毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

ガジェット パソコン周辺機器

【2019年版】USB Type-Cハブの選び方+おすすめ10選!

投稿日:

この記事はこんな方におすすめです

・USB Type-Cのポートを拡張するハブを探している方

・MacBook用にUSB

兼業ブロガーのガハラです!

この記事では、USB Type-C用のハブを選ぶポイント。そして、おすすめのハブを10個紹介します。

 

ところで、Type-C用のハブの購入を検討されている方には、MacBookに使用する予定が多いのではないのでしょうか。

実際、僕もType-Cのハブを探し始めたのはMacBookを使うようになったからでした。

 

というわけで、紹介するUSB Type-CハブはMacBookとの相性が良いものを選んでみました。

購入前の参考にぜひ最後までご覧下さい。

 

スポンサーリンク




USB Type-Cハブを選ぶポイント3つ

まずは、USB Type-Cのハブを選ぶポイントです。

ポイントは以下4つ。

  1. ハブに必要なポートがあるか
  2. ハブのサイズと重さ・ケーブルの長さ
  3. ハブの価格

順に解説します。

 

ハブに必要なポートがあるか

USB Type-Cハブ ポートの解説図

ハブを選ぶ際に最も重要となるのは、自分が使いたいポートの種類があるかどうかです。

たとえば、「モニターに出力したいからHDMIは必須だな」とかですね。

 

代表的なポートは以下の通りです。

  • USB Type-A:俗に言うUSBのこと。USBメモリやマウス、キーボードをつなげることが多い
  • USB Type-C:ハブ自体にType-Cのポートが無いとMacを充電できないため必須
  • HDMI:モニターを使って画面を拡張したいときに必要
  • LAN:ネットを優先接続したい人は必要
  • SDカードスロット:SDカードを直接読み込ますことができる

 

「必要なポート?よくわからないなぁ」

自身が使っている周辺機器に応じてハブのポートを選ぶのが一番。しかし、分からない方もいらっしゃることでしょう。

そんな方は以下を参考にハブを選んで下さい。

  • USB Type-A:1つは必須。できれば2つ以上
  • USB Type-C:1つは必須
  • HDMI:出来れば欲しい
  • LAN:不要
  • SDカード:不要

以上より、Type-Aが2つ程度 + Type-Cが1つ + HDMIのポートが付いたハブが最低限のスペックとなります。

 

ハブのサイズと重さ・ケーブルの長さ

USB Type-Cハブ サイズのイメージ

MacBookをカフェなど外で使う方もおおいのではないでしょうか。

一緒にハブを持ち歩くことになるので、ハブ本体のサイズはコンパクトかつ重さが軽いに越したことはありません。

また、ハブのケーブルが長いとスペースを取るため、こちらも長すぎない方がよし。目安は以下です。

  • ハブのサイズ:片手に乗るぐらい
  • ハブの重さ:100g〜200g程度(コーヒー缶1本分ぐらいまでの重さ)
  • ケーブルの長さ:10〜20cm

 

といっても、USB Type-Cハブは上記の条件を満たした物がほとんど。

ですから、ハブを選ぶ際にそれほど敏感になる必要はありません。むしろ注意深く見るべきポイントはやはりポートの種類。

 

ただ、異様に拡張ポートが多いハブはゴツいこともありますから、注意して下さい。

 

ちなみに、今回紹介するハブはすべてこれら3つの条件をクリアしていますのでご安心を!

 

ハブの価格

USB Type-Cハブの価格は安い物で3,000円前後。高い物だと1万円近くします。

ハブの価格に影響するポイントはいくつかありますが、大きのはやはりポートの種類と数。

 

ハブに備わっているポートの種類と数が増えれば、使い勝手は当然よくなりますよね。

ただ、その分お高いということなのです。

 

ご自身の予算に合わせてハブを選ばれるとよいでしょうが、ケチるのはあまりよくないでしょう。

というのも、ハブは作業の環境、つまり作業効率に大きく関わるからです。

 

「2画面でMacBookを使いたいのにハブにHDMIポートがないから使えない!」となれば、本末転倒ですよね。

USB Type-Cハブの価格はピンキリ。ですが、やはり最低限でもType-A:1つ + Type-C:1つ + HDMIが備わったハブが欲しいところです。

 

おすすめのUSB Type-Cハブランキング10選

前置きが長くなりましたが、以下よりおすすめのUSB Type-Cハブを10個紹介していきます。

ランキング形式にしており、ポートの数などの機能性。それと価格のバランスを重点的にみました。

ぜひご自分に合ったUSB Type-Cハブを見つけて下さい。

 

注意ポイント

ランキングの順番はあくまで筆者が勝手につけたものです。あらかじめご了承下さい。

 

1位:5種類の計6ポートに変換できるハブ

  • USB 3.0 × 2
  • HDMI
  • VGA
  • LAN
  • USB Type-C

以上の6ポートに拡張できる高機能ハブです。

 

USB 3.0が2つあるため、マウスを使いながらUSBメモリを読み込むといった便利な使い方ができます。

また、ほとんどの種類のポートがあるため、どんな周辺機器も接続が可能。

 

ですので、予算が合うのであれば、とりえずこのハブにしておけばいいでしょう。

また、重さは70gとコンパクト。

ハブのケーブルは10cmほどと、冒頭でのべた「ハブを選ぶポイント」をすべてクリアしています。

 

これだけ端子が揃っているにしては価格が比較的安く、堂々の1位となりました。

ココがポイント

・USB、Type-C、HDMI、VGA、LANの5種類に対応

・いろんな周辺機器を接続したい方におすすめ

 

2位:9ポートの多機能ハブ

利便性に特化したいならこのハブ。

1つのType-Cポートから9ポートまで一気に拡張できます。

 

USBはもちろん、HDMIやLANなど主要なポートはすべて付属。

また、USBは3.0×3ポートで高速通信に対応しています。

 

  • 1つのポートで何もかも完結させたい
  • 多少価格が貼っても便利なハブを選びたい

 

そんな方におすすめですよ。

ココがポイント


・計9ポートの多機能ハブ

・USB・HDMI・LAN・SDカードなど主要なポートはすべて完備

・見た目より軽くてコンパクト

 

3位:6ポート付きかつコスパの高いハブ

「予算5,000円ぐらいでハブを買いたい」

そんな方におすすめなのがこのハブです。

 

Type-C付きで充電できるのはもちろん

  • USB 3.0×2
  • HDMI
  • LAN
  • SDカード

ポートの種類が豊富。

 

価格と機能性のバランスがとてもよいハブです。

ココがポイント


・5,000円ほどで買える+機能性のたかいハブ

・価格と機能性のバランスがよい

 

4位:3,000円ほどで買えるハブ

さらに価格をおさえたい方はこちらのハブ。

3,000円ちょっとで買えるお手軽価格です。

 

機能性にかんしても、主要なポートはしっかり抑えているため使いやすいですよ。

ただ、USB 3.0は1ヶ所。ほかは2.0×2です。

 

また、この価格帯のハブはHDMIポートの品質が悪いことが多いのでご注意を。

「デュアルモニターでパソコンを使いたい」ということであれば、やはり5,000円以上のハブがおすすめです。

ココがポイント


・3,000円台で買えるお手頃ハブ

・最低限の主要ポートはきっちり搭載

 

5位:USB 3.0・HDMI対応の安価なハブ

HDMI対応のハブは価格が高くなる傾向にあります。

しかし、このハブは3000円以下でHDMIとUSB 3.0に対応。コスパに優れます。

また、USB 3.0は2つあるため利便性もじゅうぶんといえるでしょう。

 

あえて欠点をあげるなら、ポート数の割に本体がややおおきい点でしょうか。

とはいえ、「HDMIは必須+ハブに5000円も1万円もかけたくない」というような方におすすめですよ。

ココがポイント


・USB 3.0×2、HDMI、Type-Cの4ポート

・HDMI対応にしては安価

 

6位:有名メーカーの品質のたかいハブ

ちょっとパソコンに詳しい方なら知っているであろうキングストンのハブです。

「長く品質のよいものをつかっていきたい」という方におすすめですよ。

 

大手メーカーの品だけあり、さすがの品質といえます。

周辺機器を同時に使ったさいの不具合、HDMIの接続が切れるといった心配はいっさいありません。

 

「聞いたこともないようなメーカーのは使いたくない」

そんな方にぴったりのハブといえるでしょう。

ココがポイント


・有名なメーカーの高品質ハブ

・充電用、データ転送用にポートがわかれており使い勝手がよい

 

7位:最低限の機能+低価格のハブ

「それほど機能性はなくていいから価格をおさえてほしい」という方におすすめなハブです。

2,000円台で買えるのにくわえ、USB 3.0・HDMIと必要なポートは最低限そなえていますよ。

 

ハブを買う予算がそれほどない方におすすめです。

ココがポイント


・2,000円台で買えるハブ

・USB 3.0×2、HDMI、SDカードと最低限の機能はあり

 

8位:USBに特化したハブ

サンワサプライから出ている価格の安いハブです。

マウスやUSBメモリを使えるType-Aのポートがぜんぶで4ヶ所。

 

「とりあえずマウスが使えるようになればいいか」

そんな方にぴったりですね。

 

ただし、価格が安い分機能性にはすぐれません。

また、ポートを使っている際はパソコン本体の充電ができないデメリットもありますね。

 

価格を重視したいならいいでしょうが、機能を重視したいなら1〜3位あたりのハブのほうがよいでしょう。

ココがポイント


・USB Type-Aポートを4つ搭載

・価格が安い

 

9位:ケーブルレスのハブ

パソコン本体に直接つなぐタイプのハブがいいならコレ!

USBのポートぐらいしかありませんが、価格もお手頃ですよ。

コンパクトさもいい感じです。

ココがポイント


・ケーブルレス、パソコン本体につなぐハブ

・価格が安くハブ本体もスリム

 

10位:ACアダプタ付きハブ

ハブ自体にACアダプタが付いたタイプのハブです。

便利になる反面、ハブ自体がやや大きめ。

ですが「ハブも充電器も持ち運ぶのはめんどうだ」という方には助かりますね。

 

価格はすこし高いですが、サンワダイレクトという国内メーカーの品ですので、品質面は安心ですよ。

ココがポイント


・ハブ自体にACアダプタ付きで便利

・国内メーカー品で品質は安心

 

まとめ:USB Type-Cハブは6ポート以上がおすすめ

ここまで、価格・ポートの種類がちがうハブを10種類紹介しました。

便利性を重視するなら、6ポート以上のハブがおすすめですよ。

具体的には1〜5位の間で紹介した商品ですね。

 

充電ケーブルを差し込むType-C。

マウス&キーボードに必要なType-A。

 

意外にもあっという間にポートが埋まってしまうからです。

「USBメモリ使いたいけど空きポートないじゃん」

なんてことに毎度なっていると、非常にストレスですので機能に余裕があるハブを選びましょう。

 

以上、「買うならこれ!USB Type-Cハブの選び方と厳選されたおすすめ10選」でした!

 

人気の関連記事

【2019年版】MacBookの種類と選び方まとめ!買うならどれ?安いのは?

続きを見る







-ガジェット, パソコン周辺機器

Copyright© 試ログ , 2019 All Rights Reserved.