毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

パソコン周辺機器

買うならこれ!USB Type-Cハブの選び方と厳選されたおすすめ10選

投稿日:

MacBookをメインで使うガハラです!

 

少し前にMacBookを購入したのですが、拡張ポートがUSB Type-Cというタイプが1個だけでした。

これは困った。なんせ普通のUSBポートがないわけですから、マウスは使えないしUSBメモリを挿すことも出来ない。

 

そんなときに活躍するのが今回紹介するUSBのType-Cを拡張するハブです。

たった1ポートしかないType-CからUSB、HDMIなど多いものでは10ポートに拡張できるハブもあります。

 

この記事ではおすすめのUSB Type-C ハブを10個紹介します。

その前にUSB Type-c用のハブを選ぶポイントから説明しますね。

 

「そんなのいいから早くおすすめのハブを教えて!」という方は「MacBook用のおすすめUSB Type-C ハブ10選」からお読み下さい。

スポンサーリンク




MacBook用 USB Type-C ハブの選ぶポイント

必要なポートがあるか


Amazonより

 

ハブを選ぶのに最も重要となるのは、自分が使いたいポートの種類があるかどうかです。

たとえば、「モニターに出力したいからHDMIは必須だな」とかですね。

 

「必要なポート?よくわからん」

そんな方は、パソコン周りで自分が実際につかっている周辺機器をチェックしましょう。

  • マウス、キーボードを使うのに必要なポート:USB
  • 外部モニターを使うのに必要なポート:VGA、もしくはHDMI

 

他にも有線接続でネットを使う場合はLANポート。

SDカードを挿入したいのであればSDカードリーダーが必要となります。

 

もちろんマウスに加えてUSBメモリをつかうのであれば、USBポートは2つ必要です。

ポートの種類と数に注目してハブを選びましょう。

 

USB Type-Cがあるハブを選ぼう


Amazonより

 

見落としがちなのが、ハブにType-Cのポートがあるかどうかです。

Type-Cのポートがないと、ハブを接続した状態でMacBookを充電できないため、大変不便です。

 

ちなみに、今回紹介する10個のハブはどれもType-Cのポート付きですのでご安心ください。

 

ハブのサイズと重さ

MacBookをカフェなど外で使う方もおおいのではないでしょうか。

一緒にハブを持ち歩くことになるので、ハブ本体は軽量でコンパクトなものがよいでしょう。

 

というわけで、今回紹介する10個のハブは重さが100g程度のコンパクト設計なものにしました。

 

ちなみに、USB Type-Cのハブは小柄なものが多く、僕が実際に使っているものはほとんど気にならない大きさ・重さですよ。

 

ケーブルが長過ぎないか

USB Type-Cハブのケーブルの長さは10〜20cmがおすすめです。

というのも、ケーブルが長すぎるとうっとうしいんですよね笑

 

ハブはパソコンのすぐ横におくので、ケーブルの長さはほとんどいりません。

もしハブのケーブルの長さが50cm以上のものがあれば、さけるようにしましょう。

 

価格

USB Type-Cのハブの相場は3,000〜6,000円です。

 

ポートの種類と数が増えれば、使い勝手は当然よくなります。

 

しかし、その分価格が高くなるので、ご自身の予算に合ったハブをみつけましょう。

今回は「ハブに1万円近くも出せない」という方向けに2,000円程度で買えるハブもピックアップしていますよ。

 

スポンサーリンク




おすすめのUSB Type-Cハブランキング10選!

1位:5種類の計6ポートに変換できるハブ

  • USB 3.0 × 2
  • HDMI
  • VGA
  • LAN
  • USB Type-C

以上の6ポートに拡張できる高機能ハブです。

 

USB 3.0が2つあるため、マウスを使いながらUSBメモリを読み込むといった便利な使い方ができます。

また、ほとんどの種類のポートがあるため、どんな周辺機器も接続が可能。

 

ですので、予算が合うのであれば、とりえずこのハブにしておけばいいでしょう。

また、重さは70gとコンパクト。

ハブのケーブルは10cmほどと、冒頭でのべた「ハブを選ぶポイント」をすべてクリアしています。

 

これだけ端子が揃っているにしては価格が比較的安く、堂々の1位となりました。

ココがポイント

・USB、Type-C、HDMI、VGA、LANの5種類に対応

・いろんな周辺機器を接続したい方におすすめ

 

2位:9ポートの多機能ハブ

利便性に特化したいならこのハブ。

1つのType-Cポートから9ポートまで一気に拡張できます。

 

USBはもちろん、HDMIやLANなど主要なポートはすべて付属。

また、USBは3.0×3ポートで高速通信に対応しています。

 

  • 1つのポートで何もかも完結させたい
  • 多少価格が貼っても便利なハブを選びたい

 

そんな方におすすめですよ。

ココがポイント


・計9ポートの多機能ハブ

・USB・HDMI・LAN・SDカードなど主要なポートはすべて完備

・見た目より軽くてコンパクト

 

3位:6ポート付きかつコスパの高いハブ

「予算5,000円ぐらいでハブを買いたい」

そんな方におすすめなのがこのハブです。

 

Type-C付きで充電できるのはもちろん

  • USB 3.0×2
  • HDMI
  • LAN
  • SDカード

ポートの種類が豊富。

 

価格と機能性のバランスがとてもよいハブです。

ココがポイント


・5,000円ほどで買える+機能性のたかいハブ

・価格と機能性のバランスがよい

 

4位:3,000円ほどで買えるハブ

さらに価格をおさえたい方はこちらのハブ。

3,000円ちょっとで買えるお手軽価格です。

 

機能性にかんしても、主要なポートはしっかり抑えているため使いやすいですよ。

ただ、USB 3.0は1ヶ所。ほかは2.0×2です。

 

また、この価格帯のハブはHDMIポートの品質が悪いことが多いのでご注意を。

「デュアルモニターでパソコンを使いたい」ということであれば、やはり5,000円以上のハブがおすすめです。

ココがポイント


・3,000円台で買えるお手頃ハブ

・最低限の主要ポートはきっちり搭載

 

5位:USB 3.0・HDMI対応の安価なハブ

HDMI対応のハブは価格が高くなる傾向にあります。

しかし、このハブは3000円以下でHDMIとUSB 3.0に対応。コスパに優れます。

また、USB 3.0は2つあるため利便性もじゅうぶんといえるでしょう。

 

あえて欠点をあげるなら、ポート数の割に本体がややおおきい点でしょうか。

とはいえ、「HDMIは必須+ハブに5000円も1万円もかけたくない」というような方におすすめですよ。

ココがポイント


・USB 3.0×2、HDMI、Type-Cの4ポート

・HDMI対応にしては安価

 

6位:有名メーカーの品質のたかいハブ

ちょっとパソコンに詳しい方なら知っているであろうキングストンのハブです。

「長く品質のよいものをつかっていきたい」という方におすすめですよ。

 

大手メーカーの品だけあり、さすがの品質といえます。

周辺機器を同時に使ったさいの不具合、HDMIの接続が切れるといった心配はいっさいありません。

 

「聞いたこともないようなメーカーのは使いたくない」

そんな方にぴったりのハブといえるでしょう。

ココがポイント


・有名なメーカーの高品質ハブ

・充電用、データ転送用にポートがわかれており使い勝手がよい

 

7位:最低限の機能+低価格のハブ

「それほど機能性はなくていいから価格をおさえてほしい」という方におすすめなハブです。

2,000円台で買えるのにくわえ、USB 3.0・HDMIと必要なポートは最低限そなえていますよ。

 

ハブを買う予算がそれほどない方におすすめです。

ココがポイント


・2,000円台で買えるハブ

・USB 3.0×2、HDMI、SDカードと最低限の機能はあり

 

8位:USBに特化したハブ

サンワサプライから出ている価格の安いハブです。

マウスやUSBメモリを使えるType-Aのポートがぜんぶで4ヶ所。

 

「とりあえずマウスが使えるようになればいいか」

そんな方にぴったりですね。

 

ただし、価格が安い分機能性にはすぐれません。

また、ポートを使っている際はパソコン本体の充電ができないデメリットもありますね。

 

価格を重視したいならいいでしょうが、機能を重視したいなら1〜3位あたりのハブのほうがよいでしょう。

ココがポイント


・USB Type-Aポートを4つ搭載

・価格が安い

 

9位:ケーブルレスのハブ

パソコン本体に直接つなぐタイプのハブがいいならコレ!

USBのポートぐらいしかありませんが、価格もお手頃ですよ。

コンパクトさもいい感じです。

ココがポイント


・ケーブルレス、パソコン本体につなぐハブ

・価格が安くハブ本体もスリム

 

10位:ACアダプタ付きハブ

ハブ自体にACアダプタが付いたタイプのハブです。

便利になる反面、ハブ自体がやや大きめ。

ですが「ハブも充電器も持ち運ぶのはめんどうだ」という方には助かりますね。

 

価格はすこし高いですが、サンワダイレクトという国内メーカーの品ですので、品質面は安心ですよ。

ココがポイント


・ハブ自体にACアダプタ付きで便利

・国内メーカー品で品質は安心

 

便利性を求めるなら6ポート以上のハブがおすすめ

ここまで、価格・ポートの種類がちがうハブを10種類紹介しました。

便利性を重視するなら、6ポート以上のハブがおすすめですよ。

具体的には1〜5位の間で紹介した商品ですね。

 

充電ケーブルを差し込むType-C。

マウス&キーボードに必要なType-A。

 

意外にもあっという間にポートが埋まってしまうからです。

「USBメモリ使いたいけど空きポートないじゃん」

なんてことに毎度なっていると、非常にストレスですので機能に余裕があるハブを選びましょう。

 

以上、「買うならこれ!USB Type-Cハブの選び方と厳選されたおすすめ10選」でした!







-パソコン周辺機器

Copyright© 試ログ , 2019 All Rights Reserved.