毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

働くこと

新人なのに放置プレイ!僕が暇な毎日を今すぐ変えたある方法とは?

投稿日:

社会人3年目のガハラです!

2年前の新入社員時代、僕は非常につらい時期がありました。

周りが忙しいそうにしているのに僕だけ放置を食らい、毎日毎日やることがないのです。

 

ガハラ
今日も1日中暇だ、やることがない。会社辞めたいなあ

 

社員をボロ雑巾のように使い倒すブラック企業が問題視されているなか、まさか暇過ぎてつらいなんて思いもよらない事態でした。

 

3年目の今となっても「今日も朝から暇だなあ」なんて日がありますが、当時とは打って変わってちっともつらくありません。

ブログを始めたという転機、そして僕の中の意識が大きく変わったからです。

 

この記事では

  • 僕が新入社員のときに放置されていた話
  • 放置されて、暇過ぎてつらい。そんな状態を今すぐ変える方法

の2つを主に書いています。

 

「毎日暇で死にそうだ」

「新入社員だけど放置されっぱなし。戦力外通告を受けたみたいでつらい」

そんな方の参考になるはずです。

 

▼暇なら会社で副業しちゃえ!僕が毎月3万円以上稼いでいたクラウドソーシングサイトはこちら!




放置か雑務か。僕の新入社員のときの話

上司に仕事をくれるよう頼むも何もさせてもらえない日々

僕の会社では研修がなんと半年もあります。

話を聞くばかりで退屈な研修をやっと終え、いよいよ部署配属。

 

ガハラ
やっと自分の仕事を持てる!上司が腰を抜かすぐらいのスピードで仕事をこなしてやるぜ!

 

なんて思っていたのも束の間。

まさかの盛大な放置を食らったのです。

 

とはいえ完全な放置プレイではなく、一応世話役の担当上司がいました。(Kさんとしておきます)

Kさんだけでなく、僕の部署の人は常に忙しそう。

 

ちょっとしたことを聞くのもためらわれる中、あまりに暇過ぎてつらいので思い切って聞いてみました。

 

「Kさん!何かすることありますか?なんでもいいので仕事下さい」

「う~ん、そうだな・・・」と考えるKさん。

 

考えた末に出てきたのは、今は何もないという答え。なんだそりゃ。

その後も何度か同じ事を聞きましたが、きまって「今は特に頼めることはないなあ。また声かけるわ」の一点張り。

もちろんその後声をかけられることはほとんどありませんでした。

 

次第に僕の中で「聞くのも気を遣うし、どうせ何もやらしてもらえない」という気持ちが大きくなり、何もしなくなっていきました。

最初の意気込みはどこへやら、、、

 

気が付けば毎日自分のデスクで仕事をしているフリに徹底するようになっていきました。

 

回ってくる仕事は雑用ばかり

職場で1日中放置されている僕。

それだけでもモチバーションはガタ落ちですが、さらに僕のやる気を削ぎ落としたのは雑用の押し付け。

 

僕の部署では「雑用は新入社員にやらしとけばいい」という根強い風潮が昔からあるようで、くだらない雑用をみんながみんな新入社員に押し付けてきます。

 

「暇過ぎてつらい。なんでもいいから仕事をくれ!」とはいっていますが、雑用を任されるのは何か違う。

 

「会社から必要とされる人材になるために専門知識もバンバンつけるでー!」とはりきっていただけに、サルにでも出来る雑用は僕のメンタルをますます削ることとなりました。

 

心の中では「もう雑用はやりたくない!」と1000回は思っていますが、そんなことは言えるはずもなく。

 

新入社員という立場上、仕事を選ぶような生意気な態度は取れないと僕は思っていましたし、何より雑用を断って上司や先輩から嫌われる・距離を置かれるのが怖かったのです。

今思えばこの妙な責任感と余計な思考が自分を苦しめていたとはっきりわかります。

 

しかし当時の僕は「ここでもし嫌われてしまったら大きな仕事は一生回ってこないかもしれない」

そんな後ろ向きな考えを持っており、嫌であっても心を殺して頼まれた雑用をたんたんとこなすしかありませんでした。

スポンサーリンク




新入社員なのに放置されてつらい。そんな状態を今すぐ変える方法

社会人3年目となった僕は今でも1日暇な日がけっこうあったりします。

しかし決してつらいとは思いませんし、むしろありがたいと思っています。

 

なぜそのような心境の変化が生まれたのかというと

  • 妙な責任感や過度な期待を持つのをやめた
  • ブログを始めたことでいつでもどこでもやることが出来た

からです。

 

過度な責任感や期待は自分を苦しめるのでやめよう

「新入社員を放置する周りが悪い!」

確かにそうなんですが、それを言ったところで何も解決策になりません。

 

僕の場合にいたっては上司に聞いても何もさせてもらえなかったので、どうしようもありません。

上司に原因があるのはもちろんですが、自分がつらいと感じるのは自分自身にも原因があると考えたんです。

 

思えば新入社員のときの僕はこんなことを無意識のうちに思っていました。

  • 責任感ある仕事をさせてもらえて当たり前
  • 上司は部下に仕事をふるべき
  • おもしろい仕事ばかりできる
  • 新入社員であっても会社に貢献するべき

 

でも実際はこうなんですよね。

  • 責任感ある仕事をさせてもらえて当たり前
    →新入社員に大事な仕事はなかなか任せられない
  • 上司は部下に仕事をふるべき
    →受身である限り仕事は一生ふられない
  • おもしろい仕事ばかりできる
    おもしろくない仕事の方が多い
  • 新入社員であっても会社に貢献するべき
    →新入社員ができることなんてしれている

 

「1年目とはいえ社員だから利益につながるようなことをしないとな」

「どんな大きなプロジェクトに関われるんだろう」

 

そんなくだらない責任感と過度な期待。

そこから生まれたギャップが僕を苦しめていたんだと今ではハッキリ分かります。

 

「そんなの結局気の持ちようじゃないか」

なんて声が聞こえてきそうなので、次からは具体的に僕が何をしたのかを紹介していきます。

 

吹っ切れて仕事以外のことを堂々としよう

くだらない責任感がなければ、会社で堂々とネットサーフィンをしたり、僕のようにブログを書いたりできるわけです。

 

「会社で仕事以外のことをするなんて非常識だ」という人もいるでしょう。

しかし僕は放置されているんです。やることがない。

 

極端にいってしまえば、デスクの前でただ時間が経つのを待っていても、YouTubeを見ていても1日の成果は同じです。

むしろYouTubeで情報を得られる分、ぼーっとしているよりは何かしているほうがよっぽど有意義。

 

とはいえ、会社でYouTubeを見たりするのはさすがに怒られるので、僕なりに考えた自分のためになる&上司から怒られずに会社で出来ることを紹介します。

スポンサーリンク




資格の勉強はお金ももらえて一石二鳥

僕の会社では一部の資格を取得すると祝金がもらえます。

もらえる金額は資格の難易度で異なりますが、誰でも取れる資格でも3万だったりとバカに出来ない金額です。

 

資格の勉強はプライベートの時間を使うのが普通ですが、僕は会社で堂々とやっていました。

デスクで参考書を広げて勉強していると目立って嫌なので、パソコンで一問一答の演習問題をひたすらこなす。

 

おかげさまでITパスポートと基本情報技術者試験という情報系の資格、計2つに見事一発合格しました。

1日8時間の労働時間が勉強時間に変わるわけですから、嫌でも知識が付きます。

 

ちなみに僕は一度課長に「会社で資格の勉強をしていいですか?」と聞いたことがあって、そのときは「やることがないならいいんじゃない?」という回答でした。

 

周りから何かいわれても「今やることないですし、課長のお墨付きです」と返せるので無敵でしたね。

 

このときに気付いたのが、自分が気にしているだけで誰が何をしているかなんて99%の人は気にもとめていないということです。

 

あなたのパソコンに何が映っているか見ているほど周りの人は暇ではありません。

このことに気付き資格の次に会社で始めたのが副業です。

 

ブログや副業をする

「サラリーマンをしながら会社で副業していたら給料+副業の収入が入って最高じゃん」

資格の勉強を終えて次の放置期間に試したのが、ブログや副業を会社ですることです。

もちろん課長の許可はありません。

 

信じられないかもしれませんが、僕はこのブログで毎月2万円近い副収入を得ています。

 

僕はブログを書くこと自体がとても好きですから全く苦ではないですし、本業より遥かに有益な知識も得られました。

なので「放置されてつらい人たちはみんなブログを始めればいい」と本気で思っています。

 

会社でやることは、ワードを開いてひたすら文字を書く。記事の下書きですね。

字のフォントを小さめにしておけば通りかかる人にバレることはまずありません。

 

といっても

「ブログ?続きそうにないなあ」

「何を書けばいいんだろう」

という方もいるでしょう。

 

そんな方におすすめなのがクラウドソーシングです。

 

クラウドソーシングというのは、個人もしくは企業が「この仕事をして下さい」と募集をかけることです。

募集をみて「お、この仕事なら自分に出来そうだ」という人が応募し受注。

仕事が完了すれば依頼者から報酬を受け取ります。

 

仕事のジャンルは様々で、イラスト・プログラミングといった専門知識がいるものから、データ整理や記事の作成(文章作成)など誰でもできるものもたくさんあります。

 

クラウドソーシングは専用のサイトがあるので、そこから仕事を受注できますよ。

僕が実際に使っていたクラウドワークスがおすすめです。

クラウドワークスをおすすめする理由
登録無料
・登録者数は100万人以上
→仕事の募集が多い
・専門知識がなくても出来る仕事がたくさん募集されている
→クラウドソーシングが初めての人でもコツコツすれば稼ぐことが出来る

誰でも出来る仕事の単価は安いですが、少しでもお金になると思えばやる気が出ます。

なにより放置されている状況でやることが出来るわけですから、それだけでも嬉しいもんです。

 

実際にクラウドワークスを使って毎月3万円ぐらいの副収入を得ていた時期もあります。

僕のような放置されっぱなしで暇な新入社員であれば月3万円ぐらいは誰でも稼げますよ。

 

会社ですることを考えれば、ワードで議事録を書いているように見える文章作成や、エクセルでできるデータ整理がおすすめの案件です。

 

▼仕事がないなら自分で作ってしまおう。登録無料のクラウドソーシングサイトはこちら!

 

放置されてつらいと嘆いているだけでは何も変わらない。自分から行動しよう

新入社員の立場上、自分からいいたいことがなかなかいえないのは痛いほど分かります。

しかしだからといって何も行動しなければつらいままです。

 

まずは

  • 仕事をもらえるという期待をしない
  • くだらない責任感を感じない

ことから始めましょう。

 

変な真面目さを捨てられたら、思い切って仕事と関係のないことをするぐらい一度吹っ切れてみましょう。

ブログ以外にもクラウドワークスなどの副収入が得られるサイトがあることはさきほど紹介しましたね。

 

もし放置されていながら「お前は本当使えないな!」なんてことをいわれるのであれば、そんな職場はさっさと辞めてしまうことを強くすすめます。

ちなみに僕は会社で全く仕事と関係ないことをしながら、転職サイトも見ていました。

 

結局転職するには至りませんでしたが、「こんな仕事もあるんだ」「もっとしんどそうな所もあるな」だとか様々な気付きがありましたね。

 

たった1年足らずの職歴を書いておくだけでもオファーがバンバンくるので、本気で転職したいなら早めに登録しておいて損はありませんよ。

 

 

以上「「新人なのに放置プレイ!僕が暇な毎日を今すぐ変えたある方法とは?」でした!

 

▼社会人1年目は何かと辛いもの。でも何がそんなに辛かったんだろう?僕なりに振り返ってみた記事はこちら!




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-働くこと

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.