毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

プログラミング

「KENスクール」現役生徒による評判と口コミ!筆者が選んだワケとは

更新日:

この記事はこんな方におすすめです

・KENスクールに通うかどうか悩んでいる方

・KENスクールの評判について知りたい方

兼業ブロガーのガハラです!

この記事では、KENスクールの概要や特徴。そして評判について詳しく紹介していきます。

 

実は僕自身KENスクールの生徒でして、ただいま絶賛通学中です。

「数あるプログラミングスクールの中からなぜKENスクールを選んだのか」

そのあたりも含めて詳細にお話します。

 

プログラミングスクール選びでKENスクールを候補に考えている方はぜひ最後までご覧下さい。

 

▼KENスクール公式サイトはコチラ!

スポンサーリンク




KENスクールの概要について

エリアメインは関西・関東
学習システム個別指導(完全予約制)
受講できるコース・WEBデザイン
・CAD
・プログラミング
・ネットワーク
・Office
予算30万〜(コース受講の場合)

KENスクールは関東方面で

  • 新宿(本校)
  • 池袋
  • 北千住
  • 横浜

の4つ。そして、大阪には梅田に校舎があります。

ちなみに、僕が通っているのはKENスクール梅田校。

 

KENスクールの売りは個別指導と校舎のキレイさ。

講師の方が複数の生徒を見ながらのため、完全なマンツーマンではありません。

しかし、重要・難しいポイントは時間を割いてきちんと解説。また、課題制作も逐一アドバイスがもらえますよ。

 

たとえば、僕が受講しているWEBデザインコースでは

講師
グローバルナビはこうやって作ることが多いですよ
講師
ヘッダーのデザインが寂しいですね。背景画像を入れるなど工夫してみて下さい

など、実務で役立つアドバイスをたくさんもらっています。

 

人によっては「指導が厳しい」と感じるかもしれませんが、WEB系に就職・転職を考えている人にとってはこれとない貴重な場。

実際にWEB制作の現場で働いたことのある講師陣だからこそ出来る指導のクオリティです。

 

そしてもう1つが校舎がキレイということ。

プログラミングスクールによっては、古い会社の事務所のような校舎もあったり。そういった場ではどうもモチベーションが上がらないんですよね。

 

しかし、KENスクールでは僕が通う梅田校を含めすべての校舎が超おしゃれ&キレイ!

設備も充実しており、パソコンはWindowsかMacかを選ぶことが出来ます。

 

KENスクールは他社に比べて受講料が若干高いのは事実。

ですが、高い受講料を払うだけの価値があるのです。

 

ちなみに僕は、KENスクールの無料面談&無料講座を受けて、ほぼほぼ「ここに決めよう」と確信しました。

 

KENスクールを選んだ決め手については後ほど詳しくお話しますが、

  • 講師の質の良さ
  • 校舎のキレイさ

が大きかったのは間違いありません。

 

執拗に勧誘されるということもありませんから、まずは近くのKENスクールに足を運んでみることをおすすめします。

「KENスクール」公式サイトへ

 

KENスクールの特徴

続いて、KENスクールの特徴についてお話します。

公式HPにも書いていますが、KENスクールの大きな特徴は以下の3つ。

  • 完全予約制個別指導のレッスン
  • 講師陣はITに精通したプロフェッショナル
  • 校舎はすべてキレイで設備が充実

この3点について実際にKENスクールに通う僕ならではの視点を織り交ぜて解説します。

 

完全予約制個別指導のレッスン

「KENスクールの概要について」でもお話しましたが、KENスクールは事前予約が必要な個別指導レッスンです。

梅田校に関しては、1回のレッスンは3時間まで。(その後に空きがあれば延長も可能です)

 

そしてKENスクールに通い始めて3ヶ月間は3回先までの予約が取れますから「予約がぜんぜん取れない!」なんて心配もありません。

 

ただ注意頂きたいのが、KENスクールは完全なマンツーマンではないということ。

講師1,2人に対して生徒5人程度をみるため「ちょっと待ってね」という場面がけっこうあります。

 

もちろん「すみません!」と手を上げれば講師の方が飛んできてくれるのですが、謙虚過ぎる方はちょっとつらいかもしれませんね。

 

とはいえ、1対1でみてもらえるようなプログラミングスクールってまぁありません。あったとしても費用が高額過ぎてとても通えないです。

 

ちなみに、KENスクールの生徒数は多過ぎず少な過ぎずといったところ。

梅田校に関しては、平日の昼間〜夕方は混雑。夜は生徒は数人です。

学生さんが多いこともあってか、意外と休日も空いていますよ。

 

時間帯を選べば、ほぼ付きっきりで見てもらえるのはKENスクールのメリットといえるでしょう。

 

講師陣はITに精通したプロフェッショナル

どことは言いませんが、講師が全員学生というプログラミングスクールもあるそうです。

学生講師が悪いとは言いませんが、やはり講師の実務経験ある・なしはけっこう大きいなと思うわけです。

 

たとえば、英語を学習しようと思ったとき

  • 英語はペラペラだが現地の人と喋ったことはない
  • 英語はペラペラ+現地の人とバリバリ喋る

だったら、当然後者の講師から教わりたいと思いませんか?

「こういうときネイティブはなんて言うのかな」とか聞きたいですからね。

 

さて、KENスクールに関しては講師陣は全員プロ。つまり実務経験のある方です。

そのため、就職・転職を見据えた実用的なスキルが学べますよ。

(もちろん講師によって当たり外れはありますが)

 

僕のように将来、WEBデザインやプログラム制作の仕事をしたいと思っている方。そんな方にとってKENスクールはプロの方から講義が受けられる貴重な場となります。

 

校舎はすべてキレイで設備が充実

こちらもすでにお話しましたが、KENスクールは全国すべての校舎がめちゃくちゃキレイ!

初めて梅田校に行ったときはビックリしましたね。こんなおしゃれなプログラミングスクールがあるのかと。

 

プログラミングは挫折する人が半分以上。ちなみに僕も一度挫折し、「今度こそちゃんと勉強する」と決めてKENスクールに入学しました。

そんな挫折率の高いプログラミングだからこそ、勉強する環境はかなり重要です。

 

勉強する環境がよければ必然と集中できますし、モチベーションもあがる。

講義・講師の質に比べれば優先順位は下がりますが、校舎はキレイに越したことはありません。

 

僕がKENスクールを選んだワケ

ここまで紹介したKENスクールの特徴をまとめると、校舎がキレイで講師はプロ。さらにレッスンは個別指導ということになります。

探せばこの3つの条件すべてを満たしたプログラミングスクールって他にもあると思うんですよね。

 

しかし、僕はそれでもKENスクールを選びました。特別受講料が安くもないのに、です。

個人の偏見も入りますが、僕がKENスクールを選んだ決め手について次よりお話します。

 

無料講座がとても親切だった

KENスクールに限らず、プログラミングスクールのほとんどで無料の面談や講座が受けられます。

決して安くない出費ですから、僕は3社・5社とプログラミングスクールを渡り歩きました。

その中でも飛び切りKENスクールは対応がよかった。これが決め手の1つ目です。

 

まず僕が行ったのは、KENスクールの無料面談。

  • どのコース、講座を受けたいのか(どんなスキルを身に付けたいのか)
  • 将来的に転職(就職)を考えているのか

などを詳しくヒアリング。生徒目線に立った面談内容でした。

 

「うちはこんなにも安い!」とひたすら連呼するプログラミングスクールもあったためか、KENスクールの生徒目線の姿勢はとても好感的でしたね。

 

そして日にちを改めて無料の体験レッスン。

「体験レッスン = 短い時間で雑」という偏見を持っていたのですが、30分みっちりして頂きました。

そして、講師の方の説明はわかりやすいし簡潔。イメージを手書きで説明してくれたのも親切でわかりやすいと感じたポイントです。

 

その場で即決はしなかったものの、KENスクールの無料講座を受けた週に入学を決断しました。

どれだけ校舎がキレイであっても、講師の方の親切さがなければKENスクールは選んでいなかったと思います。

 

ここなら勉強が続くと確信した

僕がプログラミングスクールを選ぶ上で最重要視したのは、通い続けられることでした。

「もうあのスクールには行きたくない」

「プログラミングを勉強するモチベーションがなくなった」

高い受講料を払うのですから、そんなことは絶対に避けたいと考えていました。

 

ですが、KENスクールに実際に行って体験レッスンを受けて。

「ここなら卒業までずっと通える」そう確信しました。

 

その理由はすでにお話した通り、講師の質と環境の良さ。

くわえて、働きながらでも通えるスクールだと感じたからです。

 

KENスクールでは、ほとんどの校舎で21時までレッスンを行っています。

そのため、仕事を終えてからでも体力さえあればスクールに行ける。

しかも、梅田校は大阪駅から徒歩3分とアクセスもよい!

ちなみに、KENスクールの他の校舎も最寄駅から5分以内と抜群のアクセスです。

 

また、KENスクールには就職・転職のサポートもあり、将来性が見えるというのも追い風になりました。

 

KENスクールの授業の進め方や雰囲気について

最後に、KENスクールの授業の進め方。また、スクールの雰囲気についてお話します。

このあたりについてはKENスクールの評判を調べてもなかなか出ないため、貴重な情報かと思います。

 

一度体験レッスンを受けてみるのが手っ取り早くおすすめではありますが、参考にご覧下さい。

 

KENスクールの授業の進め方

基本はオリジナル教材を使用しての授業となります。

たとえば、WEBデザインコースで必ず勉強するHTML・CSSのレッスン。

  1. 動画コンテンツで自習
  2. 各賞の重要ポイントを講師が解説
  3. 演習問題&講師のフォロー

これの繰り返しで教材が進みます。

 

正直、WEBデザインに限らずこういった基礎の学習はあまり楽しくありません。

ですが、課題制作に入ると途端におもしろくなります。

 

スポーツや楽器の基礎練が退屈なのと同じですね。試合や音合わせをし始めてから楽しさを実感する。その感覚に似ています。

 

ですから、KENスクールでWEBデザインを学びたい方は、極コーディングという授業を取るのがおすすめです。

極コーディングは講師の方がフォローをしつつ、自由課題に取り組む内容。

実務と同じ流れでWEB制作を経験できるため、貴重な経験となりますよ。

 

また、課題制作で作ったWEBサイトはポートフォリオとして就職・転職活動にも役立ちます。

 

KENスクールの授業の雰囲気

そしてKENスクールの授業の雰囲気はどうか。

結論をいうと、生徒は黙々と勉強しており落ち着いた雰囲気です。

かといって、重苦しいわけではなく。講師に質問などは気軽に出来ますよ。

 

楽しくワイワイではないですが、ほどよい感じでして非常に集中できる環境です。

この点も「静かすぎると集中できない。かといってうるいさいのは論外」を勉強環境に求める僕と相性がよかったです。

 

まとめ:KENスクールに通うかは評判だけで決めてはいけない

KENスクールはこんな方におすすめ

  • 就職・転職を見据えてプログラミングの勉強をしたい方
  • 駅近でアクセスの良いプログラミングスクールを探している方
  • 最後まで通い続けられるプログラミングスクールを選びたいと考えている方

プログラミングスクール選びにかなり時間を割いたこともあり、僕はKENスクールが最適な選択となりました。

しかし、もちろんすべての人にKENスクールが合うわけではありません。

 

「事前に聞いていた評判と何か違う」

「他の所の方が良かったかも」

そんなこともあるわけですから。

 

プログラミングスクールとのミスマッチを防ぐためにも、まずは近くのKENスクールに足を運んでみることをおすすめします。

校舎に行ったからといって絶対に入学する必要はありませんし、もちろんしつこい勧誘もありませんのでその点はご安心を!

(というか今はクーリングオフ制度があるので無理やり勧誘してくるところはほとんどありません)

 

ネット上の口コミや評判だけで判断せず、自身の目でKENスクールは自分に合っているか。費用は許容範囲か。

ぜひ確かめて下さいね。

 

以上「「KENスクール」現役生徒による評判と口コミ!筆者が選んだワケとは」でした!

無料資料請求&体験講座あり

就転職に強い!KENスクールはコチラ







-プログラミング

Copyright© 試ログ , 2019 All Rights Reserved.