エンタメ(漫画・映画・ゲーム)

アニメ「Fate」はどれから見る?作品を5倍楽しめる順番とは

更新日:

この記事はこんな方におすすめです

・Fateのアニメに興味があるけど、どれから見たらいいかわからない

・Fateに手を出したいけど、何から見たらいいかわからない

そんな方向けに、この記事では

・Fateシリーズはどれから見るのがベストか
・Fateシリーズをより楽しむための見る順番

を解説していきます!

 

結論からいうと、Fateシリーズで必見となるのは4作品だけ。そして、順番は以下がおすすめです。

  1. Fate/Zero
  2. Fate/stay night
  3. Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
  4. 劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]

それぞれの作品の概略を含め、なぜこの順番がおすすめなのかについても触れていきます。

 

スポンサーリンク




「Fateシリーズはどれから見ればいい?」→とりあえずZeroから!

まず、Fateシリーズには派生作品がいくつもあります。

派生作品というのは、本編とは異なった物語、つまり外伝のような扱いの作品です。

たとえば、プリズマ☆イリヤやFate/Apocryphaなどのタイトルですね。

 

派生作品については、Fateシリーズのメインストーリを観た後、ハマったのであれば観るとOK!

ですので、ここでは触れません。

 

さて、Fateのメインストーリ―ですが、主人公が3人いるというのをまずは覚えておいて下さい。

  • 衛宮士郎(えみやしろう)
  • 遠坂凛(とおさかりん)
  • 間桐桜(まとうさくら)

そして、これら3人の親や前任者の戦いを描いた「Fate/Zero」から見るのがおすすめです。

 

次で各4作品のザックリした概要をみていきましょう。

 

Fateシリーズで見るべき4作品の概要

Fate/Zero

・時期:2011年

・話数:25話

先走って話しましたが、3人の主人公たちの前任者のストーリーです。

つまり、物語の前日談、過去の話という位置づけです。

 

Fate/Zeroを一番最初にみるのをおすすめする理由としては、以下の通り。

  • 前日談を理解しておくことでメインストーリーの理解が深まる
    (よりメインストーリーを楽しめる)
  • Fateの物語がわかりやすく描かれている(世界観など)
  • 作画がキレイでみやすい←ココけっこう重要!

 

Fateシリーズの作品の中には、初見さんお断りの話があります。

その筆頭が最後にみるべきとしている「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」

Fateの世界観や経緯などは知っている前提でストーリーが進むのです。

正直、作品をまったく知らない人にとっては「聖杯戦争?サーヴァント?なに?」となるかと・・・

 

一方で、Fate/Zeroはさきほど述べた理由から手始めにみる作品としてピッタリ。

また、作画がとにかくキレイでして後半は毎回が映画のよう!

Fateの魅力であるド迫力のバトル、先が気になって仕方ないストーリー。

すべてを凝縮しており、これからFateにふれたい方にはまっさきにおすすめしたい作品なのです。

 

Fate/stay night

・時期:2006年

・話数:24話

2つ目にみるとすれば、Fate/stay nightでしょう。

ストーリーの一番の主人公である衛宮士郎を中心に描いた作品です。

なのですが・・・ぶっちゃけ見なくてもいい。

 

というのも、この1作品だけかなり古い作品でして、作画が見劣りするんですよね。

Fate/Zeroを観た後だと余計に「あれ、なんか作画しょぼくない?」ってなります。

Fateの最大の魅力であるバトルシーンがどうも際立ってこない。

 

さらにいえば、Fate/Zero以外の3作品はすべて平行線のストーリーです。

どういうことかというと、まったく世界がことなるストーリーでして、1つ1つで物語が完結しています。

 

ですから、Fate/stay nightを観ていなくても衛宮士郎パターンのストーリーを知らないだけという状態に。

他の作品とstya nightのストーリーがつながっているわけではないので、未視聴でも問題ないのです。

 

とはいえ、Fateシリーズの中ではもっとも王道のストーリーとされています。

もちろんストーリー自体は満点でして、展開は素晴らしい!

 

というわけで、2,3話みて「これぐらいの作画なら許容範囲かな」と思えるのでしたら視聴しましょう。

 

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

・時期:2014年

・話数:25話

衛宮士郎の同級生である遠坂凛に視点を置いたストーリーです。

実は当作品、ずいぶんと前に劇場場が作られたのですが、ぜひ最新のアニメverで見てほしい!

劇場版とは作画のクオリティが段違いでして、バトルシーンだけでもかなり楽しめるほど。

 

またストーリーもアッと驚く展開の連発で、あっという間の25話です。

ちなみに、僕が初めてFateに触れたのは当作品。

 

冒頭ではFateの世界観やストーリーの根幹となる聖杯戦争の説明などもあります。

置いてけぼりにされず、物語を理解しながら楽しめますよ。

 

事前にFate/Zero・Fate/stay nightのどちらかを視聴しておけば、ストーリーの理解がより深まります。

伏線に気づけてよりおもしろいかも・・・?

 

Fate/stay night [Heaven’s Feel]

・時期:2017年

・話数:3話(劇場3部作)

Fateの本筋となるストーリーの中では、もっとも新しい当作品。

3人目の主人公である間桐桜を中心に物語が展開されていきます。

 

すでに言いましたが、Fateの世界観などを知っていること前提でストーリーが進みます。

ですから、この作品は最後に視聴してほしいと思います。

というか、これまでの作品を観ていても「ん?わからん」という部分もあったり。

 

新しい作品かつ劇場版ということもあってか、作画の力の入れようは異常です。

映画館で観ていて唖然としました。

 

他のFate作品とはちょっと系統がちがい、話が重くしんどい場面があったりします。

ですが、これまでの作品を観てFateの世界にハマるようでしたらぜひ視聴して下さいね。

もうまじで作画にビビります。

スポンサーリンク




Fateを観る前に知っておきたい簡単なあらすじ・世界観

激烈なバトルシーンや作画が注目されがちなFateシリーズ。

何度も言いますが、ストーリー自体もしっかりしています。

 

しかし、事前情報としてある程度Fateのあらすじや世界観を知っておかないと「なんのこと?」となるんですよね。

そこで最後に、Fateを視聴する前に知っておきたい情報についてまとめました。

「作品を見る前にどんな話かをざっくり知っておきたい」という方は読み進めて下さいね。

 

目的は聖杯戦争に勝つこと

Fateに登場する人物たちにはある共通の目的があります。

それが脚注で聖杯戦争とよばれる戦いに勝つこと。

 

聖杯戦争に勝てば聖杯が手に入り、望みを叶えることができるのです。

つまり、望みが叶う聖杯をめぐって戦うということです。

 

Fateは2人1組のペアで戦うバトルロイヤル

さきほど述べた聖杯を求めて戦い合うわけですが、戦うのは人 vs 人ではありません。

魔術師(人)とサーヴァントと呼ばれる使い魔による2人1組のペアで共闘するのです。

 

ちなみに、使い魔がサーヴァント。

そして、サーヴァントを従える魔術師のことをマスターと言います。

「マスター、いつもの」のマスターです。

 

さらに詳しく言うとサーヴァントには7つのクラスがあり、能力や得意な戦い方が異なります。

RPGでいう職業みたいなものと思って下さい。

・セイバー:剣士(最強のクラスといわれている)
・アーチャー:弓兵(弓を使った遠距離攻撃が得意)
・ランサー:槍兵(槍を使った中距離が得意)
・ライダー:騎兵(馬や何らかの乗り物を持っている)
・キャスター:魔術師(魔術を使いこなす)
・アサシン:暗殺者(急襲、不意打ちが得意)
・バーサーカー:狂戦士(パワー系。ゴリラ)

 

それぞれのクラスで相性があったり、サーヴァントの真名(クラス名ではなく生前の本当の名前)があったりと、楽しめるポイントがたくさんありますよ。

 

押さえておきたいポイント

・マスターとサーヴァントの2人1組で戦いをする(7チームで競い最後まで残ったら勝ち)
・サーヴァントには能力が異なる7つのクラス(職業)がある
・最後まで生き残ったらなんでも望みが叶う聖杯が手に入る

 

まとめ:

 

ぜひめちゃくちゃおもしろいFateシリーズを堪能して下さいね。

以上、「アニメ「Fate」はどれから見る?作品を5倍楽しめる順番とは」でした!







-エンタメ(漫画・映画・ゲーム)

Copyright© ガハラの多趣味ブログ , 2019 All Rights Reserved.