毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

レビュー

サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホンって正直どうなの?おすすめを3つ紹介!

更新日:

ケーブルレスの完全ワイヤレスイヤホンを使っているガハラです!

突然ですが、「ワイヤレスイヤホン欲しいけど価格が高いよなあ」と悩まれていませんか。

 

iPhoneからはイヤホンジャックがなくなったことで、AirPods(エアーポッズ)を使っている方を街中でよくみかけるようになりましたよね。

エアーポッズのような全くケーブルのないイヤホンを完全ワイヤレス式というのですが、エアーポッズに限らず軒並み高い!

完全ワイヤレスイヤホンの相場は1万~3万ぐらいで、普通の人はまずためらってしまう価格です。

 

そんな方におすすめなのが、この記事で紹介するサウンドピーツというメーカーの完全ワイヤレスイヤホンです。

サウンドピーツの一番のメリットはなんといっても価格が安いこと。

上位のモデルであっても、5,000円前後で買うことができます。

 

サウンドピーツのイヤホンはAmazonで買うことができ、評価はどのイヤホンも高い。

しかし、ここまで価格差があると「このイヤホン大丈夫か?」と少し疑問を持ちますよね。

 

というわけで、この記事では実際にサウンドピーツのイヤホンを使っている僕の感想。

そして、サウンドピーツのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンを3つ紹介していきます。

スポンサーリンク




安過ぎる?サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホンを使ってみた感想

サウンドピーツのワイヤレスイヤホンを使った個人的な感想としては、価格以上のもので素晴らしい、ということです。

まず、なんといっても完全ワイヤレス式が快適過ぎるということ。

 

これまで経験してきたイヤホンに関する以下の悩みからすべて解放されました。

以前まであったイヤホンに関する悩み
・イヤホン断線のおそれ
・断線、不具合による定期的な買い替え(コストがかかる)
・イヤホンが鞄の中で絡まる
・イヤホンのコードが何かに引っかかり耳から外れる

特に最後の悩みにはいつもストレスを感じていました。

電車で誰かの鞄に絡まってイヤホンが引っ張られたり。

机の端にイヤホンが引っかかり勢いよく耳から外れたり。(しかも痛い)

 

僕はスマホのジャックにイヤホンを接続して音楽を聞いていたので、イヤホンが引っ張られるとスマホがもれなく落下。

最悪の場合、スマホが地面に強打して画面が割れることだって考えられます。

 

しかし、サウンドピーツのワイヤレスイヤホンを手にしたことで、これらの悩みがすべて吹き飛びました。

わずか数千円でイヤホンに関するストレスから一気に解放されたわけです。

 

「音質は良くも悪くもないかな」といった点もありますが、トータルでみるといい買い物をした!と感じています。

とはいえ、これはあくまで僕の個人的な感想。

次からは、サウンドピーツのイヤホンを客観的にみたときのメリットとデメリットを紹介していきます。

 

サウンドピーツのメリットとデメリット

メリット1.価格が安い

まずは、サウンドピーツのメリットからみていきましょう。

1つ目のメリットはサウンドピーツの価格。

誰がみても安い値段といえるでしょう。

 

冒頭でもお話した通り、完全ワイヤレスイヤホンの相場は1~3万円。

それが数千円で手に入るのは大きなメリットですね。

 

メリット2.完全ワイヤレス式で超快適

ケーブル付きの一般的なイヤホンを使っている方であれば、完全ワイヤレス式に変えることでイヤホンに関するストレスが一切なくなります。

 

「イヤホンの片側だけ聞こえない。断線かな?買い換えないと」

「イヤホンのケーブル、毎回直すのそこそこ面倒だな」

そんな悩み・ストレスからすべて解放されるのです。

 

しかし、「Bluetoothで接続するワイヤレスイヤホンって遅延があったりするんじゃないの?」という心配をされる方もいるでしょう。

サウンドピーツのような安物であれば、特に心配ですよね。

 

ご安心ください、サウンドピーツのワイヤレスイヤホンは全く遅延がありません。

ジャックに直接つなぐケーブル付きのイヤホンとなんら変わりないのです。

 

ペアリングも簡単ですぐできるので、サウンドピーツは初めてワイヤレスイヤホンを手にする人にもおすすめできます。

 

メリット3.便利な備品が付いてくる

購入する型によりますが、サウンドピーツのワイヤレスイヤホンにはどれも気の利いた備品が付属しています。

例えば、僕が買ったQ16というイヤホン。(現在Q16は販売しておらず、Q32という上位モデルになったようです)

 

Amazonのセールで買ったため、2,000円台のイヤホンでした。

にも関わらず、

  • イヤーピースの予備(大と中)
  • 収納用のケース

が付属していました。

 

ケースは安っぽい感じはまったくしません。

また、現在も販売しているQ32であれば、充電機能付きのケースが付いてきます。

 

僕がサウンドピーツに価格以上の価値を感じている要因の1つは、このような備品の充実性ですね。

 

デメリット1.音質は可もなく不可もなく

続いて、サウンドピーツのデメリットについてお話します。

まず、音質は普通です。

 

音割れがするだとか、音漏れがすることは一切ありません。

しかし、重低音がきいておりライブハウスのような臨場感!みたいなものをサウンドピーツに求めると、拍子抜けするでしょう。

 

1万円以上するような高級イヤホンを使われている方であれば、「サウンドピーツのイヤホン、いいって聞いたけど音質はいまいちかも」となるかもしれませんね。

 

繰り返しになりますが、サウンドピーツのイヤホンで最も評価できるポイントは、数千円で完全ワイヤレスイヤ式の快適さが手に入る点です。

ですので、音質まで求めるのは欲張りすぎでしょう。

 

「完全ワイヤレスでしかも音質は最高レベルのがいい」となると、国内メーカーの数万円のイヤホンに手を出すしかありません。

価格から考えるとサウンドピーツの音質は妥当であり許容範囲である、といえますね。

 

デメリット2.完全ワイヤレス式は充電が必要である

完全ワイヤレスイヤホンでは、当然ながら充電の手間が必要となります。

ものによりますが、サウンドピーツの場合は稼動できる時間はおおよそ10時間前後。

 

毎日最低1時間以上はイヤホンで音楽を聴く僕の場合、週に1回程度は充電が必要です。

慣れてしまえば、スマホを充電するついでに、ぐらいでなんとも思わなくなります。

 

しかし、ケーブル付きのイヤホンを使っている方であれば、元々充電が不要なものが必要になるギャップにわずらわしさを感じるかもしれませんね。

 

「週に1回とはいえ、充電が面倒だろうなあ」という方には、ケースで充電できるタイプのワイヤレスイヤホンがおすすめです。

収納ケースでイヤホンの充電が可能なため、充電の頻度はより少なくなるからです。

スポンサーリンク




サウンドピーツから出ているおすすめの完全ワイヤレスイヤホン3選!

1位:ケースで自動充電!最大バッテリー60時間のQ32

ガハラ
僕も使っているおすすめのイヤホンです

サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホンで最もおすすめしたいのがQ32。

5,000円台で買えるコスパの良さに加えて、収納ケースで充電できるタイプのイヤホンです。

 

イヤホン本体自体のバッテリー時間は3時間しかありません。

しかし、ケースで20~30回ほど充電できるため、ケースに収納する度にバッテリーを満タンにしてくれるのです。

 

ケースで充電できる分を合わせれば、一度の充電で60時間は使える計算ですね。

これなら「ワイヤレスイヤホンはバッテリーの充電がめんどくさそう」という方でも大丈夫です。

また、ケースから出すだけで自動で電源がONになるようなちょっと便利な機能もあります。

Q32はこんな方におすすめ

  • ワイヤレスイヤホンの充電の手間をなくしたい方
  • 予算5,000円前後でイヤホンを考えている方

▼Q32の詳しいレビューを書きました!参考にしてください

 

 

2位:防水機能付き!重低音が楽しめるTruengine

次に紹介するのはTruengineというQ32と同じケースで充電出来るタイプのワイヤレスイヤホンです。

しかし、こちらのイヤホンはQ32よりバッテリー時間は劣る約14時間。

 

逆にQ32に優っているのは

  • 防水機能
  • 重低音が楽しめる音質

の2点です。

 

一応Q32もIPX4基準を満たした防水機能はあります。

それをさらに上回るIPX6基準の防水機能のため、水没で壊れることはほぼないでしょう。

 

また、AACという高音質の音楽ファイル形式に対応しているため、音質を重視したい方にもおすすめできるワイヤレスイヤホンです。

Truengineはこんな方におすすめ

  • バッテリー時間より音質を重視したい方(特に低音)
  • イヤホンに防水性を求める方

 

 

3位:とにかく安い!3,000円以内で買えるQ12

最後に紹介するサウンドピーツのイヤホンがこちら!

完全ワイヤレス式ではないものの、スマホや音楽プレイヤーに直接イヤホンを挿し込む必要はありません。

 

  • ケーブルあり
  • バッテリー時間は6時間

と、これまで紹介した2つのイヤホンより機能性は劣ります。

 

しかし、Q12が特化しているのは価格の安さ。

おおよそ3,000円で買えるコスパの高さが売りです。

 

「イヤホンに5,000円も出せない!」という方におすすめのイヤホンですね。

予算があるのであれば、最初に紹介したQ32がよいでしょう。

Q12はこんな方におすすめ

  • とにかく価格の安さを重視したい方
  • 完全ワイヤレス式にこだわらない方

 

 

完全ワイヤレス式イヤホンで快適な生活を送ろう!

完全ワイヤレス式イヤホンを付けると、こんな感じです。

一度ケーブルレスの楽さを知ってしまうと、もう普通のイヤホンには戻れませんよ。

それぐらい快適なんです、完全ワイヤレスは。

 

サウンドピーツのイヤホンであれば、その快適さが数千円で手に入るのでぜひ検討して下さい。

以上「サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホンって正直どうなの?おすすめを3つ紹介!」でした!




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-レビュー
-, , ,

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.