毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

Amazon

Amazonプライムで得をする人・損をする人。各サービスの利用頻度から徹底解説!

投稿日:

ガハラです!

Amazonプライム会員に入会して1年がそろそろ経ちますので、そろそろ更新しないといけません。
僕はプライム会員のサービスはかなり使い倒していますし、得しているな~という実感があります。
ネットショッピング、動画、本etc・・・日々お世話になっております。

 

さて、今回はサービスの紹介と共に、どのくらいサービスを使えばお得・元が取れるのかを突き詰めていきます。
ちなみに、プライム会員は年会費3900円、月々にするとわずか325円です。

プライム会員なら送料が常に無料&次の日にはお届け

常に無料。ここ重要です。
昔はAmazonの送料はいつでも無料でしたが、今では2000円未満の買い物だと1回につき350円の送料がかかります。

 

プライム会員の場合は、この送料が何回でも永遠に無料です。回数制限とかもありません。
さらに、お急ぎ便という注文の翌日には自宅に物が届く、いわば速達で届けてくれます。
ちなみに、お急ぎ便は通常だと別途360円かかります。

 

 

ところで、プライム会員の料金は月額いくらだったでしょうか。そうです、月400円、年契約だと325円です。
お気づきだろうか、お急ぎ便を一回利用するだけで既に元は取れていることに・・・!

以上のことから、Amazonで月に1回以上買い物をする人は間違いなくプライム会員で得をするでしょう。

 

Amazonプライムビデオで動画が見放題

 

最近増えてきた動画配信サービス。
huluだとかNetflixとかがありますよね。VODと呼ばれるサービスです。

 

あまり知られていませんが、Amazonプライム会員になるとプライムビデオという動画見放題のサービスが追加料金一切無しで利用出来ます。
スマホで見ることはもちろん、タブレットに動画を落としてオフラインでも視聴可能です。
AmazonFireTVという物を使えば、自宅のテレビで観ることも出来てしまいます。

 

TUTAYAなどでレンタルすれば最安でも1本100円。
月に3本程度なんらかしらの動画を観ていれば、それだけでプライム会員の元が取れる
つまりお得だと言えますね。

 

コンテンツ数ではプライムビデオは他サービスより劣りますが、有名作やヒット作はだいたい揃っています。
劣るといっても数にしてみれば1万本近くあるらしいです。

 

参考ですが、huluやその他VODの相場は月額500~1000円ほど。
それを思えば動画配信サービスとしては格安ですよね。

 

ちなみに、プライムビデオは登録後、最初の1ヶ月が無料のお試し期間があります。
「実際そんなに観るかどうか不安だ」
という方も、まずは無料でお試ししてみてはどうでしょうか。

無料期間内に解約すれば料金はかからず、仮に「解約するの忘れてた!」となってもサービスを使っていない場合は返金対応してくれます。神か。

 

 

プライムリーディングで本が読み放題

 

動画見放題に続いて、次は本が読み放題です。
これだけサービスが充実していると、見たくても、読みたくても時間が圧倒的に足らないのですがね・・・笑

 

プライムリーディングでは、どこの誰が書いたかも分からない本ばかり、というわけではありません。普通に買うと1000円以上もするような本。タイトルは聞いたことあるな~という本もあります。
漫画も少し。

 

もちろん、こちらも追加料金は一切なし。

僕が読んだ中では、仕事は楽しいかね?という本が非常に考えさせられ、ためになりました。
最近悪い意味でも有名な(?)仮想通貨の本もあります。

 

1冊1000円とすると、3ヶ月に1冊程度読めていれば得している計算ですね。
読むのが遅い僕でも、ほぼ通勤時間だけで1ヶ月1冊ぐらいのペースで読めています。

 

こちらもプライムビデオ同様、無料お試し期間中に利用できるサービスです。

 

 

プライムミュージックで音楽が聴き放題

 

動画・本に続き、なんと音楽まで楽しめるというプライム会員。
動画と同じようにダウンロードして聴くことができます。

 

楽曲は洋楽だとかなり揃っています。
邦楽はやはり少ないのですが、ちょっとずつ増えてきています。
僕がよく聴くアーティストだと、スピッツとか福山雅治とか。

 

また、「2017年邦楽ランキング100曲」といったプレイリストが多数あり、聴き流しておくにはもってこいです。
「同じアーティスト・アルバムばかり聴いているから飽きたな~」って方にはぜひおすすめのサービスです。

 

TSUTAYAでアルバムを借りようと思うと、4枚で1000円ぐらいしますよね。
なので、1ヶ月の間にアルバム1枚分ぐらいの曲を聞いていれば得をする計算になります。

 

僕は通勤時は必ず聞いているので、バリバリ得をしていることになりますね。

音楽聴き放題サービスってけっこう高いので重宝します。
例えば、LINEMUSICだと月額1000円ほど。まぁこちらは邦楽もたくさんあるのですが。

 

くどいようですが、プライムミュージックも追加料金一切無しで利用できるのでびっくりです。

 

 

Amazonの5GBストレージが使える(写真は無制限)

これはオンラインストレージと言われるサービスですね。
ストレージ上に写真や動画などをアップロードしておけば、別のパソコンでも共有できる、というものです。

オンラインストレージはAmazonDrive、写真はプライムフォトというサービスになります。

 

さて、プライム会員に入会しているとなんとこれが5GBも使えてしまいます!
比較として、Dropboxという有名なストレージサービスがあります。
こちらは2GBまで無料。1000GB(1TB)で月額1200円。

 

「2GBは少ない、でも1TBもいらないなぁ」
ということで、Amazonの5GBは絶妙ではないでしょうか。なにより安い!

 

しかも、写真はなんと容量無制限で保存できます。
スマホに溜まった写真をおいておくのに最適ですね。
写真も1000枚単位になるとパソコンの中でかなり容量を取りますし。

 

オンラインストレージの使用容量が5GB以下で、月々325円以上お金をかけている人はAmazonDriveを使った方が絶対に得です。

 

学生ならAmazonプライムは年間1900円で利用できる

さて、ここまで紹介したサービスを月額325円で全て利用できることはしつこいぐらい言いました。

 

これがなんと学生さんなら50%オフの年会費で使えてしまいます!
年会費1900円、月換算にすると159円!!!やば過ぎる…

 

もちろん通常のプライム会員となんら変わりない同じサービスです。
いうなれば学割ってことですね。

 

しかも今ならAmazonの買い物で使える2000円分のクーポンがついてくるキャンペーン中です。
(2018年3月31日まで)
無料登録するだけでクーポンがもらえるので、これはかなりやばい・・・

 

さらにいうなら、無料期間は1ヶ月ではなくなんと6ヶ月。半年ですよ半年!

 

無料登録してクーポンの2000円分をGET。半年後に解約すれば料金は一切かからないので、ぶっちゃけ損する要素がありません。

 

学生さんが羨ましてくて仕方ないです。

 

 

Amazonプライムはかなりお得なサービスです

紹介したのはAmazonプライムのサービスでも目玉となるものだけ。
実はこれ以外にもたくさんのサービスがあります。

 

今回紹介した目玉となるサービスをどれか一つでも使う予定であれば、まずお得です。

まとめますと、

Amazonプライムで得をする人
✔️ 月に1回程度Amazonで買い物をする
✔️ 動画コンテンツを月に3本程度視聴する
✔️ 3ヶ月に1冊程度は本を読む
✔️ 日常的に音楽を聴くしCD屋で借りる
✔️写真、動画などを保存するのにお金がかかっている

 

これらどれか一つでも該当しているのであれば、Amazonプライムを使うメリットは十分にあります!
悩んでいる方は、まずは1ヶ月無料登録から始めてみるといいですよ。

 

以上、「Amazonプライムで得をする人・損をする人。各サービスの利用頻度から徹底解説!」でした!

 




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-Amazon

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.