毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

ノウハウ

【2018年】一発で受かる!基本情報技術者試験のおすすめ参考書を詳しく紹介

投稿日:

情報系学科出身のガハラです!

 

基本情報技術者試験に無事合格しました。

得点率は合格ラインを大幅に上回る8割超え我ながら頑張りました。

 

自慢ではありませんが、真面目に勉強したのは約1ヶ月程度で、参考書は2冊しか使っていません。

しかも一発合格でした。

 

働きながらの僕でも合格出来たので、比較的時間のある学生さんとかはもっと短い期間で合格も可能なはずです。

 

 

さて、基本情報技術者だけでなく、資格の合格を左右するといっても過言ではないのが参考書選びです。

見ているだけでもしんどいようなものを選んでしまえば、勉強どころか参考書を開くことすらままならない。

 

というわけで、この記事では「基本情報技術者試験の対策におすすめの参考書」を何冊か紹介します。

 

1冊1冊に「この参考書はこんな人におすすめ!」ということを書いています。

 

「どういうところに着目して参考書を選べばいいんだろう?」

「なんでもいいから合格できる参考書を教えて欲しい」

そんな方の参考になるはずです。

スポンサーリンク

基本情報技術者試験の合格に必要な参考書は最低2冊

参考書を山のように買ってきて山積みにして

 

ガハラ
いや〜満足満足!

 

受験生によくあるパターンかと思います。(実際僕もありました)

 

基本情報技術者試験の合格を目指すにあたり、たくさんの参考書は全くもって必要ありません。

 

必要となるのは

  • 午前問題対策用・・・1冊
  • 午後問題対策用・・・1冊

の計2冊だけ。

 

あれやこれやと手を出さずに、一つの参考書をじっくり読み込むのが重要です。

 

なぜ参考書がたった2冊でいいのか

基本情報技術者試験の対策にあたり、なぜ参考書がたったの2冊でいいのかを次から説明しています。

(必要のない方は飛ばして「おすすめの参考書」の紹介から読み進めて下さい)

 

知っての通り、基本情報技術者試験には午前と午後のテストがありますよね。

簡単にいうと、午前・午後の問題を対策するのに参考書それぞれ1冊ずつで十分合格できるからです。

 

午前の問題に関しては、知っているか知らないかという問題がほとんどです。

そして、この午前の問題は「絶対に合格できる基本情報技術者試験!-午前編-」みたいな参考書1冊で隅から隅まで内容を勉強できます。

 

一方で午後の問題。

暗記だけで答えれる問題はほとんどありませんが、午前と同じく「絶対合格できる(中略)-午後編-」のような参考書1冊をやりきれば、合格に十分届くだけの力が付きます。

 

あえていうなら、午後の問題で絶対に回答しなければならないのに難しい分野である「アルゴリズム」と「プログラム」

この二つの分野用の参考書を+αで買っておいても良いかもしれません。

 

【2018年度版】基本情報技術者試験の対策におすすめの参考書

ではここからは、いよいよおすすめの参考書を紹介していきます。

僕の説明はあくまで参考と受け止め、「これは自分に合っているな」と思えるものを買って下さいね。

 

▼以下より商品リンクを張っている箇所がありますが、Amazonのアプリがないと非常に見辛いのでご注意を。

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ

無料posted withアプリーチ

 

午前問題対策用のおすすめの参考書

1. キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成29年度 表紙画像のは平成29年度版ですが、平成30年度版が発売されています。

 

タイトルからもわかる通り、イラストが多く使用されているので直感的に分かりやすい参考書です。

「文字が並んだページが目に入るだけでやる気がそげ落ちる」

そんな活字を読むのが苦痛な方におすすめの参考書です。


技術評論社より

 

Amazonではカテゴリ「基本情報技術者の資格・検定」のベストセラー本となっています。(2018年5月確認時点)

実際、僕のこのサイトから購入される方の半分以上がこの参考書を選んでいます。

 

ただ、一つ一つの項目を詳しく解説しているために、午前の問題すべての範囲をカバーできていません。

ごく一部の範囲なので過去問を解くなどで十分対応できますが、「全体の要点だけを簡単に抑えていきたい」という人には不向きかもしれません。

 

「キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者」のまとめ

こんな人におすすめ!
・参考書の文字ばかり読んでいるのはしんどい方
・イラストを使ったり、専門用語の詳しい解説など一点一点確実に抑えていきたい方

こんな人には不向きかも
・何が何でも全範囲をカバーしたいという方
・全体の要点だけをざっくり抑えていきたい方

 

 

2. イメージ&クレバー方式でよくわかる栢木先生の基本情報技術者教室

愛らしい猫のイラストが特徴の参考書です。通称猫本。

 

実際に僕が使って合格した参考書でもあります。

レビューでは

  • 分かりやすい
  • イラスト付きで読みやすい

と絶賛されており、僕自身もそう思いました。

 

個人的には、イラストの配置や追記の説明といったレイアウトが非常に分かりやすく、一周するだけでかなり内容が頭に入りました。

 

ただ、さきほどの「キタミ式」より文字は多めです。

しかし、説明文が多いだけに内容が濃く、これ一冊で午前問題の範囲をすべてカバーできます。

「たまに本を読む」ぐらいの文字に少しでも親しみがある人にはおすすめの参考書です。

 

「イメージ&クレバー方式でよくわかる栢木先生の基本情報技術者教室」のまとめ

こんな人におすすめ!
・文字を読む機会が少しでもある方
・全体の要点だけを効率よく抑えていきたい方

こんな人には不向きかも
・文字を読むのが苦手な人(ところどころイラストもありますが)

 

 

▼次のページから午後対策用の参考書を紹介していきます!

次のページへ >







スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-ノウハウ
-, , , ,

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.