PR

【PR】Windows10でDドライブを作成する方法2つ

更新日:

この記事はこんな方におすすめです

・Windows10でDドライブを作成したい方

・Dドライブの作成方法がわからない方

この記事では、Windows10でDドライブを作成する方法についてご紹介しています。

方法は主に

  • フリーソフトを使用して行う
  • Windows10の機能から行う

の2つがあります。

 

かんたんなかつ誰でも出来るのはフリーソフトを使う方法です。

ではまず、フリーソフトを使ったDドライブの作成方法について説明します。

この記事にはPR要素を含みます

 

スポンサーリンク




フリーソフト(EaseUS Partition Master Free)を使ったDドライブ作成方法

まずは、フリーソフトを使ったDドライブの作成方法です。

Dドライブ作成が行えるソフトはたくさんありますが、今回はEaseUS Partition Master Freeというソフトを使って行います。

 

1. EaseUS Partition Master Freeをインストールする

はじめに、ソフトをインストールしましょう。インストールは以下のサイトから行えます。

インストーラーを起動したら、手順通りに進めていけばインストールできます。

 

2. Cドライブを分割する

ソフトを起動したら、このような画面が表示されます。
(環境によって微妙に画面が違うことがあります)

僕の環境ではすでに以下3つのドライブが存在します。

・ディスク0(Dドライブ)
・デイスク1(Cドライブ)
・ディスク2(Eドライブ)

今回はEドライブを分割して、Fドライブを作成したいと思います。(Cドライブしかない方も同様の手順でDドライブを作成できます)

 

まず、画面より該当のディスク(通常はCドライブ)を右クリック、サイズ調整/移動をクリックします。

 

「サイズ調整/移動」画面が出てきますので、Dドライブに割り当てる容量を決めます。

容量は画面内の「パーティションサイズ」もしくは真ん中の黄色いバーを操作することで調整できます。

OKを押すと、ソフトの画面に戻ります。

 

上の「▶1つの操作を実行する」をクリック。

 

「保留中の操作」画面が表示されるので、「適用」をクリック。

 

再起動を求められるので、「はい」を押してください。(作業途中のファイルがあれば「いいえ」を押し、一旦ファイルを保存してからやり直してください)

すると、起動中に読み込みのような画面が表示されますが問題ありません。

 

パソコンが再度立ち上がったら、指定したボリュームに未割り当てのボリュームがあることを確認してださい。

 

3.  未割り当てボリュームをDドライブに割り当てる

つづいて、作成した未割り当てのボリュームをDドライブに割り当てていきます。

ソフトより作成した未割り当てのボリュームを右クリック。「作成」をクリックします。

 

シンプルボリュームを選択。

 

「利用可能」からディスクを選択して追加、「選択済み」に移動させます。

 

最後に「サイズと位置を決定する」画面が表示されます。

ここではDドライブがすでにあるため、ドライブレターがFになっています。

Cドライブしかない方はDになっていることを確認しておいてください。

 

パーティションラベルはドライブの名前です。(ドライブ(D:)といった表記がされます)

こちらは好きな名前に変えてもけっこうです。

 

各項目を設定できたらOKをクリック、新しいドライブが作成されます。

「完了」を押しましょう。

 

新しいドライブ(画面ではFドライブ)が作成されたことを確認して完了です。

 

Windows10の標準機能を使ったDドライブ作成方法

つづいては、Windowsの標準機能を使ったDドライブ作成方法です。

「なるべく新しいソフトはインストールしたくない」という方はこちらの方法をお試し下さい。

ただ、ソフトを使うよりややステップが多く複雑です。

 

1. ディスクの管理を開く

左下のスタートボタンを右クリック(もしくはWinキー+X)、表示されるメニューの中から「ディスクの管理」をクリックします。

 

2. Cドライブを分割する

「ディスクの管理」は上のような画面かと思います。(パソコンによって微妙に異なります)

 

Cドライブ(大概は一番大きい容量のディスクです)の部分を右クリックし、ボリュームの縮小を選択しましょう。

 

「C:の縮小」画面が表示されました。

「縮小する領域のサイズ」よりDドライブの容量を決め、「縮小」ボタンをクリックします。

Cドライブの3分の1~半分ぐらいまでの容量がおすすめです。

ここでは66GBとしました。(画面の表示単位はMBなので注意)

 

「ディスクの管理」画面にて指定した容量分の「未割り当て」が作成されていればOKです。

 

3. 未割り当てボリュームをDドライブに割り当てる

2.までのステップで作成した「未割り当て」を右クリック、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

 

「新しいシンプル ボリューム ウィザードの開始」画面が表示されるので「次へ」をクリック。

 

「シンプルボリュームサイズ」はDドライブの容量です。通常は未割り当てボリュームの全容量にします。(ここでは66GB)

 

「次のドライブ文字を割り当てる」より“D”を選択、次へをクリックします。

 

最後に「パーティションのフォーマット」という画面が出てきます。

そのままの設定でかまいませんが、

  • ファイルシステム:NTFS
  • アロケーションユニットサイズ:既定値
  • ボリュームラベル:ボリューム

になっていることを確認して下さい。

 

また、ボリュームラベルはDドライブの名前です。(ボリュームの場合「ボリューム(D:)です」)こちらは適宜使いやすい名前に変えてもかまいません。

 

「新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了」が表示されたら完了です。

「完了」ボタンをクリックし、指定した容量分のDドライブが作成されていることを確認して下さい。

 

念のため、マイコンピュータより確認すると・・・

ちゃんとDドライブが作成されていますね!

ファイルの仮置き場や音楽・動画ファイルの管理用にDドライブを活用して下さい。

 

まとめ:Dドライブの作成にはEaseUS Partition Master Freeがおすすめ

以上、Dドライブの作成方法を2つ紹介しました。

個人的におすすめなのは、フリーソフト(EaseUS Partition Master Free)を使った方法です。

このソフトにはDドライブの作成の他、

  • ディスク、パーティションの管理
  • ディスクのコピー、クローンの作成

などなど、出来ることがたくさんあります。

無料版は有料版に比べてやや機能が限られますが、十分に使えるソフトです。

ぜひ使ってみて下さいね。

 

以上「【PR】Windows10でDドライブを作成する方法2つ」でした。

 

関連記事

-PR

Copyright© ガハラの多趣味ブログ , 2020 All Rights Reserved.