家電

ネスカフェドルチェグスト定期便のメリットとデメリットまとめ!こんな方におすすめです

更新日:

この記事はこんな方におすすめです

・ネスカフェドルチェグストの定期便をしてみようと考えている方

・ネスカフェドルチェグストの定期便について詳しく知りたい方

兼業ブロガーのガハラです!

この記事では、ネスカフェドルチェグストの定期便がどういったものであるか。また、メリットやデメリットなどを紹介していきます。

 

僕も実際に使っているネスカフェドルチェグスト。

一言でいうと、超便利で美味しい!

詳しくはこの後お話しますが、ネスカフェドルチェグストを使えば自宅でカプチーノやラテ、マキアートなどが気軽に楽しめるのです。

 

また、カプセルを定期便で頼めばマシンにかかるお金は0円。

僕自身、この初期費用がかからない点が定期便に申し込む決めてとなりました。

 

ではまずはネスカフェドルチェグストの定期便の内容についてお話します。

「定期便を申し込んでみようかな」という方は最後までぜひご覧ください。

 

▼ネスカフェドルチェグストの公式サイトはコチラ!

 

スポンサーリンク




ネスカフェドルチェグスト定期便の内容について

ネスカフェドルチェグスト 定期便のバナー

ネスカフェドルチェグストの定期便について、ポイントをまとめると以下の通り。

ドルチェグスト定期便のポイント

  • カプセルを定期購入することでコーヒーマシンが0円で使える
  • カプセルは2ヶ月に1回お届け
  • 1回にお届けするカプセルは4箱 or 6箱から選択
  • 4箱コースはカプセル料金5%オフ、6箱コースは10%オフ
  • カプセルは最低3回受け取る必要あり(4回目以降はいつでも解約可能、解約料金0円)
  • 定期便を解約するとコーヒーマシンを返却しなくてはならない

まず注意点として、ネスカフェドルチェグストの定期便には継続の制約があります。

それがカプセルを最低3回は受け取らないといけないということ。

4回目以降はいつでも解約できますが、それまではカプセルを定期購入する必要があります。

 

しかし、その恩恵として定期便を継続している間はコーヒーマシンが無料で使えるのです。

使えるマシンは、ジュニオアイという最新の機種。

 

ちなみに、ジュニオアイは購入しようと思うと1万円以上するマシン。

その出費を考えると、定期便に申し込んでマシンをタダで使った方がお得ですよね。

しかも、定期便を継続している間はカプセルに割引が適用されます。最大10%の割引と見逃せない値引率。

 

「ドルチェグストを試してみたい。でも初期費用がかかるのは嫌だな」

そんな方にネスカフェドルチェグストの定期便はおすすめです。

 

ネスカフェドルチェグスト定期便のメリットとデメリット

ざっくりとドルチェグストの定期便について紹介してきました。

ここからはドルチェグストの定期便について、メリットとデメリットに分けてより詳しくお話していきます。

ドルチェグスト定期便のメリット

  1. ネスカフェ専用のコーヒーマシンが無料で使える
  2. 様々なコーヒーが簡単操作で楽しめる
  3. カプセルがお得な価格で購入できる
  4. 1,480円相当のカプセルセットが付いてくる

ドルチェグスト定期便のデメリット

  1. カプセルを3回受け取るまで解約はできない
  2. カプセルが余る可能性がある

 

メリット1:ネスカフェ専用のコーヒーマシンが無料で使える

ネスカフェドルチェグスト「ジェニオ2プレミアム」※画像のはジェニオ2プレミアムという旧機種です

 

すでにお話しましたが、ネスカフェドルチェグストの定期便に申し込むことで専用のコーヒーマシンがタダで使えます。

普通に買えば13,980円するコーヒーマシン「ジュニオアイ」

 

ジュニオアイには、自動で抽出をとめてくれるオートストップ機能。

さらに、Bluetoothでスマホと連携できるなど高スペックなネスカフェの最新マシンなのです。

そんなコーヒーマシンがタダで使えるというのは、定期便の最大のメリットといえますね。

 

ただし、定期便解約の際はマシンの返却が必要な点。

そして、マシン返却時の送料は自己負担である2点についてはご注意を。

地域にもよりますが、マシン返却時の送料はだいたい1,000円〜2,000円となるでしょう。

 

たまに「ネスカフェドルチェグストの定期便に申し込むとマシンがもらえます!」という宣伝をみかけますが、それは間違い。正確にはマシンのレンタルです。

 

とはいえ、高額なマシンが0円で使えるのはやはり魅力的。

「ドルチェグストを試してみたい」

「ドルチェグストがどんなものかお試しで使ってみたい」

ネスカフェドルチェグストの定期便は、そんな方向けのサービスであるといえます。

 

メリット2:様々なコーヒーが簡単操作で楽しめる

ネスカフェドルチェグストのカプセル

ネスカフェドルチェグストのマシンで作れるのはブレンドコーヒーだけではありません。

  • カプチーノ
  • チョコチーノ
  • ラテマキアート
  • ソイラテ

などなど、カプセルの種類は全部で20種類以上!

普段は喫茶店でしか飲めないようなラテ系も自宅で楽しむことができます。

 

しかも、マシンの操作は超簡単。

  1. タンクに水をセット
  2. カプセルをセット
  3. レバーを倒す

以上のたった3ステップ。

 

ラテやマキアート系はカプセルが2つあるので、半分ずつを目安に入れるだけ。

ドルチェグストのマシンが1台あるだけで、気分は小さなコーヒー屋さんです。

マシンの使い方については後ほど詳しく解説します。

 

メリット3:カプセルがお得な価格で購入できる

ネスカフェドルチェグストの定期便では、2ヶ月ごとにカプセルをお届け。

そして、1回に注文する箱数に応じて割引がかかります。

カプセルの割引率

  • 1回あたり6箱以上:10%オフ
  • 1回あたり4箱以上:5%オフ

カプセルによりますが、1箱あたりの価格はおおよそ1,000円前後。

ですから、10%オフの場合は1箱あたり100円近い値引きがされるということですね。

 

6箱コースであれば、1回につき総額600円以上も安くカプセルを買えるのです、見逃せない金額ですよね。

 

ちなみにネスカフェドルチェグストのカプセルはAmazonにも取り扱いがあります。

しかし、Amazon内ではカプセルの価格は定価。

そのため、Amazonでカプセルを買う価格的なメリットはありません。

 

マシンも無料で使え、カプセルもお得な割引価格で買える。定期便はお金に関するメリットが盛りだくさんです。

 

メリット4:1,480円相当のカプセルセットが付いてくる

バラエティカプセルセット バナー

「カプセルが20種類以上もあると、どれを選んでいいのか悩むな」

そう悩む必要はありません。

なぜなら、ドルチェグストの定期便に申し込むとバラエティカプセルセットが付属するからです。

 

バラエティカプセルセットは11種類のカプセルをお試しできるセット。

普通に買えば1,480円しますが、定期便に申し込めば特典としてタダで入手できますよ。

 

そして、バラエティカプセルセットの内容は以下の通りです。

参考:バラエティカプセルセットの内容

各2杯分

  • リッチブレンド
  • モカブレンド
  • カフェオレ
  • レギュラーブレンド
  • フラットホワイト
  • ミルクティー

各1杯分

  • アイスコーヒーブレンド
  • エスプレッソインテンソ
  • カプチーノ
  • チョコチーノ
  • 宇治抹茶ラテ

1種類ずつの量は少ないですが、何種類ものカプセルがお試し可能。

気に入ったカプセルがあれば、次回の定期便でリピートしてみましょう。

 

バラエティカプセルセットが付くのは定期便だけです。

ココがポイント

・定期便を利用している間はマシンがタダで使える

・注文する箱数に応じてカプセルが割引価格に(最大10%オフ)

・定期便申し込みの特典として1,480円のバラエティカプセルセットが付属

最新マシンが無料で使える

ネスカフェドルチェグスト公式サイトはコチラ

※1,480円相当のカプセルセット付き

 

デメリット1:カプセルを3回受け取るまで解約はできない

ここからは、ネスカフェドルチェグストの定期便についてデメリットをお話していきます。

 

まず1つ目のデメリットは、冒頭でも少しふれたように解約の制限があることです。

定期便では、2カ月ごとに4箱 or 6箱のカプセルをお届け。これを3回受け取るまでは定期便の解約はできません。

もちろん4回目以降はいつでも解約できますし、お金もかからないのですが。

 

といっても、マシンがタダで使える+カプセルの割引という定期便のメリットを考えれば、そこまで気にならないデメリットです。

事実、僕はもうすでにカプセルを5回以上受け取っていますし。

 

また「出来るコーヒーの味が口に合わなかったらどうしよう」という心配もいりませんよ。

20種類以上のカプセルが用意されているため、必ずあなたが美味しいと感じるコーヒーに巡り合えます。

ネスカフェドルチェグストで出来るコーヒーについては後ほど詳しく解説します。

 

デメリット2:カプセルが余る可能性がある

ネスカフェドルチェグスト チョコチーノ カプセル

ネスカフェドルチェグストの定期便では、2カ月ごとと決まった期間にカプセルが送られてきます。

そのため、前に買ったカプセルを消費する前に次のカプセルが来てしまう可能性があるのです。

そうなればカプセルが余ってしまうので、とても勿体ないですよね。

 

では、どのくらいのペースで飲めばカプセルを消費しきれるのか。

結論からいうと、1日1回程度ドルチェグストを使っていればカプセルが余ることはありません。

 

カプセルは1箱あたり16杯分 or 8杯分。(ラテ系などは1杯作るのにカプセルを2個消費するため1箱で8杯)

4箱コースの定期便とすると、1回に送られてくるカプセルの最大量は64杯分。

4箱の中にはチーノやラテを入れる方が多いでしょうから、実際には50~60杯の間になるでしょう。

 

つまり、2カ月の間に50~60杯のコーヒーやラテを飲んでいれば、カプセルが余ることはありません。

2カ月に50杯ということは、ほぼ毎日ドルチェグストを使っている計算ですね。

 

「そんなに使うかな」という心配もあることでしょう。

しかし、コーヒーが好き・飲むのが習慣になっている方であれば2カ月に50杯なんてあっという間。

事実、僕は一人で4箱を消化しきっていますから。

 

また、家族と一緒に飲むということもあるでしょうから、家庭がある方はなおさらカプセルが余る心配はいりませんね。

チョコチーノなどは甘く、小さい子でも飲める味。お子さんもきっと気に入るはず。

3人・4人家族とドルチェグストを頻繁に使いそうな方は、6箱コースの定期便にしてもよいでしょう。

ココがポイント

・カプセルを3回受け取るまでは定期便の解約はできない
マシン代がタダ、カプセル割引のメリットを考えれば気にならない。3回は意外とあっという間

・カプセルを使い切る前に次の定期便が来る可能性がある
→ほぼ毎日ドルチェグストを使っていれば問題なし

 

ネスカフェドルチェグストで出来るコーヒーについて

つづいて、ネスカフェドルチェグストのマシンで作るコーヒーの味についてご紹介します。

結論をいうと、ポイントは以下の2つ。

  • 味は美味しくお店のコーヒーに匹敵
  • 1杯あたりの単価は60円~120円(定価)

 

味はお店で出てくるコーヒーに匹敵

「コーヒーマシンで出来るコーヒーの味なんてたかがしれているでしょ?」

はい、僕もそう思っていたうちの1人です。

しかし、ドルチェグストで出来るコーヒーは想像以上にクオリティが高い!とくにラテ系がおすすめです。

 

ドルチェグストを使ってできるラテはお店で出てくるのと同じようにミルクは泡立ち、それとなしに感じる深いコク。

喫茶店で数百円も出してコーヒーを飲むのがバカらしく感じるぐらいです。

 

さらにちょっと前には、スターバックスのカプセルが発売され始めました。

ネスカフェドルチェグスト スターバックスカプセル バナー

「スタバのコーヒーが自宅で飲める」

コーヒー好きの僕としては、これほど嬉しいことはありません。

 

コーヒーの味に敏感な方でも、ぜひネスカフェドルチェグストを使ってみて下さい。まちがいなく満足できる味ですから。

 

1杯あたりの単価は?

「ネスカフェドルチェグストのコストパフォーマンスについて知りたい」

そんな方向けに、1杯あたりの単価についてここでお話します。

 

カプセルによって単価は変わりますが、大まかには以下のどちらかです。

・1杯あたり58円:1箱16杯入りのカプセルの場合
・1杯あたり100~120円:1箱8杯入りのカプセルの場合

上記の単価はあくまで定価。

ですから、定期便の場合は上の価格に5%もしくは10%の割引がかかります。

最安だと1杯52円(58円×90%)でコーヒーを飲めることになりますね。

 

「なるべく安い価格でコーヒーを飲みたい」ということであれば、1箱16杯入りのカプセルだけを注文するようにしましょう。

ちなみに、16杯入りのカプセルは以下のつです。

参考:16杯入りのカプセル一覧

  • ローストブレンド
  • レギュラーブレンド
  • レギュラーブレンド カフェインレス
  • カフェオレ
  • 宇治抹茶
  • モカブレンド
  • オリジナルブレンド
  • リッチブレンド
  • カフェオレ カフェインレス
  • カフェオレ インテンソ
  • アイスコーヒーブレンド
  • フラットホワイト
  • ミルクティー
  • エスプレッソ インテンソ

「1杯100円ってちょっと高いな」

そう感じる方もいらっしゃるでしょうが、喫茶店で飲むよりはよっぽど安価ですよね。

つい無意識ながら喫茶店に行きがちな方は、ネスカフェドルチェグストを活用することでコーヒー代の節約になりますよ。

 

カプセルの入手方法と最安値

ドルチェグストのカプセルの入手方法、およびリッチブレンド(定価980円)の値段は以下の通り。

  • ネスレ通販:980円
  • ドルチェグストの定期便(4箱コース):930円(5%オフ)
  • ドルチェグストの定期便(6箱コース):882円(10%オフ)←最安!
  • Amazon:981円
  • 楽天市場:1345円(内送料570円)
  • スーパー等:約1,000円

Amazonや楽天市場などでもカプセルは購入可能。しかし、割高でカプセルを買うことになりますので損です。

 

カプセルの価格は定期便を利用し、割引価格で買うのがもっとも安いという結論でした。

Amazonで買うとなんでも安いと思いがちですが、ドルチェグストのカプセルは例外。定期便購入がもっともお得ですので、ご注意ください。

 

▼ネスカフェドルチェグスト定期便のお申し込みはコチラ!

 

ネスカフェドルチェグストのコーヒーマシンについて

「コーヒーマシンで美味しいコーヒーが飲めるのは分かったけど、うまく使いこなせるかな」

「コーヒーマシンの手入れが面倒くさそう」

そんな心配がある方もいらっしゃることでしょう。

 

結論からいうと、ドルチェグストのマシンは操作が超簡単。手入れもカプセルを捨てる程度なので家事の負担にもなりません。

 

定期便で使えるマシンは「ジェニオアイ」

ネスカフェドルチェグスト ジェニオアイ

ネスカフェドルチェグストの定期便に申し込むことで使えるマシンは「ジェニオアイ」という機種。

ジェニオアイは、コーヒーの抽出が自動で止まるオートストップ機能。さらにBluetoothに対応とネスレ最新のコーヒーマシンです。

 

くりかえしになりますが、ジェニオオイは普通に買おうとすると13,980円もする価格の高いマシン。

そんなジェニオアイをタダで使えるのが定期便の最大のメリットといえます。

 

マシンの使い方と手入れはとても簡単

つづいて、ドルチェグストのマシンの使い方と手入れ方法について。

まず使い方ですが、とても簡単です。

ネスカフェドルチェグスト マシンの使い方手順

  1. カプセルと水をセット
  2. カプセルに合わせてメモリを調整
  3. レバーを倒す
  4. 抽出が終わったら完成!

ドルチェグストのマシンを使えば、1,2分で美味しいコーヒーが簡単に完成です。

 

そして、手入れも簡単。

ドルチェグストのカプセルを捨てる様子

使い終わったらカプセルを捨てるだけでOK。コーヒーを連続で作るときもカプセルを新しいのに取り換えるだけです。

時折、カプセルの口と受け皿も洗うとよいでしょう。

 

ジェニオアイには従来のコーヒーマシンのように、コーヒーの粉やフィルターなどは一切ありません。

さっと使えてさっと片づけられる。家事の負担にならないジェニオアイはとても優秀です。

 

ネスカフェドルチェグストの定期便はこんな方におすすめです

ネスカフェドルチェグストはこんな方におすすめ

  • 自宅で簡単かつ手軽に色んなコーヒーを楽しみたい方
  • 初期費用なしでコーヒーマシンが欲しい方
  • 喫茶店に行くことが多く、コーヒー代を節約したい方

ネスカフェドルチェグストの定期便に申し込むことで、マシン代はタダ。

さらにカプセルも5%・10%オフとお得な価格で手に入ります。

 

継続期間が設けられていることは注意が必要ですが、初期費用0円で美味しいコーヒーが自宅で楽しめるのはとてつもないメリットです。

 

定期便で注文できるカプセルは20種類以上あり、とくにスタバのカプセルがおすすめです。

通常のカプセルよりやや割高ですが、しっかりスタバのコーヒーの味がしますよ。

 

また、子供向けの甘いカプセルもたくさんあるのが嬉しいポイント。家族でドルチェグストを使えば、カプセルが余る心配もいりませんから。

 

ぜひネスカフェドルチェグストの定期便を利用して、美味しいコーヒー生活を送ってください。

以上「ネスカフェドルチェグスト定期便のメリットとデメリットまとめ!こんな方におすすめです」でした!

最新マシンが無料で使える

ネスカフェドルチェグスト公式サイトはコチラ

※1,480円相当のカプセルセット付き







-家電

Copyright© ガハラの多趣味ブログ , 2019 All Rights Reserved.