたかく感じることでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、次で解説するオンライン講座の活用です。

 

オンライン講座とは、スマホから受けられる塾の講座のようなもの。

スマホ1つあれば、いつでもどこでも受けられる利便性のよさ。

そして、学校に通わなくてもプロ講師の授業を受講できると、いそがしい社会人の方と相性バツグンです。

 

3:オンライン講座を使ってスキマ時間にも勉強

さきほどお話したように、情報関係の知識がとぼしい方にくわえ

 

「独学で勉強するのは苦手」

「しっかり勉強できる時間をとれない」

という方におすすめなのが、オンライン講座の活用です。

 

そもそも基本情報技術試験の勉強方法のメインは、問題演習。

ですので、家などでじっくり時間をさかないと勉強がまったく進みません。

 

僕自身もつい「今日はしんどいから勉強は明日にしよう」と自分にあまえ、ギリギリまで勉強していませんでした。

しかし、オンライン講座であればテレビ番組をみる感覚で、効率よく勉強が可能です。

通勤時間はもちろん、ちょっとした休けいのときなどにもFEの勉強をすすめることができますよ。

 

「会社からFEを絶対にとれと言われている」

「基本情報技術者試験になんども落ちている。試験代がもったいない」

そんな絶対FEに合格しなければいけない方は、ぜひ受講してくださいね。

 

また、基本情報技術者試験のオンライン講座があるのは、STUDYing(スタディング)のみ。

まずは無料でうけられるおためし講座からはじめてみてはいかがでしょうか。

STUDYing(スタディング)

画像の説明文

基本情報技術者試験のオンライン講座が受けられる「STUDYing(スタディング)」
無料のおためし講座あり、今ならキャンペーンで1万円オフ。

まとめ:基本情報技術者試験に合格する秘訣は勉強の効率アップ

ここまで、基本情報技術者試験の合格に必要な勉強時間の目安。

そして、勉強時間をみじかくする効率的な方法をお話してきました。

 

経験がある方はご存知でしょうが、働きながら資格の勉強をするというのは想像以上につらく難しいものです。

僕の周りでも、ほとんど勉強できずにぶっつけ本番でいどむことになった。

むしろ、当日試験会場にすらいかない人をたくさんみかけます。

 

試験代や時間、とてももったいないですよね。

参考書+オンライン講座の活用でしっかり合格ラインまでたどり着きましょう。

 

以上「【1ヶ月で合格】基本情報技術者試験の勉強時間を半分に!効率アップの勉強方法とは」でした!







-ノウハウ

Copyright© 試ログ , 2019 All Rights Reserved.