毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

周辺機器

買うならこれ!USB Type-Cハブの選び方と厳選されたおすすめ10選

更新日:

MacBookをメインで使うガハラです!

 

少し前にMacBookを購入したのですが、拡張ポートがUSB Type-Cというタイプが1個だけでした。

これは困った。なんせ普通のUSBポートがないわけですから、マウスは使えないしUSBメモリを挿すことも出来ない。

 

そんなときに活躍するのが今回紹介するUSBのType-Cを拡張するハブです。

たった1ポートしかないType-CからUSB、HDMIなど多いものでは10ポートに拡張できるハブもあります。

 

この記事ではおすすめのUSB Type-C ハブを10個紹介します。

その前にUSB Type-c用のハブを選ぶポイントから説明しますね。

 

「そんなのいいから早くおすすめのハブを教えて!」という方は「MacBook用のおすすめUSB Type-C ハブ10選」からお読み下さい。

スポンサーリンク




MacBook用 USB Type-C ハブの選ぶポイント

必要なポートがあるか


Amazonより

 

ハブを選ぶのに最も重要となるのは、自分が使いたいポートの種類があるかどうかです。

たとえば、「モニターに出力したいからHDMIは必須だな」とかですね。

 

「必要なポート?よくわからん」

そんな方は、パソコン周りで自分が実際につかっている周辺機器をチェックしましょう。

  • マウス、キーボードを使うのに必要なポート:USB
  • 外部モニターを使うのに必要なポート:VGA、もしくはHDMI

 

他にも有線接続でネットを使う場合はLANポート。

SDカードを挿入したいのであればSDカードリーダーが必要となります。

 

もちろんマウスに加えてUSBメモリをつかうのであれば、USBポートは2つ必要です。

ポートの種類と数に注目してハブを選びましょう。

 

USB Type-Cがあるハブを選ぼう


Amazonより

 

見落としがちなのが、ハブにType-Cのポートがあるかどうかです。

Type-Cのポートがないと、ハブを接続した状態でMacBookを充電できないため、大変不便です。

 

ちなみに、今回紹介する10個のハブはどれもType-Cのポート付きですのでご安心ください。

 

ハブのサイズと重さ

MacBookをカフェなど外で使う方もおおいのではないでしょうか。

一緒にハブを持ち歩くことになるので、ハブ本体は軽量でコンパクトなものがよいでしょう。

 

というわけで、今回紹介する10個のハブは重さが100g程度のコンパクト設計なものにしました。

 

ちなみに、USB Type-Cのハブは小柄なものが多く、僕が実際に使っているものはほとんど気にならない大きさ・重さですよ。

 

ケーブルが長過ぎないか

 

USB Type-Cハブのケーブルの長さは10〜20cmがおすすめです。

というのも、ケーブルが長すぎるとうっとうしいんですよね笑

 

ハブはパソコンのすぐ横におくので、ケーブルの長さはほとんどいりません。

もしハブのケーブルの長さが50cm以上のものがあれば、さけるようにしましょう。

 

価格

USB Type-Cのハブの相場は3,000〜6,000円です。

 

ポートの種類と数が増えれば、使い勝手は当然よくなります。

 

しかし、その分価格が高くなるので、ご自身の予算に合ったハブをみつけましょう。

今回は「ハブに1万円近くも出せない」という方向けに2,000円程度で買えるハブもピックアップしていますよ。

 

スポンサーリンク




おすすめのUSB Type-Cハブランキング10選!

1位 【RDII】5種類の計6ポートに変換できるハブ

  • USB 3.0 × 2
  • HDMI
  • VGA
  • LAN
  • USB Type-C

以上の6ポートに拡張できる高機能ハブです。

 

USB 3.0が2つあるため、マウスを使いながらUSBメモリを読み込むといった便利な使い方ができます。

また、ほとんどの種類のポートがあるため、どんな周辺機器も接続が可能。

 

ですので、予算が合うのであれば、とりえずこのハブにしておけばいいでしょう。

また、重さは70gとコンパクト。

ハブのケーブルは10cmほどと、冒頭でのべた「ハブを選ぶポイント」をすべてクリアしています。

 

これだけ端子が揃っているにしては価格が比較的安く、堂々の1位となりました。

 

チェックポイント
✔USB、Type-C、HDMI、VGA、LANの5種類に対応
USBは2つあり(3.0対応)
縦横は5.7×8cm、重さ70gとコンパクト
✔主要な端子はほぼ揃っている

 

2位 【Egolggo】8ポートの多機能ハブ

8ポートに拡張できる高機能ハブです。

 

USB 3.0が3つ。
Type-C、LAN、HDMI、SD・microSDカードに対応。
このハブ一つでほぼすべてのポートが使えるようになります。

 

機能性が高いだけに価格は少し高いのですが、

  • USBが3つあることによる拡張性の高さ(しかもすべて3.0)
  • SDカードも対応

 

これらを考えれば、それ相応の価格。
例えば、マウス+USBメモリ×2+SDカードなど外部メモリを複数・同時に使う場合でも難なく読み込めます。

 

8ポートもあるので使い道は様々。どんな場面でも活躍できそうです。

 

見た目よりコンパクトで幅10.5cmの縦5cm。
重さは25gとかなり軽量な方に入ります。

 

便利さを重視するなら、これに勝るハブはなかなかありません。

 

チェックポイント
✔SDカードあり。計8ポート対応の高機能ハブ
✔これ1つでほぼすべてのポートに対応できる
✔見た目よりコンパクト

 

3位 【DotStone】7ポート付きでコスパの高いハブ

 

Amazonではセール品になっており、お得なハブです。
USB 3.0が3つ。HDMI、SD・microSD、Type-Cの計7ポート。

 

使用頻度が高いUSBはすべて3.0で、2ポート確保。
HDMI付きで4Kの高画質な映像出力にも対応しています。

 

7ポート付きでこの価格はまぁありません。

 

コスパを重視するなら個人的にかなり推したいハブです。

 

チェックポイント
✔7ポート対応。USBは3.0が3つ
✔セール品でお得なハブ
✔HDMI対応で4Kの映像出力可能

 

4位 【TUTUO】価格重視+SDカード対応のハブ

 

これまで紹介したハブに比べると、半額以下にもなるハブです。
USBが2つ+Type-C+SD、microSDの5ポートに対応。

 

USBの1つが2.0ですが、USBメモリなどの外部メモリをあまり使わない人には問題ありません。
厚みがあるように見えますが、重さは約50gと意外にも軽量です。

 

一部のパソコンでは使用できないこともあるようですが、MacBookの場合は対応されているのでご安心ください。

 

チェックポイント
✔ポートの数にしてはかなり安価
✔USB×2、Type-C、SD、microSDの計5ポート
✔見た目ほどゴツくなく軽量

 

5位 【raycue】USB 3.0、HDMI対応の安価なハブ

 

HDMI対応のハブは価格が高くなる傾向にあります。
しかし、このハブは3000円以下でHDMIとUSB 3.0に対応しています。

 

USB 3.0は2つあり汎用性も高めです。

 

Type-Cのポート付きで充電可能ですが、ポート数の割に大きいのが少し難点。
「HDMIは必須だけど、ハブに5000円も1万円もかけたくない」というような方に良いでしょう。

 

チェックポイン
✔USB 3.0×2、HDMI、Type-Cの4ポート
✔HDMI対応にしては安価

 

6位 【KOVOL】USBが3ポート付きの安価なハブ

 

USB 3.0が1つ、2.0が2つ。
USBが3ポート確保されているハブです。
加えて、Type-Cがあり充電も可能となっています。

 

HDMIやVGAの端子がありませんが、その分価格はかなり抑えられています。

 

周辺機器はマウス、キーボードぐらいで、
「ポートはUSBしか必要ない」という方におすすめです。

 

チェックポイント
✔USBが3.0と2.0を合わせて3ポート付き
✔価格が安い
✔USBを主に使う方におすすめ

 

7位 【TUTUO】2000円以内のお手頃ハブ

 

USB 3.0、Type-C、HDMIの計3ポートのみですが、2000円以下で買えるためお手頃です。
周辺機器が少ない方におすすめのハブです。

 

チェックポイント
✔USB Type-A,C+HDMIのシンプルな3ポート
✔2000円以内で購入できる

 

8位 【iMXPW】18ヶ月保証ありのケーブルレス型ハブ

 

ハブにケーブルがなく、直接MacBook に接続させるタイプのハブです。
このタイプのハブは、機種によっては接続状態がいまいちだったり、不安定だったりすることがあり、あまり紹介していません。

 

しかし、このハブは18ヶ月(1.5年間)の品質保証付きで安心して使えます。
※普通の商品は1年間

合わないな、と思ったら返金にも対応してくれます。

 

ハブ自体はUSB 3.0、Type-C、HDMI、SD・microSDが各1ポートずつと幅広く対応しています。
SDカードリーダーはmicroSDと両方同時では使えない点は注意が必要です。

 

ちなみに、重さは90gです。

 

チェックポイント
✔ケーブルレスのハブ
✔1.5年間の品質保証付き
✔HDMI、SDカードと幅広く対応

 

9位 【AIER】4in1 LANにも対応のハブ

 

数少ないLANポートがあるタイプのハブです。
他は、USB 3.0、HDMI、Type-Cで計4ポート。必要となるポートは確保されています。

 

幅9cm、縦5.5cmとコンパクトなのも良い点です。

インターネットを有線接続で使う機会がある方におすすめのハブです。

 

チェックポイント
✔USB 3.0、HDMI、Type-C、LANの4ポート
✔有線でインターネットを使う機会がある方におすすめ

 

10位 【RDII】1000円以下で買える低価格のハブ

 

とにかく価格重視するならこのハブです。
USB、SD・microSDカード、Type-Cの4種類に対応して、1000円以下で購入できます。

 

ハブにケーブルがなく、直接接続するタイプのハブです。
また、USBは2.0。

 

今回紹介する中で唯一3桁の金額で買えるハブなので、安さだけを見るならおすすめできるハブです。

 

チェックポイント
✔1000円以下で購入できる
✔USBは2.0
✔ハブにケーブルはなし。重さは40g

 

便利性を求めるなら6ポート以上のハブがおすすめ

価格・ポートの種類、数と計10個のハブを紹介しました。
便利性を重視するなら、6ポート以上のを選びたいところです。

 

充電ケーブルを差し込むType-C。
マウス&キーボードに必要なUSB。

 

意外にもあっという間にポートが埋まってしまいます。
「USBメモリ使いたいけど空きポートないじゃん」
なんてことに毎度なっていると、非常にストレスです。

 

もちろんポート数が多ければ多いほどよい、というわけではない。
のですが、不便さを感じないためには、普段使っている周辺機器・外部メモリを同時に使う最大数を押さえておくのがよいでしょう。

 

ぜひご自分に合ったベストなハブを選んでみてくださいね。

以上、「買うならこれ!USB Type-Cハブの選び方と厳選されたおすすめ10選」でした!




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-周辺機器

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.