毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

映画・アニメ・漫画・その他動画

「オーバーロード」ってそんなに面白いの?アニメを観た僕の感想!

投稿日:

アニメ大好きガハラです!

この記事では今3期が絶賛放送中のアニメ「オーバーロード」を紹介しています。

  • どんなストーリー・世界観なのか
  • 面白さはどんなところにあるのか

の2つを主にお話していきます。

 

「オーバーロードってアニメが流行ってるらしいけど今からでも見ようかな」

「面白いって聞いたけど、そんなに面白いの?」

そんな疑問を持っている方はぜひ参考にして下さい。

 

ちなみにこれからオーバーロードを観ようと思っている方を考慮して、ネタバレはありませんのでご安心を!




オーバーロードの基本情報まとめ

  • ジャンル:ダークファンタジー
  • 原作:ライトノベル(既刊13巻)
  • 作者:丸山くがね
  • アニメ:全39話(13話×3期)

 

オーバーロードの原作のライトノベルは発行数760万を突破!

「SUGOI JAPAN Award2016」のラノベ部門では第4位、「このライトノベルがすごい!(2017年)」で単行本・ノベルズ部門第1位と人気絶好調です。

原作のAmazonでの評価はほぼ満点に近く、たくさんのファンを獲得しているオーバーロード。

一体何がそんなに面白いのか。

 

オーバーロード全話を観ている僕なりにオーバーロードの面白さについて語っていきます。

 

オーバーロードのここが面白い!ポイント3つ

オーバーロードのあらすじ

オーバーロードのあらすじ

長らく続いたVRMMORPG「ユグドラシル」がサービス終了を迎え、ゲーム内で栄光を誇ったギルド「アインズ・ウール・ゴウン」のメンバーであるプレイヤー、モモンガはギルドの本拠地「ナザリック大墳墓(だいふんぼ)」で一人、最後の瞬間を待っていた。

カウントダウンが始まり、モモンガは目を閉じてかつての仲間達との思い出に浸る。
しかし、サービス終了の時刻になっても強制ログアウトは起こらない。

それどころか、プレイヤーが命令しなければ行動しないはずのNPCたちが意思を持って動き出し、生きて言葉を発することに驚いたモモンガは、彼自身もゲームの中の(自分が作った)キャラクターとなってしまっていることに気付く。
ナザリック大墳墓は、「ユグドラシル」とは似通っているが異なる世界に転移していた。

転移後の世界で、モモンガはかつてのギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」に名乗りを改め、ナザリック地下大墳墓の勢力を率いて行動を起こす。
その目的は、アインズ(モモンガ)が不用意に口にした「世界征服」である。

彼は、自分たちの力がこの世界の水準と比較してあまりにも強大であることを認識しつつも、まだ見ぬ強者、未知の技術の可能性を疑い、何よりその裏に見え隠れする別のプレイヤーの存在や痕跡を探るため、慎重な姿勢を崩さずに挑んでいく。

Wikipediaより

「あらすじ読むのめんどくさいわ」という方は以下の3行だけ目を通して下さいね。

3行でわかるオーバーロードのあらすじ

1. ゲーマーの主人公「モモンガ(ハンドルネーム)」はプレイ中のゲームの世界からログアウトできなくなる
2. モモンガはプレイヤーの命令によって行動するはずのNPCに自我が生まれたことに気付く
3. モモンガのいる世界はプレイ中のゲームがベースになっているよう。自分と同じようにログアウトできずに迷い込んだ人を探すべく、情報集めを始める

アニメにそこそこ詳しい人であれば、このあらすじを聞いて思い出すのはあの作品ではないでしょうか。

確かにファンタジーという点と主人公が超強い点は某アニメと似ているかもしれません。

しかし、どちらも視聴している僕から言わせば「面白さのベクトルがまるで違う」のです。

 

 

面白さ1. 最高レベルの主人公が敵を圧倒するところ

オーバーロード ブラックホール
© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

 

廃ゲーマー主人公モモンガのゲームプレイ時のレベルはMAXの100。

そのLv.100のステータスが異世界にそのまま引き継がれているので、めちゃくちゃ強いんです。強くてニューゲームです。

 

 

そして一般人のレベルはせいぜい10前後、人間で最強と呼ばれる兵士たちでもせいぜい20程度。

そんな圧倒的差があるのを知らず「俺様とやるのかあ?」と挑んできた敵をモモンガが一撃で葬りさるのがなんと気持ちいいことか!

 

オーバーロードを観ているときだけ、まるで自分が神にでもなったんじゃないかと錯覚するわけです笑

余裕ぶった敵をモモンガが倒していくのが快感すぎてやばい!

 

「あれは人じゃない・・・」「神話のレベルだ・・・」

威勢のよかった敵が1分後には腰を抜かしてモモンガの前にひれ伏せるのは、なんとも癖になるシーンです。

 

ガハラ
主人公最強系のアニメが好きな人はぜひ観て欲しいアニメです!

 

面白さ2. 強すぎる&個性豊かなNPCたち

オーバーロード 守護者たち
© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

 

本来自我がないはずのNPC。

彼らに自我が目覚めると、なんと個性豊かで魅力的なことか。

 

僕の一押しのキャラはヴァンパイアのシャルティア・ブラッドフォールン。

胸がやたらと膨らんでいますが、なんでも仕込みパッドなんだとか。

オーバーロード シャルティア・ブラッドフォールン
© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

 

そういうところ、見た目もですけど可愛くないですか!?

「〜でありんす」という語尾も話数を重ねるごとに癖になってきます。

 

そんなふざけた設定のシャルティアですが、超超超強い。

レベルでいうと、モモンガと同じ最高の100です。

 

若干のネタバレになりますが、あることからモモンガはシャルティアと戦うことになります。

そのときは、モモンガ自身が「あいつと互角に戦えるのは自分だけだ」と言っていました。

 

その戦闘シーンで明かされたシャルティアのスキルも強烈でしたね、、、

「チートやチーターや!」と誰かが起こってきそうなほどです。

 

面白さ3. 高度な魔術合戦の戦闘シーン

ほとんどの敵を一撃、舐めプで撃破していくモモンガ。

色々とあって、仲間のうちの1人シャルティアと戦うことになります。

 

このシャルティア戦、非常に見応えのある戦いでした。

 

「超位魔法 フォールンダウン!!!」

オーバーロード フォールンダウン
© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

 

こういうの、とりあえずなんか口に出したくなりません?

戦闘シーンはもちろんのこと、こういった横文字が常に聞けるのもおもしろかったですね。

 

タイマン最強と言われているシャルティアとの戦い。

オーバーロード1期では間違いなく一番面白いシーンですので、ぜひ観て下さいね!

スポンサーリンク




オーバーロードの全話はAmazonプライムで観れる


© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

 

ここまでオーバーロードのおもしろさについて紹介してきました。

言葉では言い表せない面白さがあるので、ぜひ観て下さいね。

 

ちなみにオーバーロードの1期・2期・3期はAmazonプライムで全話視聴可能です。

Amazonプライムは本来有料のサービスですが、初めて登録する方には無料期間1ヶ月があります。

なお学生の方は無料期間が半年に延長されますよ、ぜひ活用してオーバーロードを観て下さいね!

 

以上、「オーバーロード3期の感想!おもしろさはどんなとこにある?ポイント3つ」でした!

 

▼アニメを観るのにどの動画サービスがいいか比較しました!登録しようか悩んでいる方は参考にして下さいね




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-映画・アニメ・漫画・その他動画

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.