毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

旅行・観光地

グランパスinn白浜のトレーラーハウスに泊まってきた!アメニティグッズや広さは?感想まとめ

投稿日:

たまに旅行に行くガハラです!

今回は3連休を利用していった「グランパスinn白浜」を紹介していきます。

 

僕が宿泊したのはトレーラーハウス。

トレーラーハウスというのは、かんたんにいうと動かないキャンピングカーみたいなものです。

 

ホテルとはまた違った雰囲気をあじわえるトレーラーハウスが最高でして、白浜を超たのしみました。

また、グランパスinn白浜にはトレーラーハウス以外の魅力もたくさんあります。

 

さて、この記事では

  • グランパスinn白浜のトレーラーハウスの紹介
  • グランパスinn白浜の楽しみ方

の2つをお話していきます。

 

「グランパスinn白浜のトレーラーハウスに宿泊しようかなやんでいる」

「グランパスinn白浜ってぶっちゃけどうよ?」

そんな方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




グランパスinn白浜のアクセス・宿泊施設など基本情報

アクセスについて

  • 住所:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町(その他) 千畳敷2953-3
  • アクセス
    マイカー:大阪から車で約2時間30分
    高速バス:JR大阪駅発で約3時間30分

高速バスで行くことも可能ですが、グランパスinn白浜へ行くにはだんぜんマイカーがおすすめです。

というのは、周りに公共交通機関がまったくないから。

毎回タクシーで移動するのは不便ですので、マイカーかレンタカーで行くようにしましょう。

 

ちなみに、駐車場はタダです。

ホテルの前と専用駐車場のほか、キャンプ場とトレーラーハウスの横にそえて駐車することができます。

 

宿泊施設について


グランパスinn白浜 公式サイトより

 

宿泊施設は、画像の左下のホテル棟。

そして右上にあるキャンプサイトに併設しているトレーラーハウス・ムーンロッジ・パオの4種類です。

また、装備を持参すればキャンプサイトでキャンプもできますよ。

 

宿泊料はトレーラーハウスが一番安いです。

1つのトレーラーハウスで4人しか泊まれませんが、わずか5,000円で宿泊できました。

(時期によってすこし前後するかもしれません)

 

トレーラーハウスとチェックインを行うホテル棟がはなれているので、よく確認しておいて下さいね。


Googleストリートビューより

 

ホテルを出たら左に。

するとすぐにローソンが見えますので、画像の坂をのぼっていけばトレーラーハウスとキャンプ場がある施設にいくことができます。

 

施設内でできること

グランパスinn白浜の施設内でできること

・バーベキュー
・温泉めぐり
・フットサル
・軽スポーツ(キャッチボール、フリスビーなど)

グランパスinn白浜の施設内には、バーベキューをできるエリアがあります。

このような最高のオーシャンビューでバーベキューをたのしめますよ。

バーベキューには予約が必要ですので、グランパスinn白浜に泊まる方はあわせておこないましょう。

  • 食材持参:大人1,200円、子供600円(1人あたり)
  • 食材付き:1人2,800円(ドリンクは別料金)

 

食材付きであれば、持ち物いっさいいらずでバーベキューができますよ。

 

そして、グランパスinn白浜の特典としてホテル内のほか計3つの温泉にタダで入ることができます。

どこも決して大きくない温泉ですが、お金にはかえられません。

 

グランパスinn白浜から一番ちかい温泉は千畳の湯。

露天風呂から夕やけを一望できますよ。

 

また、グランパスinn白浜のトレーラーハウスエリアはこのようにひらけた広場のようになっています。

キャッチボールやフリスビーを友達とするのもいいですね。

遊び道具をもっていくのをおすすめします。

 

ちなみに、トレーラーハウスのすぐ横にフットサルコートもありますよ。

ただ2時間で10,800円と高いせいか、僕が行ったときは誰も利用していませんでした。

 

▼予約は早めのうちに!楽天トラベルでみるならコチラ

スポンサーリンク




グランパスinn白浜のトレーラーハウスの感想

つづいて、僕が実際に泊まったグランパスinn白浜のトレーラーハウスの紹介と感想をお話していきます。

今回僕が泊まったのは、コンフォートキャビンという施設内でもっとも新しいタイプでした。

 

 

トレーラーハウスの紹介(内装・アメニティ)

トレーラーハウスの設備・アメニティ有無
歯ブラシ
タオル◯(大タオルとボディタオルの2つ)
寝巻き◯(ホテルの受付で浴衣が借りられます)※超でかいのでサイズは小がおすすめ
シャンプー・リンス・ボディーソープ◯(使い切りのパック)
コップ△(紙コップが人数分)
電子レンジ
湯沸かしポット
冷蔵庫◯(冷凍庫もあり)
テレビ△(物はあるがうつらない)
エアコン◯(冷暖どちらも対応、効きよし)
ガスコンロ×(備え付けてあるが使用不可)
シャワー×(備え付けてあるが使用不可)
Wi-Fi×

トレーラーハウスの外観からもわかるとおり、横長のまどりになっています。

内装は意外にもひろく、4人で宿泊してもせまさをほとんど感じませんでした。

 

寝る場所は、下段のダブルベッドとハシゴの上の天井裏のようなスペース。

上と下で2人ずつにわかれて寝るのがよいでしょう。

 

もっとも新しいトレーラーハウスということもあり、内装はとてもきれいでした。

家電や設備もあたらしく、満足です。

 

またテレビがない代わりか、カラオケ設備がありました。

ヘッドセット装着でしか歌えませんが、利用はもちろんタダ。

歌に自信がある方はぜひ歌ってみてくださいね。

 

トレーラーハウスの感想

ガハラ
野郎(男)4人で泊まった結果、学生にもどったかのような楽しさがありました

 

ぶっちゃけめちゃくちゃ楽しいです。

まるでキャンピングカーに泊まっているような気分でして、普通のホテルではあじわえないワクワク感がありました。

 

かといって、トレーラーハウスの中はしっかりとした設備。

ですので、寒さに凍えるといったこともありませんでしたよ。

 

なにより、トレーラーハウスの真横に駐車できるのがとてもよかったですね。

さんざん遊び尽くしてつかれたあとでも、車を降りて5秒で入れますから。

 

ただ、Wi-Fiがないのとテレビがみれないのがちょっと残念でした。

それを補うかのように置いてあるカラオケセットとブルーレイレコーダー。

使うも使わないもあなた次第です。

 

トレーラーハウス内でちょっとした時間をつぶすボードゲームを持っていくとよいですよ。

ちなみに、おもしろいボードゲームはこのブログ内で紹介記事をかいていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




グランパスinn白浜の楽しみ方

では最後に、グランパスinn白浜に宿泊したさいの楽しみ方について紹介していきますね。

 

1:トレーラーハウスでどんちゃん騒ぎ

まずはなんといってもこれでしょう。

近くのコンビニでたらふく酒を買い、どんちゃん騒ぎ!

大学生のころに若返ったかのような感覚になります。

 

久しぶりの友人となつかしトークをするもよし。

恋バナするもよし。

ボードゲームをするもよし。

 

気分はまるで中学生の修学旅行です。

ただ、散らかしたあとはちゃんと掃除しましょうね笑

 

2:最高の景色をみながらバーベキュー


グランパスinn白浜 公式サイトより

 

2つ目はバーベキュー。

グランパスinn白浜の施設内にあるのですから、これを利用しない手はありません。

 

天気のよい日に海をみながら食べるお肉は最高ですよ。

バーベキューをするには事前予約が必要なことに注意です。

 

3:星空ウォッチング

3つ目は、星空ウォッチング。

白浜はとても空気がきれいでして、天気のよい日にいけば画像のような超うつくしい星空をながめることができます。

 

ちなみに画像は和歌山の観光スポットで有名な円月島ですね。

グランパスinn白浜から車で10分ほどで行けますよ。

 

安い望遠鏡を買っていて、天体観測をたのしむのもいいですね。

 

4:和歌山の観光名所をめぐる


グランパスinn白浜 公式サイトより

 

グランパスinn白浜のまわりには、和歌山の観光名所がいくつもあります。

あのアドベンチャーワールドもすぐそこ。

 

とはいえ、けっこうな頻度で「次、どこいくよ?」となったので旅行ガイド本を1冊もっていきましょう。

とくに、ご飯の場所をさがすのにはとても苦労しましたので。

 

まとめ:グランパスinn白浜のトレーラーハウスは最高にたのしい!

ここまで、グランパスinn白浜の基本情報やトレーラーハウスの感想、楽しみ方を紹介してきました。

トレーラーハウスであればお得な価格で泊まれますし、繁忙期でも空いていることがあるのでおすすめですよ。

 

グランパスinn白浜の予約は楽天トラベルから行えます。

公式サイトからもできますが、楽天経由ですとポイントが付与されますよ。

 

次の旅行にはぜひグランパスinn白浜を予約してくださいね。

以上「グランパスinn白浜のトレーラーハウスに泊まってきた!アメニティグッズや広さは?感想まとめ」でした!

 

楽天トラベルからの予約はコチラ

 

▼旅行費用をなるべく安くするコツはコチラ




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-旅行・観光地

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.