毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

ライフスタイル 節約

ヤフオクとメルカリを比較!欲しいものはどっちで買うのが正解?初めての方はメルカリがおすすめです

投稿日:

この記事はこんな方におすすめです

・ヤフオクとメルカリのどちらで商品を買おうか悩んでいる方

・ヤフオクとメルカリ両方の特徴やちがいを知りたい方

社会人ブロガーのガハラです!

この記事では、ヤフオクとメルカリの比較をおこない、どちらを使えばいいのかをお教えします。

また、本記事は購入者目線。つまり、買い手側として利用する際の比較をしていきます。

 

ちなみに、物を売りたい場合は手数料の安いヤフオクが圧倒的におすすめ。

出品方法はこちらの記事でまとめています。

 

「オークションサイト、フリマアプリを使ったことがない。トラブルになるかもしれないし不安だ」

「ヤフオクとメルカリ、安く買える方を利用してお得に買い物をしたい」

そんな方はぜひご覧ください。

 

結論からいうと、取引がかんたんで欲しい物がすぐ手に入るメルカリの方がおすすめです。

メルカリはとくに、オークション・フリマサイトを使ったことがない初心者の方に向いていますよ。

では以下よりくわしく比較していきます。

 

スポンサーリンク




ヤフオクとメルカリの比較!ポイント5つ

項目ヤフオク

利用登録する

購入の手間
売っている物の多さ
安く買えるか
安全性
匿名性
総合評価
項目メルカリ

利用登録する

購入の手間
売っている物の多さ
安く買えるか
安全性
匿名性
総合評価

ざっくり5つの項目でヤフオクとメルカリを比較しました。

どちらも認知度がたかいサービスであるため、つねに数え切れないほどの商品が出品されています。

また、運営会社によって安全性も確保されていますね。

僕はヤフオクとメルカリ合わせて300回は利用しましたが、トラブルは一度もないのがなによりの証拠です。

 

しかし、欲しい物をどちらかのサービスで買うのであればメルカリから優先的にさがすとよいでしょう。

そのワケは、購入にいたるまでの手間。

 

メルカリはオークションではなくフリーマーケットの形式を採用しています。

つまり、メルカリは普通にネットショッピングする感覚で安く商品が手に入るため、とても楽なんです。

以下より比較項目をくわしくみていきます。

 

購入の手間

さきほどもお話したように、購入の手間にかんしては圧倒的にメルカリが楽です。

これはヤフオクがオークション形式、メルカリがフリーマーケット形式であることに理由があります。

「オークション?フリーマーケット?どう違うの?」という方のために、もう少しだけくわしく説明しますね。


 

まず、ヤフオクのオークション形式について。

オークションは、出品された商品を欲しい人が集まり、その商品にいくらまで出せるかを競います。

そして、もっとも高額な値段をつけた人がその価格で落札、つまり購入できるのです。

 

ヤフオクにおいては、商品がサイトに掲載される期間がきまっています。

その間に、もっとも高い価格で入札した人が購入する権利をえるという仕組みです。

 

ヤフオクでは、一時的に自分が最高額をつけていても、残り時間がせまると欲しい人がわんさか集まります。

そのため、何度も入札し価格を更新する手間があるのです。

買い手が値段をきめられる反面、オークション終了まで気が抜けないというデメリットが特徴ですね。

 

一方、メルカリは売り手が独断で価格を設定します。

「この商品○円で売ります、だれかいりませんか~」と呼びかけているイメージですね。

 

ヤフオクとちがい、商品の購入は早いものがち。

Amazonや楽天市場などでネットショッピングするのと同じです。

 

商品の価格は売り手側の意思できまってしまいますが、買いたいと思ったらすぐ買えるのがメルカリの最大のメリット。

また、メルカリでは価格交渉も可能です。

「あと数百円安かったら買うのにな」というときは、商品ページのコメント欄で交渉してみましょう。

 

売っている物の多さ

フリーマーケットイメージイラスト

つづいての比較項目は、品数。

アプリからかんたんに商品を登録できるということもあってか、売られているものはメルカリの方がやや多い印象をうけますね。

ただし根拠となる数字はなく、あくまで僕が利用している体感ですが。

 

知名度があるものはヤフオク・メルカリどちらもたえず出品されています。

しかし、マイナーなもの。

とくに、日用品にかんしてはメルカリのほうがはるかに出品数がおおいです。

服やバック、時計など身につけるものの購入を考えている方は、メルカリを利用しましょう。

 

安く買えるか

「ヤフオクとメルカリ、どっちを使ったほうが安く買えますか?」という質問をたまに頂きます。

基本はどちらも中古品がメインで出品されているため、新品で買うよりははるかに安く買えますよ。

 

ただ、運によるところが大きいですのでヤフオクかメルカリか、と甲乙つけがたい比較項目です。

しいて言うのであれば、メルカリの方が安く買えるチャンスがおおいかもしれません。

 

というのは、メルカリの利用ユーザーにはごくまれに商品の相場よりもあきらかに安い価格で出品する人がいるからです。

一方でヤフオクは、オークションというシステム上からどんなにスタート価格が安くても、自然と価格相場ぐらいまではつりあがっていくのです。

 

安全性

セキュリティ

「オークションやフリマって詐欺とかないの?」

ヤフオク・メルカリのどちらも使ったことがない方は、不安に思うポイントですよね。

 

冒頭でもお話しましたが、僕が両方のサービスをつかってトラブルになった回数は0。

詐欺・トラブルに合う可能性は、どちらのサービスを使ってもかぎりなく0にちかいです。

 

そのワケは、ヤフオクとメルカリどちらも監視がかなり厳しいから。

怪しい品物の出品はすぐに規制されますし、詐欺まがいのことをするとすぐにアカウントが凍結されます。

とくに、ヤフオクは大手企業のヤフーが運営していますので、安全性にかんしてはピカイチといえるでしょう。

 

とはいえ、一般人が利用しているサービスである以上、たちのわるいユーザーがいるのは事実。

購入前はかならず出品者の評価を確認しましょう。

評価の4割以上がわるいとなっている人からは、どれだけ価格が安くても買わないほうが懸命ですね。

 

匿名性

最後の比較項目は、匿名性。

つまり、本名や住所などの個人情報をさらけださずに利用できるかという点です。

買い手・売り手にかかわらず「個人情報はなるべくさらしたくない」という方がほとんどでしょう。

 

結論をいうと、メルカリでは高確率で匿名のままサービスを利用できます。

匿名の取引になるかどうかは、商品の出品者がどの配送方法にするかで決まってしまいます。

そのため、買い手側の意思では匿名にできないんですね。

 

ヤフオクであれば、配送方法がヤフネコ!パック、ゆうパック・ゆうパケットの場合。

メルカリであれば、らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便の場合に匿名配送が利用できます。

 

ところが、ヤフオクでは業者の利用がおおいという背景もあって、匿名配送になっている商品はあまりみかけません。

あったとしても、匿名で取引できるのは10商品のうちせいぜい2,3個です。

 

一方メルカリは、利用者のほぼ100%が個人。(転売目的の方もいるでしょうが)

そのため、進んで匿名配送を利用したがる傾向にあり、出品されている商品の7割ほどが匿名配送に指定されています。

ヤフオク・メルカリといったネット上の取引サービスをはじめて使う方はいろいろと不安でしょうから、匿名性のたかいメルカリがおすすめですよ。

ちなみに、僕がメルカリを利用したときの控えはこのような形で購入者の情報がいっさい見れないようになっていました。

メルカリで買い物をする方はコチラ

まとめ:ヤフオクよりもメルカリの方がおすすめ

ここまで、ヤフオクとメルカリのサービスを項目ごとに比較してきました。

総合的にみると、ネット上のオークション・フリマサービスをはじめて利用する方は、メルカリがおすすめです。

ヤフオクよりもメルカリがおすすめなワケ
・システムがわかりやすく慣れていない方でもかんたん
・出品されている品数がおおい(とくに日用品や身につけるもの)
・たかい匿名性

もちろんタイミングによっては、同じ商品がメルカリよりもヤフオクの方が安い価格で売られていることもあります。

しかし、ヤフオクは新規参入者にきびしいといった初心者御免なところがありますので、まずはメルカリからはじめてみるとよいでしょう。

 

また、メルカリでは定期的に購入者向けのお得なクーポンが配信されています。

これはヤフオクにないメルカリだけのメリットですね。

タイミングによっては、クーポンを利用して500円〜1,000円ほど安く商品を買えます。

ぜひ利用してみてくださいね。

以上「ヤフオクとメルカリを比較!欲しいものはどっちで買うのが正解?初めての方はメルカリがおすすめです」でした!

 

▼メルカリの利用登録は3分でできます

 

人気の関連記事

【初心者必見】ヤフオクのやり方を徹底解説!入札~落札までの流れ

続きを見る







-ライフスタイル, 節約

Copyright© 試ログ , 2019 All Rights Reserved.