毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

雑記

手取り15万円でも貯金100万円を達成した僕の節約術8つを紹介!

更新日:

ガハラです!

 

実は僕、基本給だけだと手取りは15万円ほどしかありません。
そんな僕でも2年がかりでなんとか貯金100万円を達成しました。

 

決して楽して貯めたわけではなく、意識的な節約によるものです。
僕は実家を出たので家賃。学生時代の奨学金。
固定費をトータルすれば毎月給料の半分以上は吹っ飛んでいます笑(笑えないけどね、、、)

 

今回は、こんな低所得でそこそこ出費のある僕でも100万円貯めることができた節約術のうち、比較的簡単にできる8つの節約術を紹介します。
今日、明日から実践できるようなことばかりなのでぜひ参考にしてみてください。

手取り15万円でも貯金100万円を目指す節約術8つ

缶コーヒーをインスタントコーヒーにする

サラリーマンのお供とも言えるコーヒー。
まさか毎日100円の缶コーヒーを飲んでいたりしませんか・・・?

 

今すぐやめて、インスタントコーヒーにしましょう。

一杯あたりおおよそ75円の節約になります。

 

具体的には、プラスチックのコップとインスタントコーヒーを会社に置いておきます。
あとは飲みたくなったら給湯室で入れるだけ。ね、簡単でしょ?
コップは持ち運びしやすいプラスチック製がおすすめです。

 

インスタントコーヒーは大きい箱のやつで買ったほうが1杯あたりが安くなります。
1年で245日、毎日コーヒーを飲んだとして、年間で約2万円の節約です。

 

 

水筒にお茶を入れて持参する

また飲み物かよ、と思われるかもしれません。そうです、また飲み物です。
会社に毎日8時間、10時間といると水なりお茶なりそこそこ飲みますよね。
毎日ペットボトルを買っていないでしょうか。

 

実は家でお茶を作るとめちゃくちゃ安上がりです。
ティーバッグを買えば数ヶ月は持ちますし、たったの200円です!

 

手間は以下の2つだけ。

【週に数回】
ティファールでお湯を沸かす→適当な容器にティーバッグを入れる&お湯を入れる

【毎日】
水筒にお茶を入れる

 

水筒を魔法瓶にすれば、真夏でも常に冷たいお茶が飲めます。
たったこれだけで年間で約3万5千円の節約です。

 

 

お昼はカップ麺を食べる

はじめに言っておきますが、カップ麺は体に悪い(らしい)ので食べすぎには注意を。

 

コンビニでおにぎりやお弁当を買うと、昼食に500円以上は使ってしまいます。
そこでおすすめしたいのが、大きめサイズのカップ麺。

 

200円ほどで買えますし、お腹もかなり満たされます。
おにぎりを1つ足しても300円ほど。

 

まとめ買いをすると安く買えますし、会社にストックしておくことも可能です。
1日200円の節約とすると、年間で約5万円の節約です。

 

 

夕飯の献立に冷凍食品を取り入れる

コンビニ弁当って意外と高いんですよね、、、
しかし、お弁当に比べると冷凍食品はかなり安いのを知っているでしょうか。
冷凍食品ならレンチンだけなので、手間もかかりません。

 

僕自身がはまっているのは、味の素の「ザ・チャーハン」
正直、自分で作るよりうまくね?というほど。

 

ちなみに1袋が500円で2食分になります。
しつこいですが、本当に美味しいので週に2食は余裕で食べれてしまうほど。

 

毎日コンビニ弁当で夕飯代が500円とすると、年間で約2万5千円の節約です。

 

お菓子は袋詰めや大きいのを買う

お菓子は別に食べなくても死にませんし、断てることならそれに越したことはありません。
まぁでもたまには食べたいお菓子。

 

どうせ買うなら大きいサイズを買いましょう。
2,300円でチョコの袋入りなんかが売っていたりしますよね。あれです。

 

あればあるだけ食べてしまう、という人には向きません。
「家にまだお菓子はある」「1日3個まで」みたいな心掛けが大切になります。

 

週に3回100円程度のお菓子を買っているとして、年間で約1万円の節約です。

 

ちなみに、亀田製菓の柿の種は200円で6袋入り+お腹が満たされるというウルトラコンボで素晴らしくコスパがいいです。
柿ピーは正義。

 

コンビニに立ち寄る頻度を減らす

コンビニに立ち寄ると、ついついあれやこれやと買いがち。
しかもコンビニはどの品も単価が高い。

 

というわけで、じゃあ行かなければいいじゃん、という方法。
夕食はさきほどの冷食を食べるなど工夫し、極力買いだめを意識しましょう。

 

仕事帰りに毎日コンビニに立ち寄り200円使っているとして、年間で約5万円の節約です。

 

スマホを格安スマホに変える

まだスマホに月6000円も8000円も払っている人は今すぐ見直して下さい。
格安スマホにすると、月額2,3000円ほどで運用出来るようになります。

 

ただし、SIMフリーの端末が必要になるので、持っていない人は初期投資が少々必要。
ここ23,年で買い換えた人は間違いなく大丈夫です。

 

大手の会社で契約しているのと格安スマホの差額を月額5000円とすると、年間で約6万円の節約です。

 

ソシャゲの課金をやめる

それデータだからね。流行が終われば、ただのゴミだからね。

 

月に1万円課金しているとして、年間で約12万円の節約です。

 

ふるさと納税をする

自己負担額2000円で出来る今話題のふるさと納税。

例えば、3万円分寄付すると、自己負担額を差し引いた2万8千円分の税金が免除となります。

 

特産品は消耗品や食料もあるので、やらない理由がありません。

クレジット払いで出来るので、ポイントも溜まります。

 

平均年収が300万円ぐらいとすると、年間で約3万円の税金控除が受けられます。

 

貯金で大切なのは自分への厳しさと継続力

今回紹介した方法を全部実践出来れば年間40万円の節約です。
そうです、これを毎日ずっと継続して2年経てば節約分で100万円の貯金ができるはずなんです!

 

そのために大切なのは、自分に厳しくあること。
「今日ぐらいはちょっと贅沢してもいいよね」
その考えを今日から改めましょう。

 

100万円の貯金は簡単ではないです。
そんな生半可な気持ちでは貯まりません。

 

紹介したような節約術を継続する力。
それに加えて「絶対100万円貯めてやる!」という折れない気持ち。
これが数年続けば、必ず100万円の貯金は達成できます。ぜひ明日から節約を実践していきましょう。

 

以上、「手取り15万円でも貯金100万円を達成した僕の節約術8つを紹介!」でした!




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-雑記

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.