毎日試します。目標は明日は今日と違う自分になること。

試ログ

レビュー

完全ワイヤレス式イヤホン Q16をレビュー!ランニングに最適なイヤホン

更新日:

ガハラです!

 

ケーブルが一切ない完全ワイヤレス式のイヤホンを購入したのでレビューしていきます。
SoundPEATS(サウンドピーツ) が出すQ16というイヤホンなんですが、価格の割にかなり良い感じでした。

 

早速紹介していきます。

内容物の確認

 

このようなスタイリッシュな黒の箱に入っています。(黒すぎて見にくいですが)

早速開封していきましょう!

説明書と本体が入ったポーチが出てきました。

ポーチの中身は以下の通り。

  • Q16本体×2(片側ずつ)
  • イヤーピース×3セット
  • 充電ケーブル

ところで、ワイヤレスイヤホンで心配していたのが、紛失なんですよね~

片側ずつで独立しているので失くすリスクが大。

ポケットに入れようもんなら、次に使う時には失くしてるのが容易に想像出来ます。
しかし!このようなポーチがあればその心配もなさそう!

大きさもそれほどないので、持ち運びにもよい感じです。

外観の確認

Q16本体

本体の配色は黒。シンプルで無駄の無い外観です。

片側の重量は約12g。

軽い、軽すぎる・・・ポーチの見た目もちょっと重そうなんですが、持ってびっくりしました。軽っ!て。

イヤーピースが耳の形状にあった斜め方向を向いています。

さらに、ずれ落ち防止のフック付き。

高級イヤホンによくある仕様ですね。ほどよくフィットします。

 

ボタンは全部で3つです。

真ん中が電源ボタン、左が次の曲/音量+、右が前の局/音量-。

わざわざスマホを取り出さなくても操作出来るのは非常に便利ですね。

僕はランニング中は特にスマホを操作したくありません。

 


ボタンと反対側の底に充電ケーブルの差込口があります。

この画像では分かりませんが、電源がONかOFFかを判断するランプもあります。

充電ケーブル

Q16は片側ずつで独立しているため、個別に充電が必要です。

そのため、充電ケーブルはこのように2 in 1となっています。

USBケーブルなので、パソコンに接続して充電が可能です。

使用感

装着について

 

ちょっと分かりにくいですが僕が付けてみた様子です。(自撮り難しかった・・・)

ぴったりとフィットし、これならランニングやスポーツ・その他激しい運動をしても取れることはまずありません。

大きさ別に3種類のイヤーピースが同梱されているので、ベストなフィット感を得られるはずです!

コードがないのってこんなに楽なのかって思いましたね。

音質について

音質は安物イヤホンよりは断然良い!

ですが、高級イヤホンにはほど遠いですね。

そういう用途で買うのはこういうイヤホンかと。

 

僕はSONYの3000円ぐらいのイヤホンをずっと使っていましたが、それとあまり変わらない印象です。

完全ワイヤレス式ということと、価格を思えば個人的には十分過ぎるほどです。

個人的な総評

僕はスポーツジム用として買ったんですが、バリバリ活躍しています。

完全ワイヤレスなので運動だけに集中出来る!

曲のスキップ、音量調整も本体一つで出来るのが素晴らしい。

イヤホンのコードが目につく、邪魔だ!というストレスから解放され、ランニングマシーンが捗る捗る。

 

これスポーツジムに置いておけば儲かるんじゃないの笑

ワイヤレス=価格が高い、という印象でしたが手頃な価格で買えたのもよかったです。

Q16とスマホをBluetooth接続する手順

説明書には載っていますが、ちょっとややこしかったのでQ16とスマホを接続する方法を書いておきます。

 

「Bluetooth?なんか難しそうだな」

と思っていても大丈夫!わずか1分でスマホと接続出来ます。

 

ちなみに、Q16では片側ずつ別の機器同士を接続することも可能です。

左耳で音楽を聴きつつ、右耳でアニメを流す、という使い方も。

でも、聖徳太子とかじゃないと無理だわ!

 

ここで書く方法は、両耳で同じものを聴くごくごく普通の使い方です。

順番としては、

Q16の片側をスマホと接続→Q16の左右同士を接続

という流れです。

iPhoneとAndroidそれぞれの接続方法を書きます。

共通項目

まず、Q16本体の電源を入れます。

どちらでもいいので、真ん中の電源ボタンを7秒程度長押しします。

すると、底のランプが青と赤で点滅を繰り返しているはずです。

この状態になると、ペアリングモード(他の機器と接続が出来る状態)となります。

電源ON時は「パワーオン」、ペアリングモードのときは「ペアリング」と音声案内が流れるので、付けたまました方が分かりやすいかもしれません。

Android

設定よりBluetooth→有効にします。

すると、Q16と出てくるはずです。

タップするとペアリングを行います。

正常にペアリングが完了したら、Q16のもう片側の本体も電源を入れると自動で繋がります。
(この時は長押しじゃなくてOKです)

「ツーなんたらかんたらコネクト」って音声案内が出るはずです。

 

ちなみに、Q16-LというのはLIGHTってことで右側の機器のことです。

Q16-L,Rと両方登録していると、たまに変な動作をするので注意が必要です。

iOS

(現在保有していないので後に追記予定)

Q16の良い点と悪い点のまとめ

良い点

  • 完全ワイヤレスで超快適!ランニングやスポーツに適しており、断線の心配もない
  • 軽量で持ち運びがしやすい
  • 耳にフィットする
  • Bluetooth接続が早い
  • 付属のポーチがあり、紛失のリスクが低い

悪い点

  • 左右で独立しているため、それぞれで充電が必要
  • 電源ON時など音声案内が流れるが、すべて英語(海外産のため)
  • 遅延がある。(アニメとか見ると若干音ズレする)
  • バッテリーの持ちがいまいち(6時間ぐらい?)

Q16はランニング用イヤホンとしてお使い下さい!

「ランニング、スポーツ用でイヤホンが欲しいな〜」

と思っている方にはまさにドンピシャの商品です。

 

コードがないというのは本当に快適なんです!

スポーツジム初日にイヤホンのコードを引っ張ってしまい、スマホを落としてこれはいかん、と思ったのが購入のきっかけだったんですけどね、僕の場合。

 

朝の気持ち良いランニング。通っているスポーツジム。

せっかく体を動かすんですから、極力他のストレスは排除してしまいたいですね。

コードの長さを気にすることも、邪魔になることももうありません!

 

そう、Q16ならね!

断線の心配がないのも嬉しいです。イヤホンは消耗品だと思っていたので。

以上、「SoundPEATS Q16レビュー!ランニングに最適な完全ワイヤレス式イヤホン」でした〜




  • この記事を書いた人
ガハラ

ガハラ

2017年5月から雑記ブログ”試ログ”を開始。月間おおよそ2万PV。昔から飽き性な性格だが、なんとか続けれている。住まいは尼崎市、インフラ系の会社に勤めるサラリーマン。口癖は「まぁ」「結論からいうと」お酒に弱く自分に甘い。ツイッターでは会社に関すること、ブログの更新通知、気まぐれで意識高いことも言うそうだ。

-レビュー
-, , , , ,

Copyright© 試ログ , 2018 All Rights Reserved.