毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

映画・アニメ・漫画・その他動画

「魔法少女まどか☆マギカ」はなぜ面白い?人気アニメとなった4つの理由

更新日:

©Magica Quartet

 

アニメが大好きなガハラです!

 

今回は、空前の大ヒットとなった「魔法少女まどか☆マギカ」、通称まどマギがなぜそこまで人気に火が付いたのかを1ファンとして書いていきます。

 

僕自身がどれだけまどマギにハマっていたのかというと、

  • 本編は5周ほど視聴
  • 映画は劇場に2回見に行った(1回目はもちろん公開日)
  • まどかマギカ展という展示会にも参加。(グッズも購入)

 

ちなみに展示会で買ったグッズの一部は未だに愛用中。

 

「俺は本編10回は見たぜ!」という人もいるでしょうが、一般的に見ると僕はコアなまどマギファンといえるはずでしょう。

 

そんなコアなファンの僕が当時のことを振り返りながら、熱くまどマギを語りたいと思います。

この記事では、まどマギがなぜこれほどまでに人気だったのかを4つの要因から僕個人の考えとしてまとめています。

 

物語のネタバレが含まれるので、「これから見てみようかな」という人は注意して下さいね。

スポンサーリンク




魔法少女まどか☆マギカが世界的に大ヒットした4つの要因

1. 作品イメージとのギャップが大きかった

僕が誰かにまどマギを勧めるときに必ずいうことがあります。

それは、「つまらなくても3話までは見てくれ!」ということ。

 

そもそも魔法少女もののアニメというのは、キャピキャピした萌え系のアニメという印象が根強くありました。

極端にいうとプリキュアみたいな感じ。

 

それを大きく覆したのが本作のまどマギです。

本編を見た方は知っての通り、3話でまどかたちの先輩であるマミさんが・・・突然の死。

しかも、首を噛み切られるというかなりショックな映像でした。

魔法少女まどか☆マギカ マミさん死亡シーン
©Magica Quartet

 

このマミさんのあまりにむごい最後から「マミる」なんて用語が生まれ、ネット界隈で流行語にもなりました。

「マミる」

頭を丸かじりで銜えられて宙吊りにされたり、食われたりして頭を失う事。また、死んだり、無残な姿になったりする事。「マミった」などの過去形も可。

ピクジブ百科事典より

 

1、2話の明るい雰囲気から物語は一変。

放送前の広告からは全く予測できなかったダークな魔法少女もののポジションを獲得していったのです。

 

魔法少女まどか☆マギカ 放送前広告
©Magica Quartet

 

ちなみに、上の画像は雑誌か何かで紹介されたまどマギの広告。

アニメをよく見る僕のような人からすると、「あー出た出た魔法少女ものね。萌え豚乙」ぐらいの印象でした。

 

それが衝撃の第3話によって人気が爆発。

2chのまとめサイトにも「まどかマギカの第3話がやば過ぎる」的な記事が次々とあがり、ネットを中心にすさまじい勢いで話題となりました。

 

「ドキドキの魔法タイム♡」なんてフレーズを鵜呑みにしていると唖然。

「思っていたアニメと違う」そんな当初の作品イメージとのギャップが少なからず人気の火種になっていた、と思います。

 

2. 主人公が最後まで魔法少女にならない。魔法少女ものの常識をくつがえした

魔法少女系のアニメといえば、1話で主人公がピンチに!変な小動物の妖精にうながされ、ノリと勢いで変身。

そんな展開が鉄板というか、ありがちな気がします。

 

さて、ご存知の通りまどマギの主人公「鹿目まどか」は、本編の最終話まで魔法少女になりません。

本編を見ながら、「まどかはいつ変身するんだよ」と思っていたのは僕だけではないはず。


©Magica Quartet

まさかこのシーンを見るのが最終話になろうとは、、、

 

主人公が最終話まで変身しないという今までの魔法少女ものになかった展開。

その意外性が話題となった一つの要因なのかもしれません。

 

3. 視聴者を驚愕させ続けたストーリー

僕は当時、まどマギをリアルタイムで追っていました。

本編中で印象深いのは、マミさんが死ぬ第3話並みにネットで反響があった第10話。

 

10話の内容は、ほむらはまどかを救うために何度も何度も過去に戻ってやりなおしているという辛いものでした。


©Magica Quartet

 

10話までに、ほむらのまどかに対する執着心は異常なまでに描写されていますが、まさかそういうことだったとは。

それを知ってから本編を見返すと、ほむらが何度も過去をやりなおしていることを匂わす伏線がたくさん張られていることにも気付き、二度びっくり。

第10話 「もう誰にも頼らない」より

 

まどか「キュゥべえに騙される前のバカな私を、助けてあげてくれないかな?」
ほむら「約束するわ。絶対にあなたを救ってみせる。何度繰り返すことになっても、必ずあなたを守ってみせる!」

その言葉があったので、ほむらは意地でもまどかを契約、つまり魔法少女にさせたくなかったんですね。

 

第10話のストーリーそのものも衝撃なんですが、この話を知った上でオープニングを聞いたときはそりゃもう鳥肌が立ちました。

改めて聴いてみるとこれ、ほむらのことを歌った曲なんですよね。

 

「♪交わした約束忘れないよ 目を閉じ確かめる 押し寄せた闇振り払って進むよ」

これに気付いたときはもうね、失神ですよ。

 

これほど濃いストーリーで、1クールのアニメには未だに巡り会えていません。

 

4. アニメ放送終了後も視聴者の熱が冷めない。続編の映画公開

放送時どんなに「おもしろい!」と評価されているアニメであっても、放送終了とともに話題性はどんどん薄れていくのが世の定め。

 

しかし僕の場合、まどマギ熱はむしろ放送が終わってからますますヒートアップしていきました。

それは本編の続編となる映画「叛逆の物語」の存在があったからでした。


©Magica Quartet

 

総集編映画の公開後だったか前だったか忘れましたが、製作が決定したことは公開日よりかなり前から発表されていました。

映画制作の決定を聞いたときは思わず「やったぜまどかぁ!!!(?)」と叫んだもんですよ。

 

僕以外にも、至る所でまどマギファンが「公開はまだか!?あと1年?それを生きがいに頑張れる」みたいなことを言っていました。

 

  • 続編となる映画の存在を視聴者にすぐアピールしたことで、僕たちファンからまどマギという作品を忘れさせなかった
  • アニメの放送が終わっても、すぐに過去の名作とはならなかった。
  • 1クールのアニメなのに、なかなか旬が過ぎなかった

 

長期にわたるコンテンツの継続が、社会現象までとなるまどマギ旋風を生み出したのではないか、と僕は考えています。

スポンサーリンク




魔法少女まどか☆マギカは間違いなく名作だった

人気作品の宿命ではありますが、僕のように絶賛する人がいる一方で、

「まどマギ?見たけどいまいちだったかな」

「期待していたよりおもしろくなかった」という評価をする人もいます。

 

しかし、個人的には間違いなく名作でした。

この記事でもちょこちょこ書いていますが、なにより放送当時の勢いがすさまじかった。

ネット世界がまどマギ一色でしたからね。

 

 

まどマギに関する思い出話を最後にもう一つすると、最後の2話は東日本大震災の影響で、放送自粛。

(関東は10話以降のラスト3話が自粛になっていたようです)

 

もう発狂しましたよ。

一番いいところで物語が止まり、そのまま「再放送の予定はたっておりません」なんて言われたんですから。

 

忘れた頃に2話連続放送が決まったときは、これもまた発狂しました。

「ついにきたか・・・!」と。

当時高校生だった僕は朝の5時に起き、最後の2話をきっちりみて通学したのをよく覚えています。

そして友達に「まどマギの最終話まじでやばかったぞ!」と語る僕。

今思えばかなりキショいやつですが。(笑

 

 

そんなことを書いていたら、また見たくなりましたね、まどマギ。

そろそろ第6周目を見ようかと思います。

 

以上、「魔法少女まどか☆マギカ」はなぜ人気作となったのか。ファンの僕が考える4つの要因とは」でした!

 

 

「魔法少女まどか☆マギカ」の本編を無料で見る方法

「魔法少女まどか☆マギカ」のアニメは、いまのところAmazonプライム・ビデオだけの独占配信中です。

 

本来は月額400円のサービスですが、1ヶ月無料のお試し期間があるため、それを利用すれば無料で見ることが出来ます。

▼Amazonプライムって何?詳しくはこちら!

Amazonプライム・ビデオ

年間3,900円(月額325円)で映画・アニメ・ドラマなど広いジャンルの動画が見放題の「Amazonプライム・ビデオ」。動画配信サービス以外にも、Amazonで買い物をするときに常に送料が無料・会員限定のセールに優先参加できたりと、価格以上のサービスが盛りだくさん!今なら1ヶ月無料のお試し期間付きです。

 

▼他のアニメについての記事も読んでいって下さいね

 




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-映画・アニメ・漫画・その他動画

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.