プログラミング・WEBデザイン

WEBデザイナーに必要なスキルとは?絶対必須のスキルと学習方法について

投稿日:

この記事はこんな方におすすめです

・将来的にWEBデザイナーを目指したい方

・WEBデザイナーに必要なスキルについて知りたい方

兼業ブロガーのガハラです!

この記事では、WEBデザイナーになるために必要なスキル・求められるスキルについてお話します。

 

ちなみに、僕自身はスクールでWEBデザインを勉強している身でして、本業はWEBデザイナーではありません。(いずれなるつもりですが)

しかし、実際にスクールで学んだりプロの講師から教えてもらうと、単なるデザイン以外のスキルもたくさん必要なことがわかりました。

 

WEBデザイナーを目指す方や将来的になりたいと考えている方はぜひ最後までご覧下さい。

 

スポンサーリンク




WEBデザイナーに必要なスキル

WEBデザイナーに必要なスキルは主に3つに分類されます。

  1. コーディング・プログラミングのスキル
  2. グラフィックツールのスキル
  3. WEBの幅広い知識とデザインスキル

順に解説します。

 

コーディング・プログラミングのスキル

WEBやプログラムを決まった言語で書くことをコーディングと言います。

WEBサイトは1つの例外もなく以下のような文章でコーディングされているため、これらの書き方や文法を覚える必要があるのです。

(ここにコード例)

「なんだか難しそう」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、そうでもありません。

WEB系の言語は比較的やさしいですから、情報系の知識がない方やプログラミング経験がない方でも取っつきやすいですよ。

 

具体的には、WEBデザイナーに求められるコーディングスキルは以下の通りです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP

必須となるのは、HTMLとCSS。

HTMLはWEBサイトの本文や見出しを書き、表現する役割があります。

今ご覧になっているこの文章もHTMLの中で表現されているものです。

 

CSSはスタイルシートとも呼ばれ、WEBサイトのレイアウトや装飾を行う役割があります。

例えば、文字のサイズ・カラー、サイドバーのレイアウトなどですね。

 

JavaScriptとPHPはプログラミング言語でして、WEBサイトの機能を拡張させることができます。

一例としては、

  • JavaScript:アニメーション効果やボタンを押したときの表現など
  • PHP:お問い合わせフォームの自動返信など

といった機能が実装できるようになります。

 

ともかく「WEBデザイナーを目指すならHTMLとCSSは絶対に習得すべきスキル。それ以外にも応用的なスキルがあるんだな」という程度に思っておいて下さい。

また、HTML・CSSの習得方法については以下の記事が参考になるかと思います。

関連記事
no image
HTML・CSSの学習方法3つを解説!【プログラミング初心者必見】

続きを見る

ココがポイント

・コーディング = WEBの言語やプログラムを書くこと

・WEBデザイナーとしてはHTML、CSSのスキルは必須

 

グラフィックツールのスキル

ここでいうグラフィックツールとは、Adobe(アドビ)という会社のツールのこと。以下2つです。

  • Photoshop(フォトショップ):写真加工ツール
  • illustrator(イラストレーター):イラスト作成ツール

 

WEBデザイナーの仕事の流れでこれら2つのツールを使う場面が出てきますので、最低限使えるスキルが必要となります。

具体的に、WEBデザイナーの仕事の中でどういった場面で使うのか。かんたんにご説明します。

 

まずフォトショップ。こちらはワイヤーフレームとデザインカンプを作るうえで使用することが多いです。

ワイヤーフレームとは、WEBサイトのレイアウトを示した資料のこと。

お客さんに「こんなレイアウトでWEBサイトを作ります」と事前に見せる資料として使います。

 

ワイヤーフレームのOKがでたら、次に作成するのはデザインカンプ。

デザインカンプとは、一言でいうとWEBサイトの完成見本です。

色や使う写真も取り入れて、実際に作るWEBサイトと同等の物を用意します。

 

イラストレーターはまだしも、フォトショップは最低限の機能の使い方を理解しておくと就職活動で有利になるでしょう。

ちなみに、求人サイトをみてみるとフォトショップ・イラストレーターは歓迎スキルとなっていることが多いです。

ですから、必須のスキルというわけではありません。

(実務で遅かれ早かれ使うことになるので使えるに越したことはありませんが)

 

個人的には、参考書などを使ってツールの触り方だけでも抑えておくのがおすすめです。

 

WEBの幅広い知識とデザインスキル

WEBデザイナーは単にWEBサイトを作るスキルだけが求められるわけではありません。

他にも、WEBの幅広い知識と高度なデザインスキルが求められる仕事です。

とはいえ、これらは実務の中で身に着けていきますから、今すぐ必要なスキルではないのですが。

 

まず、WEBの幅広い知識について。話し出すとキリがありませんが、マーケティングは学んでおくとよりよいでしょう。

そもそもWEBサイトはなぜ用意するのかというと、お客さんを読んだり自社商品のセールスに使うわけですね。

つまり、WEBサイトとマーケティングは切っても切り離せない関係にあるわけです。

 

「どんなキャッチコピーがお客さんの目に留まるか」

「どんなデザインのサイトが購買意欲を刺激するのか」

マーケティングスキルを身に着けておくと、年収アップにもつながることでしょう。

 

そしてもう1つはデザインスキル。

デザインというと”センス”という言葉で片づけられてしまうことが多いです。

しかし実際は、デザインスキルというのは後から身に着けるもの。最初からおしゃれでカッコイイWEBサイトが作れる人なんてまぁいません。

 

具体的には

  • 今流行りのデザイン手法を知っておく
  • 大手企業のサイトがどんなデザインか見て学ぶ

といった方法でスキルを磨くことが出来ますよ。

 

WEBデザイナーに必要なスキルの学習方法

「WEBデザイナーってこんなに多くのスキルが必要なのか!大変だな」

「これだけのスキルを習得。自分に出来るかな」

と不安になった方もいらっしゃることでしょう。

 

ですが、スマホのアプリ開発などゴリゴリプログラミングするのに比べれば、WEBサイト制作は比較的やさしいです。

そのため、デザインやプログラミング初心者でもしっかり学べばちゃんとWEBデザイナーとして活躍できますよ。

 

大事なのはスキルを学ぶ方法です。

  • プログラミングスクールに通う
  • オンラインサイト学習サイトを使う
  • 参考書から学ぶ

ほとんどの方が上記のいずれかの方法で学ぶことになるでしょう。

順に解説します。

 

プログラミングスクールに通う

WEBデザイナーに必要なスキルを手っ取り早く身に付けるのは、プログラミングスクールに通うことです。

スクールによりますが、コース受講であれば紹介したすべてのスキルを万遍なく学習できますよ。

 

ただ、受講料がかかるのがネックでしょう。

コーディングだけを学ぶといった場合でも数万円、コース受講であれば20万円〜というスクールが多いですから。

 

とはいえ、WEBデザイナーとして即戦力になるスキルを学べるというのはスクールならでは。

実は僕は今まさにスクールに通っている真っ只中でして、やはりプロの方から教われるのはとても貴重な時間です。

同じコースを受けている生徒もたくさんいますから、勉強のモチベーション維持にもつながりますよ。

 

それに加えて、就転職のサポートがあるのもスクールのよいところ。

「本気でWEBデザイナーを目指したい」

「将来的にWEB関係の職に転職したい」

という方はぜひスクール受講を検討して下さいね。

 

また、おすすめのプログラミングスクールについては以下の記事で解説しています。(大阪以外のエリアもあります)

関連記事
no image
大阪でおすすめのプログラミングスクール5つ!現役スクール生が厳選

続きを見る

 

オンライン学習サイトを使う

もう1つスキル習得で考えられる方法がオンラインサイトで学習するという方法です。

僕がよく利用するのは以下2つ。

自宅で気楽に勉強できる方法ではありますが、用意されている内容しか学習できないこと。

そして、経験者やプロの指導がないのがデメリットです。

 

また、内容としてはやはりさわりの部分だけでして

「では学んだスキルでどのようにWEBサイトを作るのか」

「実務ではどのような手順でWEBサイトを作成していくのか」

といったことは学べません。

 

趣味でWEB制作をされる方はいいでしょうが、転職などを考えている方にとってはベストな選択とは言えないでしょう。

「スクールに通っても挫折するかも。とりあえず感覚だけでも掴みたい」

そんな最初のきっかけとして利用しましょう。

 

参考書から学ぶ

最後は参考書を買って自宅で黙々と勉強するという方法です。いわゆる独学ですね。

正直に言って、おすすめしません。理由は以下の記事でまとめています。

関連記事
no image
プログラミングの独学はおすすめしない!自力で学ぶには限界があるって話

続きを見る

 

独学をおすすめしない理由は色々あるのですが、最大の理由は挫折率が高いこと。

仕事から帰って、家事やらをしてからWEBデザインの勉強。80%ぐらいの人が挫折します、ヘトヘトになってから「さぁ勉強だ!」なんてなりませんからね。

時間はあるがお金ないといった学生であればよい方法かもしれませんが。

 

もちろんオンラインサイトのように触りだけ学習してみるという意味では、独学はよいでしょう。

プログラミングスクールで全部受講していたら費用がとんでもないです。

ですから、コーディング・プログラミングはスクールで学び、グラフィックツールの使い方は独学する。そんなスキルの学習方法は理想的ですね。

 

まとめ:WEBデザイナーに必要なスキルはスクールで身に着けよう

WEBデザイナーに必要なスキル、そしてそれらのスキルの学習方法についてお話してきました。

要点をまとめると以下の通りです。

 

WEBデザイナーに必要なスキル

・コーディング・プログラミングのスキル(HTML・CSSは必須!)

・グラフィックツールのスキル(使い方程度は理解しておくのがよい)

・WEBの幅広い知識とデザインスキル(身に着けておくとなおよい)

 

スキルの学習方法

・プログラミングスクールに通う(WEBデザイナーを目指すならこれ一択!)

・オンラインサイト学習サイトを使う(触りならOK)

・参考書から学ぶ(部分的に利用するのはOK)

 

WEBデザイナーとしてのスキルは一朝一夕では身に着きません。

ですから、プログラミングスクールに通い、講師の方にフォローしてもらいながらステップアップする学習方法がよいでしょう。

 

もしこれからスクールを探されるのであれば、僕自身が通っているKENスクールがおすすめですよ。

教室はキレイで設備は充実。授業は個別指導ですので、通うごとに確実にレベルアップできます。

 

KENスクールの詳細や評判については以下の記事をご覧下さい。

関連記事
「KENスクール」現役生徒による評判と口コミ!筆者が選んだワケとは

続きを見る

以上「WEBデザイナーに必要なスキルとは?絶対必須のスキルと学習方法について」でした!

 

人気の関連記事

関連記事
no image
大阪でおすすめのプログラミングスクール5つ!現役スクール生が厳選

続きを見る

関連記事
no image
HTML・CSSの学習方法3つを解説!【プログラミング初心者必見】

続きを見る







-プログラミング・WEBデザイン

Copyright© ガハラの多趣味ブログ , 2019 All Rights Reserved.