毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

飲食

ネスカフェドルチェグストのマシンが無料の定期購入はお得なのか?実際に買ってみました

投稿日:

この記事では、ネスカフェドルチェグストを1年ほど使ってみて感じたことと、マシン無料のカプセル定期購入について書いていきます。

 

ガハラです!

 

僕は毎朝コーヒーを飲むのですが、毎日用意するのってけっこうめんどうなんですよね…
そこで買ったのがネスカフェドルチェグストというコーヒーメーカーです。

 

結論から言うと、お手入れも簡単ですぐにコーヒーを作れて使いやすい!便利です。
詳しく紹介していくので、購入前の参考にしてみてくださいね。




 ネスカフェドルチェグストのマシンは使いやすくスピーディー

実際にマシンを使ってラテを作ってみます!

 

ネスカフェドルチェグストの使い方

ネスカフェドルチェグストを使えば、3分足らずで美味しいコーヒーを淹れることができます。

使い方の手順を簡単に紹介します。

 

①タンクに水を入れ、電源ボタンを押す

緑の電源ランプがチカチカし始めるので、点灯するまで待ちます。

 

タンクの容量は600mlあるので、毎回水を入れる手間はありません。
※コーヒー1杯で約120mlです

 

②専用のカプセルをセット

ネスカフェドルチェグストでは画像のような専用のカプセルを使います。
キャラメルマキアートの場合はミルクがついて2つ。

コーヒーのときは左の黒いの1つでOK。

 

本体にコーヒーカップを置き、カプセルをセット。
これで準備は完了です。

 

③レバーをスライドして抽出

マシン上部に付いているレバーをスライドすると抽出されます。
左にスライドすると水、右でお湯が出ます。

ホットドリンクだけでなく、アイスコーヒーなどの冷たい飲み物も作れますよ。

抽出中はこんな感じです。
あんまりよくばって多く入れると薄くなるので注意。

 

適当なとこでレバーを真ん中に戻すと、止まるので完成です!

たった数分でおいしそうなラテが作れました!
操作も簡単で使いやすいです。

 

ちなみに、僕が使っているのはピッコロプレミアムというマシンです。
が、上位互換のジェニオ2プレミアムというマシンだと、自動で抽出が止まります。

 

薄すぎず、濃すぎず、丁度よい加減で作れるのはとても便利ですよね。
このジェニオ2プレミアムは無料で手にいれる方法があるので、後で紹介します。

 

後片付けも簡単

普通のコーヒーメーカーってけっこう後片付けが面倒なんですよね。
フィルターを使うタイプだったら捨てなきゃいけないし、微妙に洗い物もあるし。

 

ネスカフェドルチェグストはマシン全て専用のカプセルを使います。
なので、フィルターはいらないですし、直接カップに注ぐので余計な洗い物は一切なし。

左はカップを乗せる台、右はカプセルのセット台です。
カプセルを捨て、軽く水洗いするだけで片付けは終わりです。

 

ネスカフェドルチェグスト のマシンを無料で手に入れる方法

気になるのはマシンの価格。
紹介したピッコロプレミアムというマシンは定価3,980円、Amazonでも3,480円です。

普通のコーヒーメーカーだと2,000円ぐらいで買えるものもあるのでちょっと高いですよね。

 

しかし、マシンを無料で手に入れる方法があります。
しかも、手に入るのは抽出が自動で止まるオートストップ機能付きでさらに使いやすいジェニオ2プレミアムです。

 

ちなみに普通に購入しようとすると、1万円近くするマシンです。


参考:ネスカフェ公式HP

 

ジャニオ2プレミアム(マシン)を無料で手にいれる方法

手に入れるとしていますが、正確には無料でレンタルになります。
結論から言うと、専用のカプセルを定期購入することで、マシンは無料になります。

 

「でもそのカプセルがお高いんでしょ?」と思われる方もいるでしょう。

 

カプセルは箱でまとめて買うので決して安くはありません。
しかし、缶コーヒーを買い続けている人、お店でよく飲む人であれば絶対にお得です。

 

使い方でも書いたとおり、数分で用意できて後片付けが楽なのも良い点です。
また、全部で23種類のドリンクがこのマシン1つで作れます。

 

僕はコーヒー以外もたまに飲みたくなります。
今回作ったラテのような本格的なドリンクを自宅で楽しむにはもってこいですね。

 

カプセルの定期購入についてもっと詳しく解説

購入のタイミング2ヶ月に1回1ヶ月に1回
購入の数4箱 もしくは 6箱(左に同じ)
カプセルの割引4箱で5%、6箱で10%オフ(左に同じ)

 

カプセルの定期購入は1ヶ月、もしくは2ヶ月に一度購入する必要があります。
一度に購入する数は4箱・6箱の2パターン。

 

4箱コースの場合は5%、6箱の場合は10%の割引が適用されます。

 

そして気になるカプセルの価格はこちら。


参考:ネスカフェ公式HP

 

こんな感じで23種類ある中から好きなのを毎回4つ、もしくは6つ選びことができます。
4箱買うと3000〜6000円ぐらいはしますが、月単位で見れば実はそんなに高くありません。

 

もし缶コーヒーに毎日100円使っているなら、1カ月で3000円の出費。
上のレギュラーコーヒーの場合は30杯入り(1カ月分)で1596円。

 

一時的な出費は大きく感じますが、月のトータルでみると意外と安いのです。
ちなみに何箱買ってもいつでも送料は無料です。

 

マシンを買うかカプセルを定期購入するか

ネスカフェドルチェグストを使うにあたって、方法は2つです。

 

  1. マシンを実費で購入してカプセルを好きなときに買う
  2. カプセルを定期購入してマシンは無料

 

Amazonなどで買えばマシン代は少し安く買えます。
最初にお金が必要となりますが、カプセルを好きな時に必要な分だけ購入できます。

 

しかし、カプセルは定価で購入しなければいけません。
定期購入の場合は最大で10%の割引が適用されるため、買うたびに少し損をしている気分になります。

 

一方でカプセルを定期購入すれば、マシン代は無料。
さらに最大で10%オフの価格でカプセルを購入できます。

 

しかし、カプセルを最低でも2ヶ月に一度4箱以上買う制約がつきます。

 

こんな人には定期購入がおすすめ

4箱買うと組み合わせにもよりますが、60〜100杯近くになります。
これを2ヶ月以内に消耗できないと、カプセルの在庫が増えていくので持て余してしまいます。

 

これを考慮すると、以下のような方は定期購入がおすすめです。

 

  • コーヒー系の飲み物をほぼ毎日飲む方
  • 自分以外にも家族飲む人がいる方

 

僕の場合は毎日必ず朝に飲みますし、休日は1日3杯飲む日もあります。
そういったコーヒーのヘビーユーザーの方は2ヶ月できっちり消耗できるはず。

 

また、家族でコーヒーを飲む人がいればカプセルが余ることも少ないでしょう。

 

定期購入はマシン代はタダ+カプセルを割引価格で買えます。
そのため、一見制約がつくように見えますが、使う頻度によっては得しかありません。

 

定期購入は解約も簡単

カプセルの定期購入は、マシンを返却すればそれ以外のお金(解約金など)は一切かかりません。
定期購入を3回したあとは、好きなときにいつでも解約することができます。

 

最短で3ヶ月で定期購入をやめれる、というわけですね。

 

なので、「マシン無料は嬉しいけど、頻繁に使うか分からない」という方は、まずは定期購入で試してみるのがいいでしょう。

 

もしカプセルが余ってしまっても、マシン返却後にAmazonで安く買って消耗すれば無駄にはなりません。

 

さらに、定期購入を申し込むとお試しカプセル(1480円相当)がもらえます。
マシン無料で使えて、10種類のドリンクがその場ですぐに試せるのは嬉しいですね。


参考:ネスカフェ公式HP

 

加えて、キャンペーン期間中の3/28までに6箱の定期購入を申し込めば、500円分のショッピングポイントがもらえます。
このポイントを使ってカプセルを安く買うことも可能です。

 

解約は次のお届け日の10日前までにする必要があるので、その点だけ注意です。

定期購入&マシン無料でまずは試してみよう

ネスカフェドルチェグストのメリット。
それは飲みたいときにすぐ用意でき、片付けも楽チンなことです。

 

また、今まで家では飲めなかったカプチーノやラテなど色んな種類のドリンクを楽しめます。

 

カプセルの定期購入は一見デメリットに見えます。
しかし、コーヒーをよく飲む人は割引の価格でカプセルを安く買えますし、マシンを無料で試すことができます。

 

様子を見て、定期購入を解約。その後、自分でマシンを購入して好きな時にカプセルを買う。なんて運用方法もあります。

 

申し込むだけで何種類ものドリンクがすぐ飲めますし、定期購入はかなりメリットがあります。
ぜひ一度試してみてくださいね。

 

以上、「ネスカフェドルチェグストのマシンが無料の定期購入はお得なのか?実際に買ってみました」でした!






  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-飲食

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.